大豆ミートで濃厚な味を再現! 噛めば噛むほど、思わずあなたも『あぁ牛タン』

 

以前より宅飲みや自炊の機会が増えている昨今。在宅による運動不足により、現実として体重が増えてきたことを気にする人も多いのではないだろうか。記者もそんな悩みを抱えている一人だが、そんな方に注目してほしいのが、大豆ミートで作られている新感覚ジャーキー。その名も『あぁ牛タン』! 果たしてどこまで牛タンの味なのか、酒好きな記者がビール片手にさっそくお試ししてみることに!

 

おつまみにもピッタリな濃厚な味わいが大豆ミートで楽しめる!

クラシエフーズ株式会社(東京都港区)の『あぁ牛タン』(30g・希望小売価格 税抜211円・2020年11月24日発売)は、主原料として大豆を使用した肉厚半生ジャーキー。
炭火焼きの牛タンの写真が食欲をそそる、飯テロなパッケージだ。
パッケージを裏返すと、「噛めば噛むほど あぁ牛タン」「おつまみにピッタリな濃厚な味わい」と書いてある。「あぁ」と思わず感嘆の声が出るほど、牛タンの再現度が高いということだろうか?
これは記者も是非『あぁ牛タン』体験をしてみたい。
こちらのジャーキーは、“大豆ミート”を使用しているのが最大の特徴だ。
大豆ミートは「大豆肉」「ソイミート」「ベジミート」などともいわれているが、牛や豚、鶏などのお肉を一切使用せず、大豆の油分を搾油・加熱・加圧することで作られたもの。
元々はベジタリアンやヴィーガンといった菜食主義者向けの食品として重宝されてきたが、高たんぱく、低カロリーとあって、近年では女性やダイエッターから人気を集めている。
たんぱく質にくわえ、大豆由来の食物繊維も入っているので、おつまみで手軽に栄養をとれるのは、野菜不足の記者にとって実に嬉しいポイントだ。
一袋あたり81Kcalなので、こってりしたものをつまみに一杯やりたいけれど、ダイエットもしたい…というときの頼もしい相棒となるはず。
とはいえ、肝心なのは味わいである。いくらヘルシーでも美味しくなければ物足りなさを感じて終わってしまう。
さっそく実食してみることに!
 

肉厚な半生ジャーキーは噛むほどに旨味が広がる

封を開けると、さっそく香ばしいごま油の香りが! なんとも食欲をそそる香りだ。
肉厚半生ジャーキーということで、一般的なビーフジャーキーのように固めではなく、しっとりとしていて分厚い。これは食感を楽しめながらも、満足感がありそう。
パクッといただいてみると、塩だれ味とごま油の風味が口内に広がる。
どんなものかともぐもぐしていくと、「あぁ、いま自分は牛タンを食べているのだ」と脳が錯覚するほどの牛タン感! 牛タン独特の噛み応えがしっかり再現されている。
塩だれ味でニンニクとペッパーが効いていて、噛むほどにジュワリ、ジュワリと濃厚な味わいが広がっていく…。ここにビールをぐいっと流し込む。「あぁ…」 これはヤミツキになる美味しさだ。
 

罪悪感ゼロの『あぁ牛タン』は新感覚ジャーキー

名称的には大豆加工菓子となっているが、ここまで牛タンを再現できるものかと驚いた。自宅で気軽に食べられるし、濃厚なのにとってもヘルシーなので罪悪感はゼロ! 
ビールとの相性も最高なので、記者もハマる予感…!
歯応えもいいので、よく噛んで食べることで、満腹感も得られるしアゴの運動にもなりそうだ。おつまみとしてだけではなく、ちょっとした間食にもおすすめ。
 
『あぁ牛タン』は、全国のセブンイレブンにて発売中。
ダイエット中の方や体重増加が気になっている方は、ぜひ一度実食してみてほしい!

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

加藤 真大

神奈川県在住。“何でもためしてみる”が信条。出版社勤務時代から仕事のお供はカップラーメン&コーヒー。ゲーム&アニメにも造詣が深い。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック