カテゴリ「カルチャー」の記事:30

ハーマンカードン初の完全無線カナル型イヤホン『FLY TWS(フライトゥルーワイヤレス)』は本格リスニングと会話も両立可能でレザー調がソソる!

 

JBL、AKGなど高級オーディオブランドを多数擁するハーマンインターナショナルのエレガントライン・ハーマンカードン初の完全ワイヤレスイヤホンが『FLY TWS(フライトゥルーワイヤレス)』。レザー調のデザインにまずシビレるが、その機能の方もかなり充実している模様だ。

続きを読む

【在宅タバコ】ナチュラル・アメリカン・スピリット/アメスピを半額以下で吸う方法〜定番ヴェポライザー『C-VAPOR4.0』活用術【ニオイ少ない】

 

こだわりの無添加タバコとして絶大な人気を誇るアメスピこと「ナチュラル・アメリカン・スピリット」。『C-VAPOR4.0』。1箱530円と高めの価格設定だが、オーガニックタバコ葉が生み出すその味わいはなかなかに替えがたい完成度を誇る。とはいえ安く吸えるに越したことはない。そこでアメスピを最安で吸う方法(しかもニオイ少なく)を提案したい。

続きを読む

ついに太スティック化! 『グロー・ハイパー(glo hyper)』はアイコスに迫る強喫味へ【加熱式タバコ】

 

煙が出ない、ニオイが少ないという特徴で、現代タバコの主流の形になろうとしている加熱式タバコ。4月1日より施行された改正健康増進法で原則屋内禁煙になり、飲食とともに紙巻きタバコを吸うのはかなり困難になった。しかし加熱式タバコ専用室ならOKということから改めて切り替えを考えている人も多いのでは? 今回は細身のスティックでおなじみだった「グロー」の喫味最高レベルを実現した『グロー・ハイパー(glo hyper)』をすべての機種をためした喫煙者の記者が紹介する。

続きを読む

【CBD】欧米で人気爆発、新たなるリラックス成分「CBD」って何? 大麻草由来なのに合法な理由

 

米国でいま、大ブームを呼んでいる健康成分がCBD(カンナビジオール)。これは大麻草(ヘンプ)に含まれていることで誤解されがちだが、日本でも厚労省がきちんと認可している合法成分だ。すでに米国ではそのCBD成分がリラックス及び健康成分として大ブームを呼んでいる。今回はCBDの基礎知識とともに、ノンニコチン電子タバコ・ベイプで気軽に楽しめる電子タバコリキッド『月の葉CBD リキッド』を紹介したい。

続きを読む

おうちで、ちょっと特別なごっこ遊び! 絵本なのに見て触れて遊べる『でんしゃごっこ』で毎日がもっと楽しくなる!

 

新型コロナ関連で、おうち遊びをどうしようか悩んでいる保護者におすすめ! テレビやWebで話題の「ごっこ遊び」ができる絵本『でんしゃごっこ』『バスごっこ』は、絵本なのに読む・触れる・遊ぶことができると幼児に大人気! さっそく3歳の娘と一緒に遊んでみた! 続きを読む

【使用レポート】Fire TVとEchoが合体、大画面テレビで「アレクサ!」可能なAmazon『Fire TV Cube(キューブ)』が画期的!

 

すでにAmazonプライム会員として月額500円ほど支払っているのなら、使わないのがもったいない、追加料金無しでも豊富なコンテンツを楽しめるFire TV。そしてテレビや照明、エアコン操作などを「アレクサ!」と呼びかけ、声で操作できるのが、Amazonのスマートスピーカー/ディスプレイシリーズの「Echo」。その2つの魅力を詰め込んだ立方体が『Fire TV Cube(ファイアー・ティーヴィー・キューブ)』である。しっかり使い込んだ、その結果をレポートしたい。 続きを読む

ノマドカフェ「BUL CAFE」がおくる『Creator Gallery Project』第1弾はアーティスト『SHETA』氏とのコラボ!

 

バルクオム・ウェルネスが運営する「BUL CAFE(バルカフェ)」が1月10日(金)より『Creator Gallery Project』を開始する。その第1弾は新進気鋭のLOVE & Peace ArtistであるSHETA(シータ)氏とのコラボだ。3日がかりのライブペイントやコラボアイテムの販売、期間限定展示などを1月31日(金)まで実施する。

続きを読む

すべてを破壊し春日一番を体験せよ!『龍が如く7 光と闇の行方』✕「REEAST ROOM」コラボルーム体験レポ

 

2019年12月5日より『龍が如く7 光と闇の行方』✕「REEAST ROOM」のコラボがスタート。「龍が如く」の世界で繰り広げられる破壊行為をリアル世界でも体験することができる。今回はチーフプロデューサー横山昌義さんと新主人公・春日一番役の中谷一博さんがひと足早く破壊体験した様子をインタビューとともにレポートする。

続きを読む

【加熱式タバコ】低温加熱式「グロー・センス」リニューアル新味全10フレーバー吸い比べ!

 

2019年8月、「プルーム・テック/同プラス」(JT)の独壇場だったニオイの少なさが特徴の低温加熱式タバコに、ブリティッシュ・アメリカン・タバコ・ジャパンの「グロー」が「グロー・センス(glo sense)」で参入した。当初は東京限定だったが11月14日には専用カートリッジ『neo pods(ネオ・ポッド)』10種の全面刷新とともに全国発売となった。そこで全部買ってためさなくて済むように全種類を吸い比べてみたので参考にして欲しい。

続きを読む

【加熱式タバコ】ニオイはないが喫味は強い「プルーム・テック・プラス」用新味『メビウス ゴールド・ロースト/ゴールド・クリア・ミント』『メビウス レッド・ミント/パープル・ミント』4種を吸い比べ!

 

ニオイが限りなく少ないのは良いが喫味が弱いとされていた低温加熱式タバコ。元祖は「プルーム・テック」の喫味は約タール1mg程度だったので物足りないという人が多かった。しかし2019年1月、喫味を強化した「プルーム・テック・プラス」が登場して状況は一変。約5mg感覚まで喫味が進化したのだ。ただ今までは専用リフィルが4種類と選択肢が最少だった。しかしここに来て一気に4種類の新味『メビウス ゴールド・ロースト/ゴールド・クリア・ミント』『メビウス レッド・ミント/パープル・ミント』が追加となったので味わってみよう。 続きを読む