カテゴリ「カルチャー」の記事:11

【2週間徹底検証】『Herb & fish X』熱帯魚と植物を1システムで育成できる次世代アクアリウム=アクアポニックス使用レポート!

 

部屋に熱帯魚の水槽を置きたいと思っても、魚の世話は手間がかかるというイメージが強い。でも、そんな熱帯魚と観葉植物をセットで、しかも手軽なメンテナンスで育成できるキットがあるとしたら……? そんな夢のような商品『Herb & fish X(ハーブ&フィッシュ エックス)』を、株式会社SOLIDクラウドファンディングを利用して資金調達を成功させ、販売を開始した。アクアリウムの一歩先を行く、アクアポニックスという、魚と植物を1つのシステムで同時に生育できる循環システム。いったい、どのような水槽? 植木鉢? なのか。実際に熱帯魚とハーブを2週間育てて検証してみた。

続きを読む

【次世代タバコ】ヴェポライザーを持ち歩く勇気! 『Flowermate/SLICK (フラワーメイト スリック)』で街に出てみた

 

煙を発生させない次世代タバコの代表格はアイコス、グロー、プルームという加熱式タバコだが、専用カートリッジが必要だ。そのためコストダウンは難しい。しかし同じ加熱式を採用していて、手巻きタバコ用の刻みタバコ葉を使用して1/4にコストを圧縮できるヴェポライザーというものがある。今回は持ち歩くことを前提に、人気機種『Flowermate/SLICK (フラワーメイト スリック)』を試してみたい。 続きを読む

Amazon『Echo Show (エコーショー) 』でアレクサと暮らした2ヶ月とちょっと【後編】〜スマートホームに挑戦

 

今回2ヶ月ちょっとかけて、みっちりおためししたのが、タッチスクリーンがついてしまってもはやスピーカーの域ではなくなったスマートディスプレイ『Echo Show (エコーショー) 』である。前編では主に基本的なアシスタント機能を中心に紹介したが、Alexa(アレクサ)との共同生活を営むにあたって、外せないのがスマートホーム化だろう。さて、あまりコストをかけずにどの程度まで可能なのか、試してみたい。※前編はこちら 続きを読む

Amazon『Echo Show (エコーショー) 』でアレクサと暮らした2ヶ月とちょっと【前編】〜基本の使い方

 

近年ブームを呼んでいるのが、声で操作するAI端末・スマートスピーカー。日本で利用可能なものは現在3機種。Amazonの「Echo」シリーズと、Google「Google Home」、LINE「LINE Clova」である。そして今回2ヶ月とちょっとおためししたのが、タッチスクリーンがついてしまってもはやスピーカーの域ではなくなったスマートディスプレイ『Echo Show (エコーショー) 』である。さて、Alexa(アレクサ)との共同生活はいかに!? 続きを読む

『「ぷよぷよチャンピオンシップ」2月大会』プロ化から1年。ついにeスポーツは国体の競技へ!

 

2018年2月にプロ化されて、ちょうど1年の節目となるセガゲームス公認のeスポーツ大会『「ぷよぷよチャンピオンシップ」2018年度2月大会』は2019年2月17日、東京・浅草橋ビューイックホールで開催された。熱戦が繰り広げられる中、サプライズ発表が! なんと“国体”の競技タイトルに採用されたというのだ。歓喜と驚きの2018年度ライト大会の模様をレポートしよう。

続きを読む

ダークな哲学で魅了するブラマヨ・吉田の新刊『黒いマヨネーズ』がポジティブ至上主義の世を笑う!

 

とかくポジティブ礼賛・ポジティブ至上主義ムードが蔓延して、息苦しいと思うことはないだろうか。光と陰があってこその人間なはずなのに、SNSなどでマイナス思考を吐き出せば、周囲から叩かれることさえある昨今だ。そんな中、ダーク哲学の旗手ともいうべきブラックマヨネーズ・吉田敬によるエッセイ集『黒いマヨネーズ』が登場した! 続きを読む

メディアでもおなじみの脳科学者・中野信子によるヘヴィメタル音楽の脳への効用を論じた新刊『メタル脳 天才は残酷な音楽を好む』!

 

今まで『サイコパス』『ヒトは「いじめ」をやめられない』『シャーデンフロイデ -他人を引きずり下ろす快感-』『不倫』など切っ先の鋭い現代的なテーマを選び、脳科学の立場からその謎を著書で解明してきた脳科学者/医学博士/認知科学者で、メディア出演も多い中野信子。今度のテーマはヘヴィメタル音楽を題材にした『メタル脳 天才は残酷な音楽を好む』だ。 続きを読む

今あるテレビをスマートTVに変身させる魔法のスティックが4K Ultra HDと「アレクサ!」に対応!! 『Amazon Fire TV Stick 4K』使用1ヶ月レポート

 

記者がストリーミングメディア端末「Fire TV」を使用するようになって、はや4台目。テレビという名がついているけれど、インターネットラジオ端末としてBGMを常に流しているので、我が家の様々な家電の中で最も起動時間が長いものとなっている。今回登場した『Amazon Fire TV Stick 4K』はスティック型としては初の4K対応。さらにAlexa(アレクサ)による操作を可能にしたリモコンが特徴のパワーアップ版である。 続きを読む

『Amazon Fire TV(2017年モデル)』を1ヶ月半使い込んでわかったこと! 「Fire TV Stick」ユーザーも「買い」なのか!?

 

今まで「Fire TV Stick」を2世代使い込んできた記者。もはやそれ無しの生活を考えられなくなってしまったくらい我が家の家庭内エンターテイメントの主役となってしまっている。ここまでしっかり組み込まれると、そろそろStick卒業かなという矢先に4K・HDR対応『Amazon Fire TV(2017年モデル)』が登場との知らせ。よし、どのくらい違うのか試してみよう! 今度は1ヶ月半連用で検証だ。

続きを読む

『NUVO jSAX』何と丸洗い可能なプラスティック製サックス、オモチャのようだが立派な楽器の音がした!

サックス(サクソフォーン)と言えば”けそそそ”と称されるムーディーな音色が魅力のかっこいい楽器の代表格のひとつで、高価ぶりも知られるところ。ところがこの『NUVO jSAX(ジェイサックス)』は1万円台で買えるプラスティック製サックス。オモチャなんでしょ? と言いたくなる気持ちはわかるが、これがかなりの本格派だった!

続きを読む