【IQOS】もっと強い喫味が欲しい! の声に応えた『マールボロ・ヒートスティック・リッチ・レギュラー』の味わいは?【加熱式タバコ】

今度こそ紙巻きタバコを卒業したい人にも

 

加熱式タバコのデファクトスタンダード「 IQOS (アイコス)」。数あるデバイスの中でも最高加熱温度と加熱ブレードによる中心加熱方式で、最高喫味の地位を誇ってきた。しかしここに来て、最強の「レギュラー」を超えるアイコス専用たばこスティック『マールボロ・ヒートスティック・リッチ・レギュラー』が誕生したので、ヘビースモーカーの記者が体感してみたい。

 

加熱式タバコのレギュラーの新時代へ! “最もコクのある強い味わい”を実現した『マールボロ・ヒートスティック・リッチ・レギュラー』がすごい

フィリップ モリス ジャパンの目指す「煙のない社会の実現」。その主軸となるのは、成人喫煙者に対してより良い選択となるだろう煙を発生させない加熱式タバコへの切り替えだ。

しかし喫味の面で、どうしても紙巻きタバコよりも弱くなってしまうという難点があった。「IQOS」はその中で、ほかのデバイスが200℃台加熱に止まる中、唯一の300℃以上の加熱で、紙巻きタバコユーザーを納得させるための製品づくりを展開してきた。

「マールボロ・ヒートスティック」シリーズとして約3年ぶりのレギュラー新製品

喫味の強さでは、その頂点にあるのは「マールボロ・ヒートスティック・レギュラー」だった。なぜなら加熱温度が高いほど喫味は強くなるから。さらに紙などに隔てられずタバコ葉を直接加熱(中心加熱式)することでも喫味は強くなるからだ。


今回体験するフィリップ モリス ジャパン『マールボロ・ヒートスティック・リッチ・レギュラー』(20本入・希望小売価格 税込550円・2020年10月26日発売)は、そんな「レギュラー」を、「レギュラーでもう少し濃い味がほしい」「もうちょっとキツめのヒートスティックがあると、紙巻きタバコから完全に切り替えができるのですが…」という声に応えて進化させた製品である。

正統派のタバコ葉の香りにうっとり。

なるほど、ライバルは紙巻きタバコ。

喫味に妥協しない非常に「IQOS」らしい考え方だ。それでは期待とともに味わってみよう。

 

加熱式タバコ界最強のレギュラー『マールボロ・ヒートスティック・リッチ・レギュラー』の味わいは?

ニオイもとても自然なレギュラーの完成形!

その感動は、箱を開けた瞬間から。

ほとんどのレギュラー系加熱式タバコ専用スティックというものは、ケミカルな香りが少しはあるものだが、『リッチ・レギュラー』は違う。紙巻きタバコの「マールボロ(赤マル)」を思わせる樹木に近い芳香が感じられるのだ。タバコ葉も植物だという生命感と、ロースト感。これには驚いた!

 

加熱して立ち上るのも、香ばしさあふれるタバコ葉由来の芳しい香り。これまで製品とは一線を画す、紙巻きタバコの延長としての自然な香りだ。それでいてもちろん煙くない。

 

グッと吸い込むと広がるのはマールボロが本来持つ香ばしさと、ストイックに控えた甘さと、強めのスロートキック。そしてタバコ葉の旨味がじんわりと広がる。

まさか加熱式タバコで味わえるとは思いもしなかった味わいだった。


深みがあり、煙に近いマットなコクがあり、タバコ感が絶大。まさに最強レギュラーの誕生だ。フィリップ モリス ジャパンの指標でもコクと強さのレベルが5段階中最高評価の5というのもうなずける。

加熱式タバコの最高峰という位置とともに、この『マールボロ・ヒートスティック・リッチ・レギュラー』は、紙巻きタバコ・オルタナティブとしても最良の選択肢となるだろう。

 

定番「IQOS」がお得に手に入るデバイス割引キャンペーン実施中!

そんな『マールボロ・ヒートスティック・リッチ・レギュラー』を存分に味わえる「IQOS」のデバイスが、お得に手に入るキャンペーンを実施している。

IQOS 3 DUO キットは3,000円オフ、IQOS 3 DUO ホルダーは1,000円オフ、IQOS 3 MULTI キットは2,000円オフ、IQOS 3 キットは3,000円オフとなる大チャンス!

 

2020年11月13日~11月29日の実施だが、店舗種別によって対応していない店舗もあるので、買いに行く前に公式サイトを確認した方が安心だ。またこのキャンペーンはIQOSオンラインストアでも実施中だからチェックしてみてほしい。

あわせて読みたい:【加熱式タバコ】『アイコス 3 デュオ(IQOS 3 DUO)』時代の機種選び〜あなたに向いてるアイコスはこれだ!

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

清水 りょういち

食レポからタバコ・コーヒーなどの体に悪い系、果てはIT、経済分野までフォローする新しもの好きライター。「わかりにくいをわかりやすく」がモットー。元「月刊歌謡曲/ゲッカヨ」編集長

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎/清水葉子

トラックバック