カテゴリ「」の記事:467

大阪発祥のスパイスカレーがカップ焼そばに!『日清焼そばU.F.O. スパイスキーマカレー焼そば』が想像以上に刺激的!

 

今、大阪発祥のスパイスカレーが流行っているのをご存知だろうか。皿に盛り付けたカレーの上にさらにスパイスをかける料理のことで、カレーマニアの間で話題となっていたこの食べ方が全国に広まりつつある。この話題にいち早く乗ったのが、カップ麵でお馴染みの日清食品だ。今回は同時発売される3商品のうち『日清焼そばU.F.O. スパイスキーマカレー焼そば』を食べてみよう。

続きを読む

大阪発祥のスパイスカレーがうどんになった『日清のどん兵衛 カツオとチキンのWだしスパイスカレーうどん』!

 

大阪では1990年以降から始まったという”スパイスカレー”ブーム。文字通りスパイス感が強いのが特徴で、さらに後がけスパイスで過剰に刺激を高めて食べる。それを1月22日のカレーの日に楽しめるように登場したのが「日清焼そばU.F.O. スパイスチキンカレー」、「日清焼そばU.F.O. スパイスキーマカレー焼そば」と、今回食べてみた『日清のどん兵衛 カツオとチキンのWだしスパイスカレーうどん』である。

続きを読む

大阪発祥のスパイスカレーをラーメンで!『カップヌードル スパイスチキンカレー』のやみつき感がヤバい!

 

現在カレー業界でブームとなっているのが、大阪発祥のスパイスカレーだ。定義らしい定義はないが、共通しているのはカレーライスの上にさらにスパイスをかける料理だということ。このブームをいち早く聞きつけた日清食品が、早速『カップヌードル スパイスチキンカレー』を新発売した。このブーム、記者も乗っかるしかない!

続きを読む

担々麺カップ麺●本当にウマかったランキングBEST5<2019最新版>

 

みんな大好き、担々麺(タンタンメン)と感じるのは、「おためし新商品ナビ」の記事の中でも非常に人気が高いから。ところがかつて食べ比べした時は2016年のこと。幾ら何でも日本の担々麺シーンも大きく変わったので、ここら辺で再びベストを決めなおしてみたい。 続きを読む

日本が誇る二大ご当地調味料、かんずり&ゆずこしょうで味わう『明星 チャルメラどんぶり 新潟かんずり 旨辛みそラーメン /大分柚子胡椒 鶏白湯ラーメン』!

 

辛い香辛料の中でも日本ならではの奥深い味わいで、鍋物などには欠かせなくなっている柚子胡椒(ゆずこしょう)。チューブタイプでもおなじみのそちらに比べると、鍋物の季節以外だと入手が少々難しくて一般的ではないが、ラーメンスパイスとしても最強の部類に入ると記者は思うかんずり。ひとくせ入った、『明星 チャルメラどんぶり 新潟かんずり 旨辛みそラーメン』『同 大分柚子胡椒 鶏白湯ラーメン』の味わいはいかに? 続きを読む

カップ麵もSTRONGの時代へ! 唐辛子3倍花椒2倍の『マルちゃん正麺 カップ うま辛辛辛担担麺 STRONG』

 

1本でお手軽に酔えるコスパの良さから瞬く間に人気となったSTRONG系缶チューハイ。これまではそのようにアルコール強度を指すのに使われがちな言葉だったが、それも今回で返上だ。『マルちゃん正麺 カップ うま辛辛辛担担麺 STRONG』は「同 うま辛坦坦麺」の3倍の唐辛子と2倍の花椒(ホアジャオ)を使用した激辛坦坦麺。激辛通の記者を唸らせてくれるのだろうか。実力はいかに!?

続きを読む

火鍋伝道師監修!『サッポロ一番 ファイヤーホール4000 菰田欣也シェフ監修 四川汁なし担担麺』を食べてみた

 

日本の坦々麺(担々麺/タンタンメン)は汁ありが一般的だが、本場の中国・四川省では汁なしが普通。昔の日本の商人と同じように天秤棒を肩に担いで売り歩いていたため、汁なしになったと言われている。新発売の『サッポロ一番 ファイヤーホール4000 菰田欣也シェフ監修 四川汁なし担担麺』もこの四川の伝統を受け継いだ商品だ。サンヨー食品の新技術を使った麺が使われているらしいが果たしてその味は?

続きを読む

十割そばなのにつるつる食感!? 年越しそばに『きねうち麺 十割日本そば』は常温保存OKな生めんタイプ!

 

今年も残りわずか。年越しの準備はできているだろうか? バタバタと慌ただしい時期に準備を忘れがちなのが年越しそばだ。サンサス商事『きねうち麺 十割日本そば』は生めんタイプなのに賞味期限が60日もある保存が利く商品。縁起をかつぐ意味ではぴったりだが、そんなに保存が利くそばって・・・美味しいの??その理由、実際に食べて確かめてみよう。

続きを読む

花椒ラーメン初級編!ごまと花椒の風味が広がる『ラ王 黒タンタン』に挑戦してみた!

 

近年の激辛ブームに新たな世界を切り開いた花椒(ホアジャオ)。唐辛子のヒリヒリする辛さではなくビリビリと電撃のように痺れる辛さが特徴の香辛料だ。『ラ王 黒タンタン』はこの花椒をスープではなく麺に練り込んだ新スタイルのカップ麵。黒ラー油との組み合わせでスープも麺も辛くなったとすれば……挑戦するしかないだろう! 続きを読む

お帰りなさい、『マルちゃん 激めん ワンタンメン』。リニューアルを機に再び全国市場へ返り咲きしたカップワンタン麺の伝説

 

カップ麺というのは毎週のように新製品が出て、定番品として生き残るのは非常に難しい。記者も大好きだった品々がいつの間にか店頭から消えてがっかりしたことは何度もある。この1978年登場の名品『マルちゃん 激めん ワンタンメン』もごく限られた地域でしか入手できないことになっていた。しかし今回のリニューアルを機に再び全国発売に返り咲いたのだ。 続きを読む