サバの次はマグロ! 70%スナック第2弾『TUNACHi(ツナチ)』はツナ缶以上の栄養価に

魚の栄養がギュッとつまったスナック

サバ70%で空前の人気となった『SABACHi(サバチ)』の次はマグロ! ほとんどマグロのスナック『TUNACHi(ツナチ)』なら、おやつ感覚でサクッと魚の栄養を食べられる。その栄養価は?味は?魚くさい?手軽につまめる待望のお魚チップス第2弾をチェックしてみた!

 

おやつやおつまみに!ほとんどマグロのお手軽ヘルシーチップス

発売するのは、有限会社 味源(香川県仲多度郡)。青いサバのシルエットと黄色いパッケージでおなじみになった、空前の人気スナック『SABACHi(サバチ)』を生み出した食品メーカーだ。シリーズ第2弾であるTUNACHi(ツナチ)』(30g・参考価格 税別250円・10月全国発売)は、マグロに含まれるたんぱく質や鉄分、DHA、EPAが手軽にとれるツナチップス。

ほぼマグロ!

なんとマグロ70%という、ほとんどマグロじゃん!と突っ込みたくなるスナックだ。一度は食べたことのあるあの味をイメージしているそうだが、あの味とは一体…?

パッケージは、赤い背景に金色のマグロのシルエット。愛らしく何だか神々しい。
 
 
特筆したいのは、パッケージ裏に記載されている、ツナ缶と比較した栄養価だ。ツナ缶に比べて、たんぱく質が豊富に含まれているだけではなく、鉄3.5倍、EPA7.1倍、なんとDHAに至っては10.5倍! 加えて保存料も着色料も不使用という、体にやさしい自然派のおやつだ。
 

魚の栄養、もう『TUNACHi(ツナチ)』でいいかも?

早速開封してみる。香りはツナだが、魚くさいという程でもない。

厚めのスナックで、油が手に付かずやや粉っぽい。

原材料はマグロ・でん粉(タピオカ・サゴ)・砂糖・植物油・食塩/調味料(アミノ酸)

噛むとザクっとした硬めの歯ごたえ。原材料のタピオカが、この歯応えを作るのだろうか。

噛みしめれば、後味がほんのり甘く、ややパサつきのある味わい。どこかで食べたことがある…そう、ツナ缶だ。オイル漬けのツナ缶よりも水煮に近い。確かに一度は食べたことのあるあの味”。むしろ魚好きの記者は、毎度お世話になっている。どちらかと言うとそうそうこの味!が近いかも。

そのままでも酒のつまみとして、サクサク食べられるが、塩味はきつくない。濃い味が好みなら、マヨネーズを添えるとツナマヨに。記者はこれに七味をプラスしたい。おつまみついでに賢く栄養を摂取した、という自己満足に酔いしれているうちに完食だ。魚好きの記者には、もっと風味が強くてもアリだ。ツナ缶よりも栄養が高いので、もうこれでいいかも…とさえ思える。

ためしに魚が苦手な家族に食べてみて貰ったが、魚っぽいが食べやすいとのこと。もともとマグロは、火を入れると鳥肉のような食感になる。魚が苦手な子供にも、おやつで手軽に食べて貰えそうだ。

 

さて、魚の栄養…ツナ缶にするか『TUNACHi(ツナチ)』にするか、自分の舌で確かめてみては!購入は全国のコンビニ、スーパーやオンラインショップなどで可能だ。

 

あわせて読みたい: 【ヘルシー】70%サバでできてるヒットスナック『SABACHi(サバチ)』は本当に生臭くないかためしてみた!【無添加】

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

玉恵

造形デザイン・カメラマンを経てライターに転身。ライター歴7年。好奇心旺盛でとにかく食いしん坊。北海道のド田舎出身。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック