カテゴリ「カルチャー」の記事:16

カフェインを吸う! エナドリモクモク系『EAGLE ENERGY エナジードリンク/ライチスーパーミント/ブルーベリースーパーミント』を試した

 

通常のエナジードリンクは、あとひと頑張りしたい時に飲むもの。しかしこの『EAGLE ENERGY(イーグルエナジー)エナジードリンク/ライチスーパーミント/ブルーベリースーパーミント』はカフェイン(ガラナエキス)や高麗人参などの元気成分を水蒸気にして吸い込むタイプのカナダ生まれで世界で1億本売れている新感覚デバイス。どんな感じなのか、試してみたい。 続きを読む

【VAPE再入門】mybluで飽き足らなくなってきた人のための美味しさ追求型本格VAPE機種厳選セット3!

 

日に日にタバコの吸える場所が狭まっている昨今、取り急ぎコンビニなどでも入手可能な「myblu」などのお手軽VAPEに切り替えた人も多いと思う。そしてそのミントタブレット的な味わいに、楽しさを感じた人もいるだろう。そこで今回はさらなる美味しいフレーバーを追っかけるためのmyblu卒業者におくる『美味しさ追求型本格VAPE機種厳選セット3』を紹介する。 続きを読む

レディー・ガガとブラッドリー・クーパーの歌力で往年のミュージカル映画が生々しくよみがえったDVD『アリー/ スター誕生』!

 

レディー・ガガが圧倒的な歌唱力で魅了することから大評判を呼んだワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント『アリー/ スター誕生』(本編136分・監督・脚本・製作:ブラッドリー・クーパー)。もともとは1937年の「スタア誕生(A Star Is Born)」のリメイクで、今までもジュディ・ガーランド(1954年)、バーブラ・ストライサンド(1976年)が演じてきたサクセスストーリーのお手本的ストーリー。だがそれをただで済まさなかったのが、鬼才ディーバのレディー・ガガである。 続きを読む

【加熱式タバコ】普段の紙巻きタバコを1本丸ごと加熱式に! 『VP Style』はアイコスやヴェポライザー、VAPEの特徴を融合したアイデアタバコデバイス試用レポ

 

アイコス、グロー、プルームなどの有名どころ加熱式タバコは専用スティックを使用しないといけない。紙巻きタバコをちぎっても吸えるヴェポライザーは美味しいけど煙が少なく面倒という人にうってつけかもしれないのが、紙巻きタバコを1本そのまま挿入して蒸気たっぷりの加熱式タバコにできる新発想タバコデバイス『VP Style』だ。

続きを読む

【次世代加熱式タバコ】タバコ代激減だけではないヴェポライザーの魅力を、ドイツデザインの最強ハイエンド機の呼び声も高い『Zeus Arc GT』で堪能する!

 

ヴェポライザーはアイコス、グロー、プルーム・エスなどと同様に、内部でタバコ葉を熱することで喫煙可能にする次世代タバコデバイスだ。日々のタバコ代が1/4以下に激減することが有名だが、何よりもタバコ葉本来の味わいをじっくり味わうのに適した美味しさ追求デバイスでもある。そこで強力ハイエンド機として注目を集めている『Zeus Arc GT(ゼウス アーク ジーティー)』を紹介したい。 続きを読む

【2週間徹底検証】『Herb & fish X』熱帯魚と植物を1システムで育成できる次世代アクアリウム=アクアポニックス使用レポート!

 

部屋に熱帯魚の水槽を置きたいと思っても、魚の世話は手間がかかるというイメージが強い。でも、そんな熱帯魚と観葉植物をセットで、しかも手軽なメンテナンスで育成できるキットがあるとしたら……? そんな夢のような商品『Herb & fish X(ハーブ&フィッシュ エックス)』を、株式会社SOLIDクラウドファンディングを利用して資金調達を成功させ、販売を開始した。アクアリウムの一歩先を行く、アクアポニックスという、魚と植物を1つのシステムで同時に生育できる循環システム。いったい、どのような水槽? 植木鉢? なのか。実際に熱帯魚とハーブを2週間育てて検証してみた。

続きを読む

【次世代タバコ】ヴェポライザーを持ち歩く勇気! 『Flowermate/SLICK (フラワーメイト スリック)』で街に出てみた

 

煙を発生させない次世代タバコの代表格はアイコス、グロー、プルームという加熱式タバコだが、専用カートリッジが必要だ。そのためコストダウンは難しい。しかし同じ加熱式を採用していて、手巻きタバコ用の刻みタバコ葉を使用して1/4にコストを圧縮できるヴェポライザーというものがある。今回は持ち歩くことを前提に、人気機種『Flowermate/SLICK (フラワーメイト スリック)』を試してみたい。 続きを読む

Amazon『Echo Show (エコーショー) 』でアレクサと暮らした2ヶ月とちょっと【後編】〜スマートホームに挑戦

 

今回2ヶ月ちょっとかけて、みっちりおためししたのが、タッチスクリーンがついてしまってもはやスピーカーの域ではなくなったスマートディスプレイ『Echo Show (エコーショー) 』である。前編では主に基本的なアシスタント機能を中心に紹介したが、Alexa(アレクサ)との共同生活を営むにあたって、外せないのがスマートホーム化だろう。さて、あまりコストをかけずにどの程度まで可能なのか、試してみたい。※前編はこちら 続きを読む

Amazon『Echo Show (エコーショー) 』でアレクサと暮らした2ヶ月とちょっと【前編】〜基本の使い方

 

近年ブームを呼んでいるのが、声で操作するAI端末・スマートスピーカー。日本で利用可能なものは現在3機種。Amazonの「Echo」シリーズと、Google「Google Home」、LINE「LINE Clova」である。そして今回2ヶ月とちょっとおためししたのが、タッチスクリーンがついてしまってもはやスピーカーの域ではなくなったスマートディスプレイ『Echo Show (エコーショー) 』である。さて、Alexa(アレクサ)との共同生活はいかに!? 続きを読む

『「ぷよぷよチャンピオンシップ」2月大会』プロ化から1年。ついにeスポーツは国体の競技へ!

 

2018年2月にプロ化されて、ちょうど1年の節目となるセガゲームス公認のeスポーツ大会『「ぷよぷよチャンピオンシップ」2018年度2月大会』は2019年2月17日、東京・浅草橋ビューイックホールで開催された。熱戦が繰り広げられる中、サプライズ発表が! なんと“国体”の競技タイトルに採用されたというのだ。歓喜と驚きの2018年度ライト大会の模様をレポートしよう。

続きを読む