一円でも高くマンションを売りたいなら、評判の一括査定サイト『マンション.navi』を使って、相場を知った上で売却を始めよう!

相続、転勤、経済的な理由など、人がマンション売却を考える理由は様々だが、共通するのは可能な限り高い価格で売りたいということ。

ところが業者を片っ端からあたっていくのは手間も時間もかかる。

そんな時に役立つのが、”高く売れる!”と評判の一括査定サイト『マンション.navi』

同じ物件が100万円単位で変わってくるというから驚き。これはもう、一度使ってみるしかない!

登録店舗数最大級の『マンション.navi』。会社ごとに得意分野があることを知らないと損をする!?

 

マンション売却を考えた時、まず最初の一手は近所や知り合い、CMなどで目にする有名不動産会社にアプローチする? 残念ながらその一手は間違い。

というのも、不動産会社にはそれぞれ得意分野があるからだ。

「コンパクトマンションの売却が得意な会社」
「築浅マンションの売却が得意な会社」
「賃貸が得意な会社」
などなど…。

素人目には判断がつかないけれど、違いは確実にある。

もちろんたいていの物件を各々の会社は扱うことができる。

しかし不得意分野では自然と価格が変化してしまう。その差額はそれこそ100万円単位。

より高額に扱える会社を知らないことで、大きな損をしてしまうのだ。

そんな時に役立つのが、マンションリサーチ株式会社(東京都千代田区)が運営する一括査定サイト『マンション.navi』

このサイトは登録店舗数最大級ということもあって、それこそ一個一個アプローチしていたら気が遠くなるほど時間がかかってしまう査定を最短わずか数分でできてしまうというから驚き。

したがって、自分の持っている物件を最も高く評価してくれる会社=その物件を得意分野とする会社がすぐにわかってしまう。

“高く売れる!”と評判なのはそういう理由なのだ。

メディア掲載も多数あり、老舗サービスとして定番化しているのも頷ける。

 

一括査定サイト『マンション.navi』を試してみよう!

それではどのように一括査定サイト『マンション.navi』を使うことができるのか、実際にその手順を見ていきたい。

もちろん利用は無料。

すでに利用者数360万人を突破(※2017年1月時点)しているというだけあって、サイトデザインもわかりやすい。

まずはパソコンでトップページを開くと(もちろんスマホ、タブレットにも対応)、下部にエリア検索の小窓が登場。

都道府県と市区町村を選ぶだけで、まずはそれで売りたいマンションの地域の相場がわかる。

これだけでもかなり勉強になる。

 

そしてここからが本番。相場価格の下に、「査定額を比較してマンションを高く売る」というボタンを押すと、基本情報記入画面へ。

追加で広さや所有者(本人が原則)などを記入していく。

それこそ10秒程度で済む内容で、おおよその数値で構わないところも助かる。

 

そして下部の「あと25秒で終了」をクリックすると、売却・買取査定可能な会社がずらりと並ぶ。

基本的には全ての会社にチェックを入れたままで良いが、査定されたくない会社がある場合はここでチェックを外せば良い。

最大9社の査定額を一度に知ることができる。

 

そして「お客さま情報のご入力」で、連絡先を記入。この時点で査定会社に要望を書き込めるのも便利。

それぞれ個人にはいろいろな事情があるものである。

さらに詳しい人ならあらかじめ売却希望額なども記入が可能だが、わからないなら空欄でOKだ。

また同時に賃貸想定価格も出してくれる。

そして「価格をチェック」ボタンを押す。

確かに記入所要時間45秒というのは嘘ではない。

そして数分後から次々と想定価格の記入された「物件レポート」が送られてくる。早い! 

レポート1枚目ですでに調査サンプル物件からはじき出した売買想定価格が記入されている。

個別的要因(リフォームの有無など)は勘案していないとはいえ、具体的な数値がA社なら●●万円、B社なら××万円とわかるので、自分の物件の相場がよくわかる。

もちろん対応が早いからといって最良の価格とは限らない。

実際に3社に査定してもらったが、A社とB社はわずか数分

ところがC社の対応は数時間後になったものの査定額は最高という結果だった。

ちなみに物件レポートでは近辺の人口分布や年齢別統計、男女比などもわかるのがすごい。

さらに国土交通省による地価公示額の平均や、推移まで掲載されており、総合的に自分の所有物件の価値に関してぐんと詳しくなれる。

それまで漠然としていたマンションの売却が、現実のものとして実感できるのもいい。

 

まとめ:売却を検討している方は、より具体的にマンション売却を感じられるから、迷っているなら試してほしい!

正直、記者は東京オリンピックの2020年までは、マンション売却はしないつもりでいた。

ところが、である。思ったよりもはるかに高い査定額に心が揺れたのは本当だ。

確かに会社によって、得手不得手があるというのを金額として実感できたのは大きい。

そして簡単な入力だけで、自分の物件を売る際に有力な候補となる不動産会社を絞り込めたというのも心強い。

マンション売却を考えているのなら、一度『マンション.navi』を利用して、査定額を確認しておいたほうがいいと思う。

額によっては記者のように、将来設計にまでポジティブな影響を与えてしまうかもしれないからだ!

 

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

清水 りょういち

食レポからタバコ・コーヒーなどの体に悪い系、果てはIT、経済分野までフォローする新しもの好きライター。「わかりにくいをわかりやすく」がモットー。元「月刊歌謡曲/ゲッカヨ」編集長

この記者の記事一覧

トラックバック