【ダイエット】カロリー・糖質ゼロの機能性『ノンアルコールチューハイ 氷零 カロリミット レモン/グレープフルーツ』【糖質制限】

ノンアルチューハイでダイエットサプリのケア。

 

ノンアルコールチューハイ「氷零」とダイエットサプリ「カロリミット」がコラボ! ダイエットをサポートする機能性表示食品『ノンアルコールチューハイ 氷零 カロリミット レモン/グレープフルーツ』だ。人気の両ブランドをいいとこ取りした、ノンアルコール飲料の味や機能をためしてみたい!

 

お酒飲みたい!でも痩せたい!に応えてくれるダイエットノンアルコール飲料

キリン「氷零」は、カロリーゼロ・糖質ゼロ・本格感100%のノンアルコールチューハイ。ノンアルコールながらキレのある、食事にも合う爽やかな味わいが特徴だ。フレーバーは、スッキリとした酸味と心地よい苦味の「シチリア産レモン」と、本来の果実らしい苦味とさっぱりとした甘味の「グレープフルーツ」の2種

ファンケル「カロリミット」は、女性を中心に支持されているダイエットサプリメントだ。食後の血糖値と、血中中性脂肪値の上昇を抑えてくれる効果で、なんとブランドトータルの販売数は、累計6,700万個以上というヒット商品。

実は記者も、若い頃はお世話になったことがある。年齢と共に効果の違うものを選ぶようになったが、ファンケルのサプリメントには、今でも度々お世話になっている。

その両ブランドの強みや特徴を生かし、共同開発したのが機能性表示食品である『ノンアルコールチューハイ 氷零 カロリミット レモン/グレープフルーツ』(各350ml缶・コンビニ店頭実勢価格 税抜137円・2020年10月13日発売中)だ。

1本に5gの食物繊維を配合し、”食事の糖や脂肪の吸収を抑える”効果が期待できるノンアルコール飲料だ。

 

 

パッケージは、銀色の凹凸の缶に「カロリミット」の文字。何だか色々削ぎ落としてくれそうな、ヘルシーな印象だ。近頃健康と体重が気になる記者、早速気になる味を体験してみたい!

 

酸っぱ!なレモン感
『ノンアルコールチューハイ 氷零 カロリミット レモン』

『ノンアルコールチューハイ 氷零 カロリミット レモンは、みずみずしいレモン感とキレのある爽快さが特徴で、食事に合う味わいだそう。

缶を開けると、レモンのラムネ菓子のような、ジューシーな香りがする。

口に含むとジュワッと炭酸が弾けて、レモンの酸味が広がった。結構酸っぱい! しかし飲み進めると、慣れて甘味も感じる。柑橘の苦味ある香りはするが、味わいに苦味はそれほどなく飲みやすい。炭酸でキレが良く、酸味が強めなのでレモンらしい風味だ。

食事と一緒にも良いが、けっこうレモン感があるので、記者的には単体でも楽しめる。カロリーもゼロだし、更に1、2本は飲めそう!

 

本格的なお酒感!
『ノンアルコールチューハイ 氷零 カロリミット グレープフルーツ』

『ノンアルコールチューハイ 氷零 カロリミット グレープフルーツ』は、フルーティーなグレープフルーツ感と爽快なキレで、食事に合う味わいが特徴だそう。

缶を開けると、グレープフルーツのフレッシュないい香り。

炭酸もしっかりしていて、口に含むと香りもシュワっと弾ける。結構ドライな口当たりだ。本当にお酒なし?と感じるような本格的なチューハイ感がある。

果汁1パーセントだが、グレープフルーツの心地良い苦味がありジューシーだ。スッキリとしているので、食事との相性も良い。キンキンに冷やした状態のほうが、ドライで苦味を感じるので、チューハイ感が楽しめる。よく冷やして飲むのがオススメだ。

健康や体型は気になるが、お酒は飲みたい。せめて飲んだ気分を味わえる『ノンアルコールチューハイ 氷零 カロリミット レモン/グレープフルーツ』でお家飲み気分を味わってみてはいかがだろう。

 

ちなみにレモンとグレープフルーツで、口当たりや味わいが結構違う。食事に合わせて選んでみて欲しい。

 

入手は全国のコンビニ・スーパー・ドラッグストア、ファンケルの通信販売と一部の直営店舗で可能だ。

 

あわせて読みたい: 【ノンアル】お腹の調子を整える「アサヒスタイルバランス」から新味『ヨーグルトサワーテイスト』!

あわせて読みたい: 世界初の尿酸値を下げるノンアルビール『サッポロ うまみ搾り』の気になる味を確かめた!

あわせて読みたい: 【ノンアル・ハイボール】『琥珀色のときめき ハイボールテイスト HighBall Taste』の再現度はいかに!?

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

玉恵

造形デザイン・カメラマンを経てライターに転身。ライター歴7年。好奇心旺盛でとにかく食いしん坊。北海道のド田舎出身。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎/Official images

トラックバック