日本の伝統を一箱に!幻の『トーキョーチョコレートプレミアムセレクションボックス』でジコチューに楽しむお家バレンタイン

世界に認められたショコラティエが放つ、繊細で個性的な和の調和

 

魅惑のチョコレートが揃うバレンタインを、毎年心待ちにしている人も多い。今年メリーチョコレート「トーキョーチョコレート」から、2020年にサロン・デュ・ショコラ パリで発売するはずだった幻のチョコレート『トーキョーチョコレートプレミアムセレクションボックス』が登場する!日本の伝統的な世界感を詰め込んだ、ショコラティエ渾身の一箱は「おうちバレンタイン」を思いっきり楽しめる逸品だ。

 

文化を愛し愉しむ奇跡の日常。伝統的な世界観をチョコレートに詰め込んだ「ハレとケ」

株式会社 メリーチョコレートカムパニー(東京都大田区)は、「楽しさ」が不足している今「エンターテインメント」として、こだわりのチョコレートの食べ比べや、かわいいチョコレートを贈り合う、わがままに楽しめる「JI-KO-CHU(ジコチュー)バレンタイン」をテーマにラインナップを展開中だ。

 

そのひとつ「トーキョーチョコレート」は、2019年のサロン・デュ・ショコラ パリで最高のショコラティエ賞に選出された、大石トップショコラティエが手がける、東京の魅力をチョコレートで表現したブランド。

「昨日と同じ今日を守り、今日と違う明日を創る」という想いがこもったチョコレート

中でも注目したい『トーキョーチョコレートプレミアムセレクションボックス』(1箱4個入・販売価格 税込1,728円・発売中)のテーマは「ハレとケ」だ。「ハレ」は儀礼や祭、年中行事などの非日常、「ケ」は普段の生活である日常のこと。

コロナ禍により、当たり前の日常が一変。日々の生活すらままならないなか「ケ」の大切さ、日常の存在ゆえに愉しめた「ハレ」の有り難さをテーマにし、日本古来の伝統的な世界観を4種類のチョコレートで表現している。

 

世界が認めたショコラティエ渾身のチョコレート。ワクワクする気持ちをおさえ、早速ご紹介したい!

 

世界に認められたショコラティエ渾身の4種類

目をひく赤い箱は、紙のざらりとした上質な手触りとシンプルなロゴ。

チョコレートひとつひとつに想いが込められている

箱の中には、説明書きがついている。 

 

NO.1【飛騨山椒】

安定を表すシルバーのプレートが、高級感がある印象だ

2種類の岐阜県産 飛騨山椒と尖りのない藻塩、コロンビア産カカオマスを合わせた、ビターガナッシュのチョコレート。爽やかな柑橘系の香りが特徴の未完熟の青山椒、痺れと辛さが強い完熟の赤山椒の2種を使用している。若い青々しさと、熟れて豊かな風味がバランスの良い逸品だ。

 

香りはビターなカカオだが、一口かじると山椒の風味が広がる。後からグッとくる山椒の青さと、やや痺れのあるピリッとした後味が後をひく。好みが分かれそうだが、不思議な風味がクセになる。

 

NO.2【杏とみりん】

夏祭りのイメージの花火をあしらった表面が、可愛らしい。

縁日のあんず飴をイメージし、パート・ド・フリュイにした長野県産の干し杏を、三河本みりんでコクを加えたコスタリカ産カカオマスのミルクガナッシュに重ねている。ペルー産カカオマスのビターチョコレートのコーティングが、杏のフルーティーさを引き締める。

 

口に入れると、ミルクチョコレートの甘さのある香りの奥にフルーティーな風味。甘酸っぱくジューシーな甘さと、ねっちりとした杏の食感。ビターチョコレートの後味が、甘さをリセットし、苦味の余韻がほど良い。

 

NO.3【桜香る抹茶】

桜が流れるようなピンクのデザインが美しい。

満開の桜の下での茶会を三層でイメージ。一番下は、ドミニカ産カカオバターのホワイトチョコレートと、ほどよい苦みの宇治抹茶のガナッシュを。中はベトナム産カカオバターのホワイトチョコレートに、少し薄めの宇治抹茶を合わせたガナッシュ。一番上に桜の香りを加えたエクアドル産カカオマスのビターガナッシュをのせ、全体をビターチョコレートで包んでいる。

 

ビターなチョコレートの香りに、やや渋みが混ざる。苦味も渋みもバランスが良く、ガナッシュがとろけると、桜の香りが広がって、桜餅のような雰囲気だ。これは万人受けしそう!
 

NO.4【柚子とプラリネ】

薄い茶に、ゴールドのプレートがゴージャス。

柚子を香らせ、和三盆糖と本みりんでキャラメリゼした、二層仕立てのプラリネは和風で上品な仕上がりだ。上層はシチリア産ヘーゼルナッツ、コスタリカ産カカオマスのミルクチョコレートに高知産の柚子を。下層はスペイン産アーモンド、ガーナ産カカオマスのビターチョコレートに、石垣島の香辛料ピパーツをきかせ個性的に仕上げている。

 

香ばしいナッツに香辛料を混ぜたような香り。とろけるようなプラリネと、ざらりとした舌触り、しゃりしゃりの食感が心地良い。キャラメルのようでいて、甘めで柚子マーマレードのような風味で食べやすい!

4種のチョコレートは、どれも繊細な風味で個性的。一人でゆっくりじっくり味わうのがおすすめだ。また、贈った相手と品評しあっても楽しそう。今年は贈るだけではなく、自分にもご褒美として幻のチョコレートを楽しんでみては!

入手はオンラインショップ、1月中旬より全国の百貨店限定店舗のバレンタイン催事で順次展開中。

※展開店舗は、メリーホームページのトーキョーチョコレートのサイトをご覧ください。

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

玉恵

造形デザイン・カメラマンを経てライターに転身。ライター歴7年。好奇心旺盛でとにかく食いしん坊。北海道のド田舎出身。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック