たっぷりのプルーンをギュッとはさんだ『オールプルーン』

東ハトというと、誰しも『オールレーズン』を思い浮かべるでしょう。昭和47年のデビュー以来、何と30年以上のロングセラーヒット商品なのです。しかし、その歴史ある焼き菓子のノウハウを生かした、新たな菓子が登場しました。それが『オールプルーン』です。

1

ヨーグルト風味の生地に、果実のおいしさと栄養がギュッと濃縮されたプルーンを、たっぷりはさみ込んで焼きあげた、この『オールプルーン』は、プルーンの甘酸っぱい味わいが、生地に調和して、絶妙の美味しさを実現しています。

2

この薄い1枚に、どうしてたくさんのプルーンをはさみこめるのでしょう。そこには、東ハト独自の製法があります。何と、厚さ10cmの『オールプルーン』を、1cmまで圧縮して焼き上げているのだとか。それだけ中身がつまっているからこそ、歯ごたえも、しっかり。栄養もたっぷりに作られるというわけなのです。

3

プルーンは、水溶性の食物繊維が豊富な果実。お通じにも効き目があり、女性にも喜ばれる焼き菓子です。この東ハト『オールプルーン』は、2月4日から全国で発売中。レーズンとは、また一味違う、プルーンの食感をぜひお試しください。

記者

渡辺 穣

複数の雑誌のデスク・編集長等を経てフリーライター/エディター。主にビジネス/経済系の著書・記事多数。一橋大学法学部卒。八ヶ岳山麓に移住して20年以上。趣味は、スキー、ゴルフ、ピアノ、焚き火、ドライブ。山と海と酒とモーツァルトを愛する。札幌生まれ。

この記者の記事一覧

トラックバック