カテゴリ「」の記事:111

【新発売】サンフランシスコ発の「Brut IPA」で作り上げた、ビールの苦味と爽やかな酸味と甘みで驚かせる『僕ビール、君ビール。満天クライマー』!

 

柑橘を思わせる香りあふれる「よなよなエール」、激苦テイストの「インドの青鬼」など個性派クラフトビールで知られるヤッホーブルーイングからローソンとの共同開発で生まれたオリジナルクラフトビールが『僕ビール、君ビール。満天クライマー』。その味わいはずばり”謎”。先入観なく味わってもらいたいための方策だとか。では謎味ビールを飲んでみよう。※5/24(金)公式SNSにて香味の説明は一般公開された

続きを読む

ビールテイスト新ジャンルに究極辛口登場!『サッポロ 本格辛口』の刺激が史上最強すぎて爽快感がハンパない!

 

ビールのような味わいを楽しめる新ジャンルが登場して、早15年の年月が経とうとしている。そんな中、未開拓であった辛口領域にサッポロビールが新商品を投入。同社新ジャンルにおける史上最強の炭酸を楽しめる『サッポロ 本格辛口』が発売された。その最強の肩書き、確かめさせていただこう。

続きを読む

『キリン一番搾り生ビール』発売30年目を目前に1年半でリニューアル! 何が変わった、どう変わった!?

 

キリンビールの定番ビール主力商品『キリン一番搾り生ビール』が1年半ぶりにリニューアル。来年で発売から30年目を迎える、および消費増税前というタイミングで、さらに美味しく進化した。もちろん味の進化だけではなく、「一番搾り」史上最大規模のプロモーション・キャンペーンを展開中。いったい「一番搾り」は、どんな進化を遂げたのだろうか。実際に飲んでチェックしてみる。

続きを読む

『アサヒスーパードライ 瞬冷辛口』がリニューアル! キレの良さとアルコール度数が増した新たなる味わいを堪能せよ

 

令和第1弾のおためしはビールから。もう1つの「スーパードライ」として、昨年、通年発売に移行した『アサヒスーパードライ 瞬冷辛口』が、リニューアルして登場! 「後味の良さ」が向上させ、アルコール度数が5.5%になるなど、飲みごたえのある味わいとなった。今回のリニューアルによって、一体「スーパードライ」とどれほどの違いが生まれたのだろうか。比較しながら検証してみよう。

続きを読む

六条大麦を使った香ばしい本格麦焼酎『六条の雫』。減圧蒸留製法で、豊かな香りと、クリアで軽やかな口当たりを両立!

 

六条大麦というと、「麦茶」を連想する人も少なくないだろう。確かに、六条大麦は、麦茶に使用する大麦で、ビールや焼酎には通常、二条大麦を使用する。しかし、あえて六条大麦を使用して作られた本格麦焼酎が、今日ご紹介する『六条の雫』である。醸造元のキング醸造株式会社(兵庫県加古郡)の地元、兵庫県稲美町で収穫された六条大麦だけを使用した、香り豊かな麦焼酎だとか。さっそくおためししてみた。

続きを読む

キング醸造『播州錦 稲美山田錦 特別純米酒』は、兵庫県稲美町産 山田錦を100%使用!すっきりフルーティーな口当たりでどんな料理にも相性がいい!

 

今回ご紹介する『播州錦 稲美山田錦 特別純米酒』の醸造元は、『日の出みりん』で有名な総合酒類醸造・調味料メーカー、キング醸造株式会社(兵庫県加古郡)である。みりんではリーディングカンパニーとして知られるメーカーだが、日本酒でも大手メーカーとなっている。『播州錦』ブランドは、通常は、紙パック入りの酒として目にするが、この『播州錦 稲美山田錦 特別純米酒』は、原料の米に、地元兵庫県稲美町産の山田錦を100%使用している特別純米酒。さっそく、一献傾けてみた。

続きを読む

古くて新しい味!東京近郊エリア限定『東京浪漫 電気ブランハイボール ドライコーラ』。昨年発売125周年を迎えた「電気ブラン」シリーズのニューフェイスをおためし!

 

明治時代に東京・浅草で生まれた「電気ブラン」シリーズに、キャップを開けるだけで気軽に楽しめる「東京浪漫(とうきょうろまん) 電気ブランハイボール」が発売されたのが今から2年前。今回、その「電気ブランハイボール」の新商品となる『東京浪漫 電気ブランハイボール ドライコーラ』がオエノングループの合同酒精株式会社(東京都中央区)から発売された。知る人ぞ知る明治時代から連綿と続く東京・下町の味『電気ブラン』と昨今人気の「コーラフレーバー」のコラボ。酒好きならずとも、ちょっと好奇心をかき立てられる組み合わせだ。まず、ボトルに書かれた商品名のロゴ「浪漫」「電氣」の文字からも、明治時代の”ハイカラ”なレトロ感を濃密に感じる。そんな古くて新しいお酒である。

続きを読む

【飲み比べ】大リニューアル『キリン・ザ・ストロング』を4種、実際に飲み比べてわかった進化とは?

 

もはや1ジャンルとして確立した感もある「高アルコールRTD」。その市場を牽引してきたのが、アルコール度数9%『キリン・ザ・ストロング』シリーズだが、このほど4種類のフレーバーとして大リニューアルを敢行。いったい、どんな進化を遂げたのか気になる。豪華キャストが出演したCMも話題となっている『キリン・ザ・ストロング』シリーズを、飲み比べてチェックしてみた!

続きを読む

キレッキレにリニューアル!よりドライよりレモンな『サッポロ キレートレモンサワー/ストロング』を飲んだ!

 

缶チューハイの市場は今や激戦と化している。果汁のフレッシュさや、アルコール度数など他と差別化を図るため進化し続けている。レモン飲料で有名な「キレートレモン」から出ている缶チューハイもしかり。進化したサッポロ キレートレモンサワー/ストロング』が、パッケージもリニューアルして3月19日に新発売した。更なるレモン感を追求して、「サッポロ キレートレモンサワー」はレモンサワー史上NO.1の果汁量を、「サッポロ キレートレモンサワーストロング」はレモン果皮エキスを1.5倍に増量したと言うから、レモン好きには堪らない!

続きを読む

高炭酸をさらに高めたペットボトル入りノンアル『アサヒ ドライゼロスパーク』ならリキャップ可能でちびだら飲みも可!

 

昨年の7月に「アサヒ ドライゼロ」からスピンアウトして期間限定発売された強炭酸ノンアルが、さらに高炭酸で帰ってきた。『アサヒ ドライゼロスパーク』はビール系の味わいながら、リキャップ可能でちびだら飲み可という異色のノンアルドリンク。その刺激っぷりを確認したい。 続きを読む