探していた治療の決め手は、”耳鳴り改善”に短期間で効果を発揮する医薬品『ナリピット錠』だった

 

周囲は無音でも耳の中がやかましいのが”耳鳴り”。ジージー、キーン、ザーザーなど不快な音が鳴りやまないこの辛さは、体験した人にしかわからない苦痛だ。ただ今のところ病院に行っても、万能で決定的な治療法はないから厄介。そこで指定第2類医薬品の『ナリピット錠。なんとこれ、早くて5-6日で効果を発揮するという!

辛い耳鳴り、病院に行っても決定的な治療法がない!?

耳鼻科に行って検査をしても原因がわからず、さらっと「加齢が原因ですね、うまく付き合って行くしかありません」などと医師に言われることの多い耳鳴り。こんなに辛いのに、そんな簡単にサジを投げられても困る…! と思うけれど、こればかりはどうしようもない。脳裏に浮かぶのは”絶望”の二文字だ。

なってみないとわからない耳鳴りの辛さ

辛いなら試すべき!? 耳鳴りのための医薬品『ナリピット錠』!

とはいえ、実はまったく手がないわけでもない。それが耳鳴りのクスリとして60年以上愛され続けている、原沢製薬工業による指定第2類医薬品『ナリピット錠』だ。原沢製薬工業は東京・品川で創業100年以上を誇る医薬品メーカーの老舗。昭和32年に発売された「パピロギンS錠」、近年では「ナリピタン」(現在販売終了)の名称で親しまれ、2019年に現在の名称となったが、その中身は同じものである

原沢製薬工業、ナリピット錠、耳鳴り改善

実は、耳鳴りにはこれを飲んでおけば万全!という薬はなく、たとえば漢方薬は、長く飲んで体質改善をするため、効果が表れるまでコストや時間がかかってしまうことも。

 

そんな中、医薬品の『ナリピット錠』は飲み始めてからたった6日程度で、すぐに効果があるかないかがわかるという! したがって長期にわたって飲み続ける面倒や体への負担が少ない。これは大きな希望ではないか。

ナリピット錠3粒、耳鳴り改善

実際に『ナリピット錠』を服用した人の中でも、「耳鳴りの回数が減った」、「音が小さくなった」「夜眠れるようになった」という喜びの声が多数寄せられているようだ。

記者も忙しくて睡眠時間が取れず、無理をするとよく耳鳴りが起き、睡眠不足なのにうるさくて眠れないというジレンマに半ば絶望していたので、これは試してみる価値がありそうだ。

※個人の感想であり、効果を保証するものではありません。

『ナリピット錠』で耳鳴りが治る?

では『ナリピット錠』は何をしてくれるのか。それは「血行促進」「聴覚機能改善」の効果を持つ有効成分による2方向からのアプローチである。

ナリピット錠、成分・分量

ニコチン酸アミド、パパベリン塩酸塩が血行を促進し、さらに、ビタミンB群が加齢で衰えた神経の調子を整えて、耳鳴りを改善するという仕組みになっている。さらに調べてみると、このニコチン酸アミドとパパベリン塩酸塩は、病院で処方されている「ストミンA錠」と同じ成分だということがわかった!

 

『ナリピット錠』は効果・効能を認められた医薬品であり、比較的短い期間で「効く・効かない」がわかるのはとても助かる。

さっそく、耳鳴り改善の『ナリピット錠』を朝・昼・晩、6日間続けてみる!

ナリピット錠、耳鳴り改善

『ナリピット錠』は、飲みやすい黄色い糖衣錠。大人は1日3回・1回2〜3錠を服用する。実際に飲んでみても、嫌なニオイなどはないので、習慣さえつけば簡単に続けられそう。

「今までの辛かった耳鳴りが、たった6日間で改善するかもしれない。」

そんな期待感をもって試せるのは、耳鳴りのクスリとして60年以上愛され続け、厳しい審査をクリアした医薬品の『ナリピット錠』だからこそ。

 

不精な記者だって、そう思って続けるのなら楽勝である。半ばあきらめていただけに、これはうれしい!

耳鳴りの悩み、6日後には結果が!? 『ナリピット錠』半月分2,000円でためしてみよう!

ナリピット錠、耳鳴り改善、パッケージ

耳鳴りだけでなく肩こりにも効果あり

耳鳴りに悩んでいる人は、本当に心身ともに疲れ果ててしまうもの。うるさくてイライラ、眠れなくて疲れが取れないというのは、まさに拷問である。 

 

だからこそ、耳鳴りによるストレスから開放されたいなら、わずか6日程度で効果がわかる『ナリピット錠』だ。万人に効くクスリはありえないものだが、あなたには効く可能性がある。まずは『ナリピット錠』(100錠/約半月分・税込2,200円※2個以上送料無料)で試してみよう。ひょっとしたら到着の6日後には、その悩みは改善しているかもしれないのだから! 

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

塩田和夫

東京都在住、WEBライター。フラットな視点が持ち味。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック