【ハロウィン】魔法の粉でポテチが大変身!?『ポテトチップス マジックチェンジ』でひと足早いハロウィンを満喫!

二つの味を楽しめる!

 

ハロウィン向けの新商品『ポテトチップス マジックチェンジ』。 添付の「マジックチェンジパウダー」をかけると味も見た目も変化するらしい。この仕掛けは我々にいたずらをするためなのか、それともおいしいお菓子にしてくれるのか。いざ検証!

 

遊び心満点!元の味を味わってから、その変身ぶりを楽しんでみて

秋のイベントといえばハロウィン。各企業が毎年発売する限定商品は様々な遊び心が隠れていて記者も楽しみにしているシーズンだ。そんな新商品が並ぶ商品棚を眺めていると一風変わったパッケージを発見。

それが山芳製菓株式会社(東京都板橋区)の『ポテトチップス マジックチェンジ』(ポテトチップス50g、パウダー3g・希望小売価格 税抜198円・2020年9月8日発売)だ。ハロウィンカラーのパッケージには“マジックチェンジパウダーで味も見た目も大変身!”との文字。

中に入っているのは同社の「ポテトチップス 北海道リッチバター味」。ここに付属の「マジックチェンジパウダー」をかけることで、コスプレのごとく見た目も味も変わるということらしい。1袋で2つの味が楽しめるとはなかなかエンターテインメント性のある仕組みで面白い。

 

何味かはもちろん記載なし。原材料を見れば予想できるが、ここはあえて実食して確認してみよう。

 

まずは「ポテトチップス 北海道リッチバター味」のままでいただきます。まろやかなバターの風味とじゃがいもの甘味を感じられる美味しさ。塩っ気もあって飽きずに食べられる。正直このまま最後まで食べたいくらいだが、魔法をかけなければならないので一時中断。

いよいよ本命の「マジックチェンジパウダー」を投入。しっかりと口を締めて全体に絡まるようにフリフリする。ある程度強めに振らないと粉が偏ってしまうので割れないように注意しつつシェイク。

いざ、実食。開封するとバターの風味に加えてちょっと鼻にくる嗅ぎ覚えのある匂いが混じっている。

 

中を覗くと、黄金色のポテトチップスがゾンビ化したような黒い見た目に変身。カビみたいでちょっと気が引けるが、1枚つまんでみると口中に広がる臭い旨み。なるほど、「マジックチェンジパウダー」の正体はにんにくだったのか。

黒い部分は「ポテトチップス 北海道リッチバター味」の優しい味わいは一切感じないほどの変身ぶり

ポテトチップスとにんにくの相性はかなり良いのが記者の持論。ただこの商品については100点ではない。というのも、元々のポテトチップスが塩っ気控えめで甘く、粉も甘めに仕上げられているのでにんにくのパンチと甘さが喧嘩してどっちつかずな味になっているのだ。

口がにんにく臭くなるのでご注意!

さらに、どうしても粉の付き方にムラができてしまうのでにんにくの味が濃かったりバターの風味が強かったりとバランスが悪い。普段食べているポテトチップスは見事なまでに均一にフレーバーが付いているのだとしみじみ実感してしまった。

とはいえ、ハロウィン商品としてのユニーク性はこれまでにない面白さがあり変化を楽しむにはぴったり。友達同士で味の当て合いっこなどしながら味わってみてはいかがだろうか。

1袋あたりのエネルギーは282kcal、糖質は約31g

全国のファミリーマートで先行発売・数量限定発売中。

 

あわせて読みたい:大阪のソウルフード・肉抜き肉うどんの味わいを再現した『ポテトチップス 肉吸い味』!

あわせて読みたい:坦々麺ライクな麻辣味=唐辛子+ホアジャオ(花椒)で勝負! 喉奥から刺激する『ポテトチップス 辛くてシビれる!担々麺味』

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

森脇 学

森脇 学

20代男性。工学系出身ライター。食品・工学・アニメ・漫画と幅広い知識を活かして執筆中。関東住まい。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック