豆乳好きのために作った乳製品・卵不使用の植物性アイス『Soy ソイラテ』が今秋新登場!

 

豆乳好き、アレルギーの方でも安心して食べられる乳製品や卵不使用の植物性アイス「クラシエ Soy」 シリーズから『Soy ソイラテ』が今秋新登場! 豆乳36%配合した人気のアイスをためしてみた!

 

豆乳好き、乳製品・卵不使用の植物性アイス『Soy ソイラテ』とは?

知育菓子Ⓡやアイス、食品などを展開しているクラシエフーズ株式会社(東京都港区)の商品を一度は見たことがある、聞いたことがある、使ったことがあるという方も多いのではないだろうか。

ちょっと食べたい…という時に嬉しい小ぶりサイズ

今回紹介するのは、この秋に新発売する乳製品・卵不使用の動物性フリーのアイス『Soy ソイラテ味』(1カップ100ml・オープン価格・2020年9月14日発売)だ。

 

Soy(ソイ)とは大豆と言う意味で、クラシエのSoyシリーズは「豆乳本来のおいしさ」と「独自の配合と製法」によって乳製品、卵不使用の豆乳のおいしさが味わえるコクのある植物性アイスを意味する。

アイスといえば、乳や卵が含まれているものが多いため、乳製品・卵アレルギーの方や動物性素材を控えている方は成分をチェックすることも多いだろう。

従来のSoyシリーズにはバニラ味、ストロベリー味があるが、今回新発売するのは乳製品・卵アレルギーの方や豆乳ユーザーに人気でカフェドリンクメニューとしても定着している「ソイラテ味」だ。

パッケージにもしっかり豆乳36%と書かれていてわかりやすい

『Soy ソイラテ』は、豆乳36%使用し、乳製品・卵不使用、植物性素材のみを使用したやさしい味わいの植物性アイス。

1カップあたり熱量127kcalと一般的なアイスよりも少しヘルシーな印象なので、家事の合間のひとときや、家族みんなの食後のデザート、お風呂上がりのくつろぎタイムなどにも楽しめるのではないだろうか。

 

乳製品・卵不使用の『Soy ソイラテ』の味は?

では、さっそくためしてみよう!

カップの蓋と中蓋をあけると、思っていた以上にたっぷりアイスが入っている印象だ。

ラテの香りがふわっと広がり、コーヒー好きにはたまらない香り。

甘すぎず、ほんのり苦味のあるラテ味と、豆乳のクリーミーでなめらかな口当たりでふわっと口の中で溶けていく感じだ。

後味も口の中にもたっと残ることがなく、すっきりした味わいでとても美味しい。

 

アレルギーがある、乳製品・卵を控えている、ヘルシーなものを取り入れたい方におすすめ

筆者は、豆乳と聞くと味が薄い、大豆特有のクセがある、甘さが足りない、ミルク感が強すぎるという印象やイメージ持っていたが、甘すぎず、豆乳のクセもなく、クリーミーでなめらかな食感に感動した。

『Soy ソイラテ味』はほんのり苦味があるので大人系アイスが好きという方にもおすすめ。

甘いタイプが好きな方は『バニラ味』や『ストロベリー味』も試してみてほしい。

 

乳製品や卵を使っていない分、通常のアイスに比べて甘さは控えめな印象で後味も重くない。また通常のアイスよりもカロリーが低く、ヘルシーで罪悪感がないのが嬉しい。

アレルギーがあって食べられるアイスが少ない、乳製品や卵など動物性素材を控えている、罪悪感なくアイスを楽しみたい、ヘルシーなものを取り入れたいという方はぜひチェックしてみてほしい。

 

『Soy ソイラテ』は全国のスーパーなどで購入可能。

 

『Soy』ブランドサイトはこちら

『Soy ソイラテ』商品ページはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

寒川あゆみ

美容に関すること、新商品、食や旅行が好き。大阪 谷町九丁目にて、エステティックサロンprivate salon Laule’aを主宰。施術のほか美容家として活動中。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック