カテゴリ「文具」の記事:261

手帳に貼れるジッパー付きポケットシール ⁈ ペンや定規も収納できる 『ハルポ(HARUPO)ロングサイズ』が登場!

 

毎日書き込む手帳やノートにふた付きのポケットがあれば…と思ったことはないだろうか。ビバリー『ハルポ(HARUPO)』はジッパーの付いたポケットシール! 2018年に発売されたミニサイズ・カードサイズに続き待望のロングサイズが登場した。デザインもステ―ショナリー、ドーナツ、フルーツ、コスメと4タイプから選べるかわいさ! これでお気に入りのペンを落とす悩みも解決してくれそうだ。 続きを読む

子年の特製ペン、クロス『2020イヤー・オブ・ザ・ラット』は目の覚めるようなブルーとゴールドに思わず目を奪われる!

 

2020年が幕を開けた。筆記具好きにとって、毎年この時期の楽しみの1つは『CROSS(以下、クロス)』の中国の十二支をモチーフにした「イヤー・オブ・ザ」シリーズである。シリーズ第9弾となる今年は『2020イヤー・オブ・ザ・ラット』。文字通り「子年」のデザインで、2019年11月に発売となった。使用されたモデルは、「タウンゼント」(希望小売価格 税抜40,000円~60,000円)「ソバージュ」(希望小売価格 税抜30,000円~45,000円)の2種類。その魅力を詳しく掘り下げて紹介しよう。

続きを読む

ワクワクが止まらない! サクラクレパスのクーピーペンシルが12色の『クーピー風カラー箸』になって登場!

 

誰もが知っている懐かしの文房具といえば、サクラクレパスのロングセラー商品「クーピーペンシル」。そんなたくさんの人々に愛される色鉛筆が、このたび食卓を彩るとってもカラフルなお箸『クーピー風カラー箸 -CHOPSTICKS12-』に大変身! 文房具好きの心を鷲づかみにするその魅力をたっぷりとご紹介しよう。

続きを読む

【受験生必見】縁起の良い勝ち虫トンボで合格をつかみとれ! 『モノ マークシート用鉛筆』の書き心地をためしてみた!

 

トンボのマークでおなじみのトンボ鉛筆から発売中の『モノ マークシート用鉛筆』をご存じだろうか。マークシートの記入に適した超微粒子芯(HB)が採用されていて、「書く」「塗る」「消す」作業がスムーズに行えるという。早速その実力を試してみた!

続きを読む

消していくと出てくる自分なりの富士山! 大人気でついに定番化した『エアイン 富士山消しゴム』で良い新年を!

 

謹賀新年。1年のはじまりに文具を新調する人も多いはず。そんな1年のはじめにぴったりの『エアイン 富士山消しゴム』をご紹介!縁起の良い富士山をテーマにした消しゴムは、受験生や海外の方へのお土産にもおすすめだ。
続きを読む

従来比約8倍の強度! 進化したモノ消しゴム『モノタフ』で字を消しまくってみた

 

大人になってもお世話になる消しゴム。中でもトンボ鉛筆の「モノ消しゴム」は多くの人が使ったことがあるブランドではないだろうか。だが、「MONO」シリーズに限らず消しゴムの多くは使っているうちに折れたり欠けたりしてストレスを感じたことがあるはずだ。これをスパッと解決したのが従来比約8倍の強度を持つ『モノタフ』である。その実力、本当なのか確かめてみよう。

続きを読む

新しいページがすぐに開くってどういうこと!?『パッとメモ』の秘密に迫る

 

使いかけのリングメモ。閉じると次に使う際に、新しいページを探すのにちょっともたつく…そんな経験はないだろうか。そんな悩みを解消してくれるのが『パッとメモ』。使いたい時にさっと新しいページが開くというが、どんな仕組みになっているのだろうか。

続きを読む

ラミネートもカット可能!かどを丸くする「かどまる」がより使いやすく進化『かどまるPRO-NEO(プロネオ)』

 

カドが丸くなるだけで、印象が変わる!? ちょっとしたことだけど…それだけで可愛くなったり、優しい気配りに溢れたり。『かどまるPRO-NEO(プロネオ)』はパンチ感覚で簡単に角をマルくできるコーナーカッター。紙製品はもちろん、ラミネート素材も切れる抜群の切れ味を持ち合わせている。
続きを読む

東急ハンズの中に「ピエール・エルメ」!? 渋谷スクランブルスクエアで期間限定『208HANDS × PIERRE HERMÉ』が開催中

 

今、話題の渋谷スクランブルスクエアにある東急ハンズのイベントスペース「208HANDS」で、『208HANDS × PIERRE HERMÉ』が開催中。「ピエール・エルメ・パリ」「Made in ピエール・エルメ」の2店の商品が、ここまでの規模で一堂に会すのは初。見どころいっぱいのポップアップショップに潜入し、その魅力をご紹介!

続きを読む

グリップを自分好みに調整できるシャープペン『マイティグリップ』で自分史上最高の書きやすさへ

 

自分の好みに合わせて、触り心地を選べ、太さを調節できる新しいシャープペン『マイティグリップ』。自分でグリップを巻いて完成させるとはどういうことなのか? さっそくこのシャープペンをチェックしてみよう。

続きを読む