なかなか取れない疲労感を“ヒスチジン”が軽減! アミノ酸研究100年の味の素(株)が発見!疲労軽減アミノ酸ドリンク『毎朝ヒスチジン』

朝からシャキッとハイパフォーマンス!

うま味調味料として日本の食卓に欠かせない「味の素」。「こんぶのうま味」の素であるアミノ酸(グルタミン酸)から生まれた調味料だが、味の素(株)の100年にわたるアミノ酸研究で発見されたのはそれだけではない。カツオなどに含まれるアミノ酸の一種“ヒスチジン”が疲労感を軽減することも発見し、製品化したのが機能性表示食品毎朝ヒスチジンである。

 

なかなか取れない疲労感の原因は、カラダの疲れだけでなく頭も同時に疲れているから…

疲労感と一口に言ってしまうが、その正体は外出や運動などで積み重なる肉体疲労だけではなく、デスクワークやストレスなどでも生じる。したがって心もカラダも疲れきったと感じる時、正確には肉体とともに頭も疲れているということなのだ。したがってカラダのメンテナンスも大切だが、同時に頭の疲れにもアプローチしないと疲労感は軽減しづらい。

味噌汁を飲んでホッと一息、日頃の疲れが少し軽くなった経験はないだろうか。その要因を探るべく研究した味の素(株)は、かつおだしに注目。そこに含まれるアミノ酸“ヒスチジン”が頭の働きをサポートし、疲労感軽減に効果があることを、突き止めた。

その疲労感軽減アミノ酸“ヒスチジン”を1650㎎配合※1したのが、味の素株式会社毎朝ヒスチジン。これを飲み続けることにより、疲労感軽減、頭の冴えと注意力の向上、作業効率の向上が期待できるという。

※1 一日の摂取目安量22mlあたり

 

なかなか取れない疲労感が軽減!

“ヒスチジン”を摂取、頭の疲れにアプローチすることによって疲労感が軽減しているのがわかる。

 

頭が冴え、注意力が向上!

疲労感を軽減し、頭の冴えと注意力が改善していることが分かる。

仕事、家事、勉強などの作業効率が向上する!

結果としてのパフォーマンスアップも実証。

 

このように“ヒスチジン”は、疲労感を軽減し、仕事や家事などのパフォーマンスを上げることがわかっている。“ヒスチジン”は前述のかつおだしの素となるかつお節及びカツオ、マグロや豚肉の赤身、鶏むね肉などにもともと含まれている成分。安心して飲むことができる。

 

 

『毎朝ヒスチジン』は飲みやすいレモン味のドリンクタイプ!

日々の疲れを取り去ることなく次から次へと降り積もる疲労感。毎日を”しんどい”と感じるなら、今こそシャキッと元気な毎日を過ごすために“ヒスチジン”習慣を始める頃合いかもしれない。この『毎朝ヒスチジン』は、液体タイプ。1日22mlを付属の計量カップで毎朝飲むのが基本。1本で15日分、開封後は冷蔵庫に保存する必要がある。

実際に飲んでみると爽やかなレモン味で飲みやすい。まさに朝に似合う味。

ティーパックで気軽にレモンティー感覚で

そのまま飲んでもOKだが、お好みにより紅茶で割ってレモンティーのように飲んだり、さらに爽快感を感じるために炭酸で割って飲んでも良い。

朝の目覚めのタイミングで爽快な炭酸割りというのもおすすめだ

まずは試してみたい人に最適な「毎朝ヒスチジン お試し3日分」(500円)!

通常毎朝ヒスチジンはボトルタイプ(30日分※2本入・税込5,400円※定期購入は10%オフ)だが、まずはその使用感を確かめられる計量不要のスティックタイプ「お試し3日分」(税込500円・送料無料※2からスタートすることをおすすめ。

日頃疲れが取れなくて悩んでいる、仕事や勉強、家事のパフォーマンスを上げたいという人は、一度試してみるといいだろう。

 

※2 送料は味の素(株)が負担しますので無料です(別途送料が必要になる場合もあり)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

記者

塩田和夫

東京都在住、WEBライター。フラットな視点が持ち味。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎