噛んだらシャキッ! 新世代『瞬間清涼アクアミント/ライムミント』の瞬間リフレッシュは持続性も○!

持ち運び便利なパウチタイプ

 

噛んだ瞬間に清涼感が味わえるシュガーレスの『瞬間清涼アクアミント/ライムミント』が登場! パッケージにも大々的に「噛む新世代ミント。」と書かれているが、どのへんが“新世代”なのか、実際におためししてみた!

 

一瞬で訪れるミントの清涼感、しかもリフレッシュ感が長く続く!

すっかり定着したマスク生活だが、マスクをつけていると口の周りが温かくぼーっとしてくるという人も少なくないはず。そんなとき、手っ取り早くすっきり感を味わえるのがミントなどを配合した清涼菓子だ。

明治『瞬間清涼アクアミント/同 ライムミント』(各12g/25粒・希望小売価格 税抜135円・2020年9月29日発売)は、一気に清涼感が欲しいときにぴったりの新世代リフレッシュミント。女優・モデルの新木優子をCMに起用し、爽快感全開な表情がイラスト化されるというなんとも新しい動画に仕上がっている。

 

今回は、噛んだ瞬間に清涼感が広がるシュガーレス糖衣、そしてその中にある清涼感が持続するシュガーレス素材を合体させた、噛んだ瞬間から食べた後まで超清涼感を味わえるのが持ち味という。さっそく確かめてみよう!

 

瞬間清涼アクアミント

まずはブルーのパッケージの「アクアミント」から。コンパクトで持ち運びも便利なチャック付きのパウチタイプ。スライドさせて中身を取り出すケースタイプだと、容器の音が気になったり1粒でいいのに2、3粒出てきたりするが、気軽に取り出せてカバンやポケットの中でこぼれる心配がないのは嬉しい。

外側のシュガーレス糖衣をカリッと噛んだ途端、清涼感は一気に口の中に広がり、まさに「瞬間清涼」。原材料は「あめ」となっているが、中はぷにぷにしたグミのような食感で弾力があり、記者的にはキャンディというより新食感のグミを味わっているような感覚。

砂糖の半分のカロリーで虫歯になりにくい甘味料のマルチトールが入っており、1袋44kaclと低カロリーなので気軽に口に放り込める。

食べ終わったあと、10分以上口の中はスースーとして余韻を感じることができ、まるでまだ口のなかにあるかのよう。「アクア」と冠しているだけあり、集中したいときにぴったりなクリアで雑味のないフレーバーだった。

 

瞬間清涼ライムミント

お次はグリーンの「ライムミント」。清涼菓子といえばタブレットタイプが多いなか、このようなグミタイプは本当に新しい。

ライム香料使用・ライム果汁不使用なのだが、噛んだらすぐにライムの爽やかなテイストが口いっぱいに広がり、清涼感にプラスして爽快感もある。スッキリ感だけでなくフルーティーさも欲しいという人にはこちらがおすすめ。

強い清涼感はあるのだが、ものすごい辛いというテイストでは全くなく、いつどこでも味わいたくなるような爽やかでさっぱりとした冷涼感が印象的。きついミントは苦手という人でも味わえると思う。

噛んだ瞬間から食べ終わった後まで、さっぱり爽やなライムのテイストとミントの清々しさが途切れずに続いてシャキッとした気持ちになれた。1袋43kcal。

どちらも、気持ちをリフレッシュさせたいときにスマートに味わえるまさに「新世代ミント」だった。1粒ですっきり爽快な気分になるので、仕事中に集中したいとき、食事の後などにこのニュータイプの冷涼感をぜひ感じてみてほしい。

全国のコンビニエンスストア・レール売店限定で発売中となっている。

 

あわせて読みたい:小粒でカリッと瞬間リフレッシュ可能なNY発ミントタブ『ヒントミント ペティート〈ペパーミント〉〈シトラスミント〉』!

あわせて読みたい:会議中のステルス・リフレッシュに最適な小粒タイプ『クロレッツ キャンディミント アイスブルーミント/ハニーレモン』!

 

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

高橋 明日香

お菓子とネコ大好きライター。編集プロダクションにて、紙・webともに 編集者兼ライターを経験。北海道出身。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎/Official images

トラックバック