あのロディアのブロックメモと同じ紙を使用したゴム留めファイル! 『ロディア エラスティックフォルダ』で賢く資料を収納しよう

 

仕事の書類にレポート用紙など、デジタル化は進めど紙の資料がなくなることはないだろう。ならば賢く収納・携帯し、いざというときに使いたいものだが、読者のみなさんは資料の収納を工夫されているだろうか。今回の記事でご紹介するのは、雑多な資料を賢くきれいにまとめることのできるゴム留めファイル、その名も『ロディア エラスティックフォルダ』である。一度使ったら、もう使う前には戻れなくなるだろう。

 

フランスでは定番の長く愛されてきた仕様! ゴム留めファイルの凄さ

クオバディス・ジャパン株式会社『ロディア エラスティックフォルダ』(A4サイズ・税込 880円/A5サイズ・税込550円/A6サイズ・税込330円・2020年7月17日発売)は、フランスの老舗文房具ブランド「ロディア(RHODIA)」のゴム留めファイルである。

シンプルな見た目とは裏腹に、その機能性はさすがロディアブランド。

ブロックメモの代名詞「ブロックロディア」と同じ用紙を使用し、同じ表面加工が施されているので、撥水・耐久性を兼ね備えている。「紙だから収納ツールとしては甘い」は『ロディア エラスティックフォルダ』の前では通用しないのだ。

厚手(400g/㎡)の紙を使っているため、バックに入れて持ち運んでも簡単にへたれたりはしない!

 

サイズに合わせた使い方! 自分にぴったりのサイズを探して

左側上から、A4サイズ(24x32cm)、A5サイズ(19x24cm)、A6サイズ(12x16cm)

『ロディア エラスティックフォルダ』に入れるメモ用紙は、せっかくならロディアのブロックメモで。

ブロックメモは用紙がきれいに1枚ぺりっと切り離せるので、ファイリングしたいときは端から切り取る。

A4サイズにはNo.18、19のブロックメモがぴったりファイリングできるのだ!

A5サイズにはNo.16のメモ、A6サイズにはNo.13のメモがちょうどいいサイズという目安があるので、購入の際はぜひご参考に。

A4サイズの『ロディア エラスティックフォルダ』は、会社や大学などで使う一般的な資料の大きさをカバーしているのではないだろうか。資料と一緒にペンなどを入れておけば使いやすそうだ。

ファイルの中に入れずに、外側にボールペンを引っかけてみてもいいかも。

エラスティックバンドは使いやすく、留めれば挟んだ資料やメモが落ちる心配はない。またクリアファイルだと中身が透けて汚く見えるが、その心配もないのが嬉しい。

留めるときはゴムを角にひっかける

記者はA6サイズに、ポストカードやチケット、レシート、ステッカー、名刺といった小さなアイテムをまとめるのに使いたいと思った。

どれかひとつのサイズに絞る必要もないので、資料や収納したいアイテムの大きさによって使い分けてみて。

 

デザイン性と利便性を兼ね備えた、ゴム留めフォルダを使ってみよう

賢く収納できる人は、きっとそのぶん生産性も上がるに違いない。『ロディア エラスティックフォルダ』は、一度使ったらもう戻れない。それは使った者にしかわからない使いやすさなのだ。

自信を持っておすすめできる収納アイテム『ロディア エラスティックフォルダ』は、公式オンラインショップおよび全国の文具店、雑貨店などで販売中。

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

タカセ

タカセ

文系出身ライター。女性ばりに美容に関心がある。読みやすい記事を書くことがモットー。

この記者の記事一覧

photo by 尹哲郎

トラックバック