糖質・プリン体・甘味料ゼロで人気の新ジャンル『キリン のどごし ZERO』がフルリニューアル!

ホップの香りがフルーティーでスッキリ!

 

宅飲みの需要や節約志向から、新ジャンルの人気は酒税が改正された今も衰えない。加えて糖質オフ・ゼロは健康志向が高まり、注目する人も多いカテゴリーだ。そうした中の人気銘柄『キリン のどごし ZERO』が、中味・パッケージともにフルリニューアルした。さらにおいしく爽快な飲み口になったというので、おためししてみたい!

 

より個人に合わせた”付加価値”のある新ジャンル

キリンビール『キリン のどごし ZERO』(300ml缶・販売価格 税込149円前後・2020年12月製造品から順次切り替え)は、飲みたい人に味方する、糖質0×プリン体0×甘味料0の新ジャンル。2017年に発売し、販売本数は右肩上がりだ。

一番の特徴は、糖質・プリン体がゼロなばかりか、甘味料も不使用という3つのゼロにある。糖質も気になるが、尿酸値も…という人には、やはりどちらもゼロの方がありがたい。自分にとっての付加価値が付くので、リピートしやすいのも人気のひとつかもしれない。

 

今回のフルリニューアルでは、特徴である飲みごたえと後キレを強化している。ホップの配合を見直し、飲んだ瞬間のグッとした飲みごたえがアップ。更に仕込工程を最適化して、すっきりとした後キレを向上させて、より磨きのかかった爽快なうまさにリニューアルしている

パッケージは、2020年4月にリニューアルしたことが記憶に新しい。1年たたずでのリニューアルだが、更にうまさが伝わるように、シズル感を強化したデザインにしているそう。
 

40を超えて健康が気になりだした記者、オフ・ゼロ系の新ジャンルには興味津々。早速飲んでみよう!

 

香りは濃いのに、甘味料ゼロでスッキリ飲める、新『キリン のどごし ZERO』!

早速グラスに注いでみると、華やかな香りと共に、荒く次第に細かい泡がたつ。香りが強く、みずみずしいホップのアロマがある。

無理してつけられた甘味がないのはかなり嬉しい

まずは一口。フルーツのリキュールのような風味と、優しい酸味。ゼロ系の発泡酒や新ジャンルにありがちな人工的な甘味がなく、スッキリと喉に落ちる。さすが甘味料ゼロ!

 

アルコール度数4%というのも飲みやすい

従来の「キリン のどごし<生>」のようなキリッとした苦味、というよりは鼻に抜ける香りが良く、フルーティーで嗜好品の要素が高めだ。みずみずしい苦味で、口当たりが軽い。香りで好みが分かれそうだが、飲みやすく女性が特に好みそう!

 

最近キリンビールでは、「キリン一番搾り 糖質ゼロ」の”ビールなのに糖質ゼロ”という大ヒット商品を産んでいる。自宅飲みが多くなればなるほど、健康も気になるし、”しかしビールが飲みたいんだ”という人も多いのだろう。消費者とはワガママなものだ。

更に気にする人は、様々なオフやゼロを網羅している新ジャンルはありがたい。飲みたいが、自分が気にしていることに合わせて選びやすいからだ。

 

かく言う記者も、350ml缶1本飲んでも100ちょっとというカロリー(100ml当たり27kcal)は魅力的。また甘味料などでビールに寄せよう”という無理が抜け、スッキリ飲める。健康を気にしているが、ビールテイストが飲みたい人には、嬉しい新ジャンルだ

『キリン のどごし ZERO』(500ml缶も有り)は、全国の酒類取扱店・スーパー・コンビニエンスストアで順次切り替えて販売される。

 

あわせて読みたい: 健康診断に引っかかっても大丈夫(!?)なゼロゼロ・ビール系はこれだ!『キリン のどごし ZERO』リニューアル登場

あわせて読みたい: 国内初! ビールなのに糖質ゼロな『キリン一番搾り 糖質ゼロ』が登場【糖質制限ダイエット】

あわせて読みたい: 【ダイエット・ビール系】プリン体・糖質0の『淡麗プラチナダブル』がビールに近付いた!どう変わったか新・旧で飲み比べ!【ゼロゼロ 】

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

玉恵

造形デザイン・カメラマンを経てライターに転身。ライター歴7年。好奇心旺盛でとにかく食いしん坊。北海道のド田舎出身。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック