つけ置き洗いで、しぶといガンコ汚れを撃破! 掃除嫌いのズボラ主婦が『OXIパワークリーナー』を試してみた

 

つけ置きするだけで、家中のあらゆる汚れを一網打尽にする『OXIパワークリーナー』。キッチン周りのガンコな汚れも手軽に落とせるというが、「面倒な掃除をするくらいなら、多少汚れているほうがマシ」と思ってしまうズボラ主婦(記者)でも満足できる代物だろうか?

 

酸素の力にセスキをプラス! 除菌・漂白もできるパワフルクリーナー

カネヨ石鹸株式会社(東京都荒川区)の『OXIパワークリーナー』(400g・参考小売価格 税抜498円/800g・参考小売価格 税抜798円・発売中は、衣類、キッチン周り、浴槽のタイルや小物など、家中のあらゆる汚れを落とせる有能クリーナー。

近頃、“カンタン掃除”の代名詞として良く耳にする「オキシ」とは、酸素の力でガンコな汚れを落とす酸素性漂白剤のこと。『OXIパワークリーナー』は、そこにアルカリ性のセスキを加え、さらに洗浄力を高めたという。

気になる汚れを落とす『OXIパワークリーナー』は、除菌・漂白・消臭も可能。漂白とはいえ、塩素や蛍光剤を使っていないため、色柄物にも安心して使用できるというから心強い。

ボトルタイプ(400g)

『OXIパワークリーナー』は扱いやすい400gのボトルタイプと、お得な800gの大容量タイプがあり、シーンによって使い分けが可能。

ボトルタイプを最初に使う時には、スプーンの柄などでプッシュの部分をグッと押し込む。

すると、その部分が注ぎ口となり、スライド式にフタを開閉できるように。

細やかに量が調整できるので、「ここに粉をかけたい」と汚れを狙い撃ちする際に便利だ。

大容量タイプ(800g)

一方、大容量タイプは計量スプーン付き。

一度に多めの『OXIパワークリーナー』を使う、つけ置き洗浄のシーンなどで活躍してくれるのだ。

 

溶け残りなしの瞬間発砲! 漬け置き洗いの結果はいかに…?

今回は、長いこと見て見ぬ振りをしてきたキッチン周りの掃除に着手。油汚れでガッツリ汚れた五徳と、茶渋が気になる食器類で試してみることにした。

使い方は「お湯に『OXIパワークリーナー』を溶かして漬けて、10分待つだけ」と、とてもシンプル。

このとき、当然お湯を入れる容器が必要なのだが、それすらも面倒くさい…ということで、「シンクに直接、お湯を溜めちゃえばいいじゃん!」というズボラ思考を発動。

我が家のシンクには水栓がないので、ビニール袋に水を入れ、それをフタ代わりにして対応することにした。フタにするビニール袋は、浮いてこないように空気を抜いて水を入れるといい。

洗浄したいアイテムをシンクに置いたら、計量スプーンを使って分量通り(お湯4リットルあたり30g)の『OXIパワークリーナー』を投入。

そこに勢いよく40℃~60℃のお湯を入れると、瞬間的にきめ細かい泡が発生!

実はこの泡の量も『OXIパワークリーナー』の特長のひとつ。他社製品と比べて発泡力が高く、溶け残りがないのも助かる。

さて、気になるのは10分後の洗浄結果。

お手並み拝見とばかりに覗いてみると、お湯が少し茶色くなっているのがわかる。

ワクワクしながら水で流してみると…?

おおっ、キレイ!

放置していた油汚れが、かなりこびりついていたはずなのにスッキリしている。

食器も同じようにすすいでみよう。

食器もこんなにキレイに! 五徳については汚れがヒドイところだけ軽く擦って仕上げたが、食器は水で流すだけでピッカピカ。掃除をしようと思ったら『OXIパワークリーナー』を入れる、お湯を入れる、10分待つ、完了…なんて簡単なんだ。

さらに感動したのは、思いがけずシンク&排水網まで汚れが落ちていたこと。五徳&食器の洗浄ついでにシンクまで掃除できるとは、「ラッキー!」と心躍らずにはいられない。

 

簡単だからこそ習慣に! 掃除のハードルを下げる救世主

我が家の五徳は汚れがひどすぎたために擦り洗いが必要となったが、『OXIパワークリーナー』で定期的に汚れを落とせば、この作業さえ不要になりそう。

ズボラとはいえ、やっぱりキッチンがキレイになるのは気持ちが良いもので、これなら習慣にできると嬉しくなった。

キッチンだけでなく浴槽などの水回り、洗濯、うわばきにまで使用可能!

あらゆる掃除のハードルが下がる、ズボラ主婦の救世主『OXIパワークリーナー』は、全国のドラッグストアなどで発売中。

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

中村あさか

小学生と幼稚園の息子を持つ30代。埼玉県の戸建て住まい。編集&ライター歴7年。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック