【売れてる除菌】安心して使えるノンアルタイプ『クイックル Joan(ジョアン)除菌スプレー』が人気の理由

長丁場となった除菌ライフの味方

 

感染拡大によるこまめな除菌ライフも1年以上となった昨今、スプレー製品もさまざまな使い分けがされるようになった。今回紹介するのは発売1年でシリーズ累計350万個を突破した『クイックル Joan(ジョアン)除菌スプレー』である。

 

素肌に近い弱酸性天然成分でペットや子どものいる環境でも安心して使える『ジョアン』がヒット!

家のあちこちの気になるところにシュッ。住まい用の除菌スプレーに、アルコール配合製品を使用している人も多いと思う。確かに高濃度(約70〜80%)の消毒用エタノール(アルコール)はほぼ最強であるし、アルコール配合製品の方が効果的な気もしてしまう。

商品名は「除菌に安心」の略からきている

その一方でアルコール製品は刺激が強い。吸い込むとむせてしまうこともあるし、記者のように手指が荒れるという人も少なくない。除菌ライフが長くなると、これがけっこうきつい。

広がりすぎない放出範囲が、ピンポイントでも使いやすい

そんな時にたどり着いたのが、花王『クイックル Joan(ジョアン)除菌スプレー』(400mlプラ・実勢価格 税込580円・発売中)だ。発売1年でシリーズ累計350万個を突破、「2020 小学館DIMEトレンド大賞【日用品部門賞】」を受賞したヒット商品である。

 

安全・安心を大切にしながらの長丁場除菌ライフなら『ジョアン』。ペットや子どものいる環境にも最適!


特徴は、ノンアルコールで99.9%除菌・24時間抗菌を実現しており、除菌・抗菌成分は乳酸菌生まれの「発酵乳酸」を使用して、素肌と同じ弱酸性で仕上げられているところ(もちろん全ての菌・ウイルスを除去できるわけではない)。その名も”やさしさ処方”。だから手指についても、荒れにくいのだ。


アルコール配合製品では手指につかないように気を使って拭いていたのだが、『クイックル Joan(ジョアン)除菌スプレー』なら気楽に拭ける。この精神的安心感はかなり大きい。拭くたびストレスを感じていたからだ。


乳酸菌生まれ成分ということで、食卓でも気兼ねなく使えるしどこでもペロペロしがちなペットや小さい子どものいる環境でも使いやすい。香りもほのかなので、その点でもストレスフリーだ。スマホやタブレットの除菌にも使えるが、テレビやパソコンの液晶画面は避けた方が無難だろう。


個人的にはシンプルなパッケージも助かる。サッと拭くためにいつも傍に置いておくのに、あまり下品なデザインは避けたいからだ。これはもう、わが家の定番である。


入手は全国のドラッグストア、量販店などで可能だ。

 

 

あわせて読みたい:【除菌ウェット】信頼の定番除菌シート『イータック抗菌化ウエットシート/同 アルコールタイプ』【使い比べ】

あわせて読みたい:抗ウイルス機能繊維の布マスクは、メイクも付きにくい! 『クレンゼマスク』をおためし

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

清水 りょういち

食レポからタバコ・コーヒーなどの体に悪い系、果てはIT、経済分野までフォローする新しもの好きライター。「わかりにくいをわかりやすく」がモットー。元「月刊歌謡曲/ゲッカヨ」編集長

この記者の記事一覧

photo by TAKE

トラックバック