ちょい足しで激辛料理!『ペヤング×正田醤油 激辛ソース』はめちゃくちゃ辛くて旨い魅惑のソースだった!

 

「ペヤング 激辛やきそば」に使われた激辛ソースの味をベースに商品化した正田醤油『ペヤング×正田醤油 激辛ソース』をご存じだろうか。あらゆる料理にちょい足しするだけで激辛料理に変身する激辛ファン必須のアイテムだ。一体どれくらい辛いのか、激辛党の記者としては試さないわけにはいかない!

 

「ペヤング 激辛やきそば」のソースの味をベースに商品化

ブームというよりもはや食文化の一部と言っても過言ではない激辛料理。その辛さに憑りつかれたファンたちは、今もなお辛さの向こう側を求めてさまよい続けている。そう、記者もその1人だ。

この激辛ブームの一端を担ったのが「ペヤング 激辛やきそば」。

後に「ペヤング 激辛やきそばEND」や「ペヤング 獄激辛やきそば」などが発売されたペヤングの激辛商品第1号だ(2015年の販売再開後)。その辛さは市販のカップ麺としては異例で多くの人の舌を熱くさせた。

今回お試しする正田醤油株式会社(群馬県館林市)の『ペヤング×正田醤油 激辛ソース』(150ml・実勢価格 税込397円・発売中)は、この「ペヤング 激辛やきそば」とコラボした激辛ソース。

同商品のソースの味をベースに商品化したもので、ちょい足しするだけでどんな料理でも激辛にしてくれるファンにはたまらない商品だ。

同社によると、ステーキなどのお肉料理、鮭や明太子などの海産物、温泉卵、ナポリタン、焼きそばなどなどジャンル問わず様々な料理に合うという。今回はその中でも特におすすめと紹介された唐揚げにかけてその味を確かめてみよう。

 

まずはソースの味を確認

本命のから揚げにかける前に、ソースそのものの味を確認しておきたい。というのも、どれだけかければ良いのかを把握しておきたいからだ。

決してビビっているわけではない。

ありがたいことに『ペヤング×正田醤油 激辛ソース』は1滴ずつ出せるキャップを採用しているので、調整がしやすくなっている。

ティースプーンで少しすくって味見。

ペヤングソースの美味しさを残しながらしっかりと辛い

口に入れる前はいわゆるソースの香りで、その刺激のありそうな香りは全く感じられなかった。だが、舌に触れるとそれが熱い刺激となってヒリヒリと襲い掛かってくる。

 

ほんの少量なのに身体中の汗腺が開くほどに辛い…! ただ、辛さだけでなく甘味やコク、旨味などもしっかりと感じられるのも事実。

14種類のスパイスがブレンドされたことで、この深みのある味を表現しているのだ。まさに辛旨ソースと言った感じ。これはクセになる。

 

本命の唐揚げに! たっぷりかけても大丈夫かも?

勇気を出してドバっと

いざ、唐揚げにかけて食べてみよう!

味見で想像以上に辛かったのは事実だが、甘味や旨味がしっかりしているのでたっぷりとかけてチャレンジしてみる。

赤を通り越した黒いソースをたっぷり絡ませていただきます。

唐揚げを頬張るとヒリヒリと舌に痛みがはしり、唐揚げの熱さで辛味にブーストがかけられていく。辛い! 痛い! 

だが、その一方で唐揚げの旨味や脂と非常に相性が良く、その辛さを上回るコクと深みが感じられる。後に引く辛さはなく、スーッと消えるので比較的食べやすい。

そういう意味では、もっとかけてもいいくらい。

ペヤングソースそのものの美味しさもあって、味わい深い唐揚げを楽しめること間違いなしだ。とはいえ、激辛ソースであることには違いがないので、辛さが苦手な人は十分にご注意を。

唐揚げ以外だと、カレーのようなスパイス料理との相性も良さそう。辛さはもちろん、14種類の秘密のスパイスブレンドがコクと深みをプラスしてくれるはずだ。

 

他にも、炒飯やオムレツなどのソースとしても活躍してくれるだろう。辛党の方には、ぜひ試してみてほしい!

 

『ペヤング×正田醤油 激辛ソース』は、オンラインショップやスーパーなどで発売中。

 

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

森脇 学

20代男性。工学系出身ライター。食品・工学・アニメ・漫画と幅広い知識を活かして執筆中。関東住まい。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎/Official images 

トラックバック