これを待ってた! 『カドリー ショルダー&コーナーカバー スリムタイプ』が赤ちゃんの抱っこひもぺろぺろ問題を解決!

 

抱っこひもをしていると、赤ちゃんが肩ひもをぺろぺろ&気が付いたらビッショリ…というのは子育てあるあるだろう。でもついに、そのお悩みを解決してくれる救世主アイテムが登場! L字形状で角舐めをブロックしてくれる『カドリー ショルダー&コーナーカバー スリムタイプ』をご紹介しよう。

 

角をしっかりガード! 新しいカタチの抱っこひもカバー

 

国内自社工場で安全性の高い育児グッズを製造する日本エイテックス株式会社(東京都千代田区)から発売されているのが、「こんなの欲しかった! ありがとう! 」と思わず言いたくなるような抱っこひもカバーだ。

第13回キッズデザイン賞受賞&日本製で安心安全!

『カドリー ショルダー&コーナーカバー スリムタイプ』(全7色・希望小売価格 税抜1,450円・発売中)のその大きな特徴は、なんといってもこれまでになかったL字の形状。

赤ちゃんってご存知のとおり、何でもかんでも舐めるのがとっても大好き。

口に触れるものなら手当たり次第にペロペロしてしまうので、抱っこひもだって例外ではない。それを防ごうと、よだれカバーを取り付ける人は多いが、惜しいことに一般的な商品は肩ひも部分だけで角まではカバーされていないのだ。

そこに目を付けて開発されたのが、今回ご紹介する抱っこひもカバー『カドリー ショルダー&コーナーカバー スリムタイプ』だ。L字形状が角部分をしっかりと覆い、赤ちゃんの角舐めによる汚れから肩ひもをガードしてくれる。

 

ホック留めでしっかりと固定するので外れる心配もなし。

表生地は吸水速乾性のある天然素材のダブルガーゼを使用しているのでよだれをよく吸収し、丸洗いも可能で洗濯後にすぐ乾くのが嬉しい。

裏生地は、はっ水性のあるナイロン素材なので、よだれが染みにくく抱っこひもへの浸透を防いでくれる。

厚みのあるタイプのものや…

細身タイプのものなど…

このようにいろいろなメーカーの抱っこひもに対応していて、手持ちのものに合わせて使えるからプレゼントとしても喜ばれそうだ。

全7色のカラーはシンプルなストライプ柄などもあるので、パパでも違和感なく使えそう!

 

もっと早く知りたかった…子育て定番アイテムに追加!

さっそく実際におためししてみた。

装着方法は簡単。抱っこひもの肩ベルト部分にカバーを裏から当て

ホックを3箇所パチンと留めるだけだ。

両方装着完了! 1分もあれば付けられるから、忙しいママには嬉しい。

正直、この商品をもっと早くに知りたかった…!

普段抱っこひもカバーだけでは肩ベルトが汚れてしまうからと、ガーゼハンカチを角にわざわざ挟んでいた苦労は何だったのだろう。

こんな風に舐められても抱っこひもはノーダメージだ。

ガーゼ生地のサラリとした肌ざわりに娘も気持ち良さそう。

もっと早く使っていたなら、きっと抱っこひも自体ももう少し綺麗に保てていたのに…と悔やまれる。汚れたらすぐに洗濯して繰り返し使えるので、衛生面でもとても安心できた。

 

抱っこひも、もう舐められても大丈夫!

赤ちゃんの抱っこひもペロペロ問題に悩んでいるお母さんにぜひ使ってみてほしい! 記者も、あるあるだよね~と一緒に盛り上がっていたママ友にこれ知ってる? ってさっそく教えてあげたくなった。

 

『カドリー ショルダー&コーナーカバー スリムタイプ』は公式オンラインストアで購入可能だ。

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

Mugi

Mugi

3歳・1歳の2人の男の子を育てる在宅ライター。食・インテリア・コスメ・子育て系のコラムをはじめ執筆ジャンルは多岐にわたる。得意なことは料理と着付け。大阪府出身。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック