冷蔵庫2015年モデルの検証シリーズ③〜パナソニック『NR-F611WPV』で優雅なキッチンを実現編!

たとえば刺身を薄く切るとき。微凍結状態のサク状態で購入してきて自分でカットすれば、エッジのピンとした刺身を味わえる。鶏肉も皮がズレて切りにくいというのが常識だが微凍結パーシャル状態ならサクサクと楽に切れる。餃子のあんやクリームコロッケのたねもまとまりが良い。魚を下ろすときは、内臓をポロッとまとめて取り出せるなど、調理する側に立つとかなり使い勝手の良い機能なのである。

 

もちろん設定変更次第で「微凍結パーシャル」をオフにして、一般的なチルド室としても使用可能。いずれの設定でも、この小部屋の天井から冷気をまんべんなく届け、ムラなく冷やせるので安心だ。

CR5_1188

また上記はあくまで肉・魚に対する機能だが、野菜室もモイスチャーコントロールフィルターにより湿度調整を行い野菜を乾燥や結露による水腐れから守って鮮度を保ち、ナノイー技術で野菜が劣化する原因のエチレンガス発生を抑制する措置がとられている。

 

記者が感動した使い心地を大きく左右する小さな工夫

CR5_1259

ここからは細かな工夫を見ていこう。冷蔵庫は日々の相棒として気兼ねなく付き合っていくものだから、案外こういう点が重要だったりするものだからだ。まず記者が感動したのは、冷蔵室の棚ひとつひとつの高さ。

 

下2段には500mlのビールが立てて入る。パナソニックの冷蔵庫は、そもそも冷蔵室の扉の位置が低い(ローウエストライン)設計なので、棚の高さに余裕があるのだ。

CR5_1215

またドアポケットの棚も低めになり、重いペットボトルも取り出しやすいのも小さな工夫。ドア側にもペットボトルが前後に並べて入るのは最近の冷蔵庫の傾向だが、底面が少し斜めになっていて取り出しやすい、液ダレがドア周りや本体・床まで伝わないようにポケット部分がボックス形状になっているなどの細かなアイディアは素晴らしい。

CR5_1228

ただいたずらに広さを追求するだけでなく、人間が実際にどう使うかよく考えられた設計だと感じた。ただし棚の配置や高さについては、最終的にはユーザーの体格が関係する問題なので、購入前にはぜひ店頭で実機に触れてみる必要はあるが。

 

さらにLED照明の美しさも感動したポイント。冷蔵室内の上からだけでなく、左右にもLEDが仕込まれており、室内の食材がとても美味しそうに見えるのだ。テレビ番組などで斜め下から照らしている女優ライトのような……、まさに食材がライトアップされた状態なのである。皿で料理の味が変わってしまうのと同様、照明次第で食材たちがこんなにも愛おしく感じられて、驚く。

 

あとはテレビCMで見かける「エコナビ」。これは、特別な設定なしで、自動で節電してくれる機能。通常は〇時以降は省電力運転などと個別設定が必要なところだが、エコナビはドアの開閉頻度や周囲の明るさをセンサーで察知して、ユーザーの生活スタイルに合わせて勝手に省電力モードに入ってくれる。ユーザーが設定作業に煩わされることなく節電するこの仕組みは思った以上のアドバンテージだと感じた。

 

まとめ: 暮らし自体をバージョンアップするプレミアムな使い心地

CR5_1255

冷蔵庫といえば機能や設置サイズが重視されがちだが、大きさ含めてキッチンに大きな存在感を示すのも確か。オープンキッチン式の住宅も多い中、実はデザインも非常に重要な要素になってきているのではないだろうか。その点で直線的でエッジが効いており、ミニマリズムを感じさせる外観デザインを備えた『NR-F611WPV』は、魅せるキッチンにもうってつけの製品だと感じた。パナソニックが2015年秋から家電製品につけたキャッチコピーは「ふだんプレミアム」というものだが、何でもない普段の暮らしを宝物にするというコンセプトはおそらく正しい。

 

この冷蔵庫『NR-F611WPV』も家電であるだけでなく、普段の生活を豊かに感じさせるデザインと最先端機能、細かい使い勝手のバランス感が見事だ。きっと万人にマッチするはずだが、中でも「パーシャル機能」に魅力を感じるならこの『NR-F611WPV』か、後日紹介する三菱電機製冷蔵庫がおすすめと考える。

 

さあ、次回は東芝の最新冷蔵庫をご紹介しよう。

 

【スペック】
パナソニック 微凍結パーシャル搭載冷蔵庫 WPVタイプ『NR-F611WPV』(フレンチドア)
(市場予想価格 税込約410,000円・2015年9月発売)
カラー オブシディアンミラー
設置サイズ/重量 高さ1828 × 幅740 × 奥行733mm 111kg
定格内容量 冷蔵室306L(うち微凍結パーシャル/チルド30L)/製氷室19L/冷凍室32L+125L/野菜室126L
年間消費電力 200kWh/年
特徴① 酸化を防いで買った日の鮮度そのまま「微凍結パーシャル」
特徴② 新鮮長持ち「シャキシャキ野菜室」
特徴③ ガラス素材が際立つべべリング加工
特徴④ 庫内広々「ワンダフルオープン」

オススメ度:(絶対におすすめ)
公式サイト:NR-F611WPV

記者

清水 りょういち

食レポからタバコ・コーヒーなどの体に悪い系、果てはIT、経済分野までフォローする新しもの好きライター。「わかりにくいをわかりやすく」がモットー。元「月刊歌謡曲/ゲッカヨ」編集長

この記者の記事一覧

トラックバック