薄焼きで挟んだレーズンと発酵バターで構築された『ハーベストフルーツサンド・バター&レーズン」は隙間がおいしい!?

二枚使いが贅沢です

 

香ばしく焼きあげた「ハーベスト」、発酵バターでホイップしたバター風味のクリームとレーズンをサンドと、要旨を説明しただけでもお菓子ファンならよだれが出そうな『ハーベストフルーツサンド・バター&レーズン』を、食べてみた!

 

 薄焼きビスケットの代名詞「ハーベスト」と、干しぶどうと、発酵バタークリームが構築したおいしさのトライアングル!

東ハト『ハーベストフルーツサンド・バター&レーズン』(8個入り・参考小売価格 税抜265円・2020年9月28日リニューアル新発売)は、ぶどうのイラストとパープルに彩られた秋菓子ど真ん中製品だ。


「ハーベスト」は東ハトを代表する焼き菓子で、1978年発売の薄焼きビスケットのこと。わずか3mmの厚さに焼きあげるビスケットは、何層にも折り重ねた生地を薄くのばして作っていて、この生地の層が独自のサクサク食感を生み出し、お菓子ファンを魅了し続けている。


そんな「ハーベスト」を二枚使い、間に発酵バター(0.05%)を加えてホイップしたバター風味のクリームと、レーズンをサンドして軽い口あたりに仕上げたレーズンサンドが『ハーベストフルーツサンド・バター&レーズン』である。もともと人気商品なのだが、今回パッケージを秋用に衣替えしての再登場だ。


個別包装を開封すると、レーズンとバターの調和した、香ばしさのある甘い香り。厚みを作り出しているのは、外から見るとクリームなのだが、人かじりすると中からレーズンが現れる。


発酵バターのふんわりとした幸せの香りと甘酸っぱいレーズンが、香ばしいハーベスト間で歌い出し、表面の粒々と共に、リッチなおいしさがやってきた。二枚目を食べる時に上のハーベストをとってみると、宮殿の中身みたいな配置が美しかった。ここに住んでみたい。


ホイップバターが幾つも丸いかたまりになっていて、その隙間にレーズンが複数奥ゆかしい佇まいで鎮座。通常この手のクリームはうっすら敷かれている程度なのだが、いい意味で裏切られた。


個別包装を次々破りながら考えたのだが、おいしいのはこの隙間なのでは? この何もない空間こそがおいしいのでは? 音楽だって音の鳴ってない部分が重要と言ったりもするではないか。

栄養成分1袋当たり、エネルギー536kcal、炭水化物(糖質)約67g

秋の午後のひとときをよりゴージャスに過ごしたい人のための決定版お菓子だと思う。

 

入手は、全国のスーパーマーケットなどで可能だ。

 

あわせて読みたい:レアワイン使用。ただものではないレーズンチョコ『紀ノ国屋 貴腐ワイン漬けレーズンチョコ ビター/ホワイト』

あわせて読みたい:今度のウチカフェスイーツは限界厚のバタークリーム! 『サクバタ サクッとバターサンド ピスタチオ/ キャラメル』

あわせて読みたい:嘘でしょ!? ビスケットにクリームが入っても糖質50%オフ!? 『SUNAO クリームサンド<Wチョコレート><アーモンド&バニラ>』

あわせて読みたい:【4種食べ比べ】パケは微妙だが中身は美味しいと評判の『レーズンラッシュ/ストロベリーラッシュ/アーモンドラッシュミルク/アーモンドラッシュカカオ70』に驚く!

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

清水 りょういち

清水 りょういち

食レポからタバコ・コーヒーなどの体に悪い系、果てはIT、経済分野までフォローする新しもの好きライター。「わかりにくいをわかりやすく」がモットー。元「月刊歌謡曲/ゲッカヨ」編集長

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック