こたつで1人すき焼きしてみた!『USBポート&コンセント付き「ライフスマートこたつ」』で節電&快適生活!

 

こたつの上で1人焼肉や1人鍋を楽しみながらTVを見る、これほど贅沢なおうちご飯はないだろう。ユアサプライムス株式会社『USBポート&コンセント付き「ライフスマートこたつ」』※ダイニング用は、コンセントとUSBポートがついた新スタイルのこたつ。その快適さを確かめるべく、さっそく1人すき焼きを楽しんでみた!

 

パソコンやスマホの充電もOK! 天板にコンセントが付いているから便利

こたつ本体に椅子・こたつ布団の組み合わせ

在宅ワークという働き方が浸透し、自宅にワークスペースを新しく用意した人も多いことだろう。そんな中、注目を浴びているのがエアコンが届きにくい足元を温めることができ、電気代を安く抑えられる「こたつ」だ。特にUSBポートとコンセントがついた商品は、パソコンやスマートフォンなどの充電ができるため、冬の在宅ワークに最適だと話題を呼んでいる。

そこで紹介したいのが、ユアサプライムス株式会社(東京都中央区)から発売された『USBポート&コンセント付き「ライフスマートこたつ」』※ダイニング用(幅90×奥行60×高さ58〜68cm・希望小売価格 (こたつ・イス・こたつ布団合わせて)税込59,800円・2020年秋より発売中)

コンセントとUSBポートはこたつの側面に備わっており、コンセントは最大1,400W(AC100V 14A)まで、USBポートは10W(DC5V 2A)まで使用可能。パソコンはもちろん、ホットプレートなどの家電も使うことができる。

壁のコンセントから充電器を繋ぐと、コードの長さが足りなかったり机の上を圧迫したり…と、いろいろ不便が生じるのでこれはとても魅力的だ。

テレビを見ながら卓上で料理を楽しみつつ、スマートフォンも充電できる。一体どれほど快適に過ごせるのか。冬の定番料理であるすき焼きを食べてその使い心地を確かめてみた。

 

組み立て時間は約20分。2人で行うのがおすすめ

『USBポート&コンセント付き「ライフスマートこたつ」』※ダイニング用は、回転タイプの椅子がセットとなったタイプ。組み立ては椅子5分、こたつ15分ほど。

継脚をつけた状態

こたつ本体を組み立て、こたつ布団を敷き、天板を上に乗せた後、裏の固定ねじ(天板固定用)を止めれば組み立ては完成。なお、高さが欲しい時は継脚で高さを58cmから68cmに変更可能だ。最後にこたつヒーターの電源とコンセント・USBポート用の電源を壁のコンセントに繋げれば完成となる。(計2口必要)

 

すき焼きを楽しんでみた!

早速すき焼きの準備をして着席。もちろんホットプレートの電源は天板のコンセントから。決して長くないコードだが、こたつと繋いだことで好きな場所に置けるのが嬉しい。天板自体も厚く頑丈なので安定感がある。

 

こたつヒーターもON。速暖性のあるハロゲンタイプ、かつ椅子に座るとちょうど太腿の上にあるのですぐに熱を感じられる。弱でも十分に暖かいから節電効果もバッチリだ。

なお、同じ壁(回路)のコンセントからこたつヒーターとコンセント・USB Aポート用の電源を繋いだ場合、合計1,500W以下にする必要があるので今回は最弱で使用している。

椅子の前面は仕切りが設けられていて、暖かい空気が漏れにくいようになっている

体の中はすき焼きでポカポカ、体の外はこたつのおかげでポカポカの極楽状態。天板サイズが大きいから、1人で食べるには十分すぎるスペースで、取皿や飲み物を置いても余裕の広さとなっている。テレビを見ながら暖かい料理を食べる、至高の時間を楽しむことができた。

 

弱なら電気代が1時間あたり約1.9円!?

こたつの節電効果は非常に高く、弱なら1時間あたり約1.9円に対してエアコンは約2〜33円かかるため、節電を考えるならやはりこたつ一択だ。一番強い温度にしても約4.9円なので、そのコスパの良さが分かるだろう。※1kWhあたり27円で計算

 

コンセントのある利便性に加え、こたつを組み合わせた節電効果、1人での食事や在宅ワークをするのにちょうどいい天板の広さは、なかなかお目にかかれない逸品。自宅で執筆する記者も大満足だ。

 

商品は全国の家電量販店、ホームセンター、ユアサプライムスが運営するインターネット家電通販サイトユアサプライムス.com」で販売中。

※こたつ・イス・こたつ布団はネット通販では別売り

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

森脇 学

20代男性。工学系出身ライター。食品・工学・アニメ・漫画と幅広い知識を活かして執筆中。関東住まい。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック