【熱中症対策】いざという時の『経口補水液』飲み比べ OS-1/アクアソリタ/経口補水液 アクアサポート〜どれがおいしい?【脱水症状】

猛暑、他人事じゃない脱水タイミングに常備したい

 

人類が初めて経験するマスク越しの夏。急務なのはやはり熱中症対策だ。そこでスポーツドリンクやイオン飲料よりもより心強い『経口補水液』を飲み比べてみた。今回は薬局/ドラッグストアで買える本格的な3製品OS-1/アクアソリタ/経口補水液 アクアサポート(何回かに分けて飲める、リキャップタイプ)を、どれが一番おいしいか、検証してみた。

 

スポーツドリンクよりも深刻な時に役立つ、電解質強めの『経口補水液』は飲み方が違う!?

普段でも猛暑の夏は、気がつかないうちに脱水しており、熱中症になりやすいもの。そんな時に役立つのが、塩分の入ったスポーツドリンクやイオン飲料だ。もちろんまだ脱水症状になっていない段階では、それで脱水予防することができるので、非常に役に立つ。

 

しかしもう少し状況が悪化して、脱水症状に移りつつある段階では、「病者用食品」とされることもある『経口補水液』があると安心だ。熱中症だけでなく、発熱や胃腸炎・下痢による脱水症状にも良いとされるので、冷蔵庫に1本入れておくと安心である。

スポーツドリンクやイオン飲料と何が違うかというと、その電解質(イオン)の量とナトリウムやカリウムなどのミネラル量の多さ。水分補給としては理想的だが、健康な人間ががぶ飲みするようなものではないので注意。

 

基本的にはちびりちびりとゆっくり飲む。まあその前にスポーツドリンクなどのようにおいしくないことも多いので、そんなに勢いよく飲めないというものでもあるが。

 

それでは今回は、ドラッグストア/薬局で買える3製品に絞って飲み比べしてみたい。

 

 

大塚製薬工場『OS-1 オーエスワン PETボトル』
あれ、以前と違っておいしくなってる!?

主な原材料は、ブドウ糖(国内製造)、果糖、食塩など。甘味料はスクラロース。栄養成分は一本あたり、エネルギー50kcal、炭水化物12.5g、食塩相当量1.46g(ナトリウム575mg)など

経口補水液のスタンダードとして君臨する大塚製薬工場『オーエスワン(OS-1)PETボトル』(500ml・実勢価格 税込205円・発売中)。これは「病者用食品」に分類されるもので、軽度から中等度の脱水状態の人の水・電解質を補給・維持するのに適している。


感染性腸炎、感冒による下痢・嘔吐・発熱を伴う脱水状態、高齢者の経口摂取不足による脱水状態、過度の発汗による脱水状態等と明記されているのも特徴だ。

キャップをひねるとイオンドリンクのような爽やかな香り。飲むと、程よい塩分入りの水という味だ。実にからだに浸透しそうな味である。っていうか、え、こんなに飲みやすかったっけ!?

かつて記者が暑い日に飲んだ時には、全然違った。いつの間にか進化している…。まあ「ポカリスエット」登場時も、とんでもない味のものだと思ったが、いつの間にかおいしいドリンクになっていたわけで…。これならスポーツドリンクを飲み慣れてる人なら問題ないだろう。普通においしい。

公式サイトはこちら

味の素『アクアソリタ』
青りんご風味で甘みは強め

主な原材料は、砂糖、ぶどう糖、食塩など。甘味料はアスパルテームほか。栄養成分は一本あたり、エネルギー35kcal、炭水化物9g、食塩相当量1.0g(ナトリウム400mg)など

 

味の素『アクアソリタ』(500ml・実勢価格 税込192円・発売中)は、飲みにくさに対してりんご風味でアプローチ。りんごはりんごでも青りんご。生後3ヶ月以降の乳児から飲めるという。開栓後は冷蔵庫に保管し、早めに飲む必要がある。

3本共に、目盛り付き!

実際に飲んでみると、甘みがグンと強い。そこに塩分の圧が加わり、なかなかに飲みにくい印象。

もちろん飲める範囲ではあるが、健康体で飲むのにはちょっと厳しいかもしれない。

公式サイトはこちら

明治『経口補水液 アクアサポート』
甘くない方が良いなら

主な原材料は、ぶどう糖、食塩/酸味料など。甘味料はスクラロース。栄養成分は一本あたり、エネルギー45kcal、炭水化物は11.5g、食塩相当量1.46g(ナトリウム575mg)など

 

こちらもりんご味で仕上げている、明治『経口補水液 アクアサポート』(500ml・実勢価格 税抜148円・発売中)。『アクアソリタ』が甘すぎると感じた人はこちらがおすすめだ。


香りはほのかな赤りんご。飲んだ途端に塩分の圧を感じる。ちょっと飲みにくい。甘みは少ないのだが、酸味は際立っているのが特徴だ。諸手を挙げておいしいとは言えないが、効きそうな味だと思う。


公式サイトはこちら

おいしくないのは健康な証拠!?

飲み比べた結果、おいしい順から、OS-1→アクアサポート→アクアソリタという順だった。ただ記者の経験上、具合が悪い時に飲むと、この味がおいしく感じるものでもある。苦手なはずだった味が、体内に染み込んでいくように、不思議とおいしく感じてしまうのだ。

 

 

そもそも経口補水液自体、おいしさで選ぶというのは違う気もするし…。

 

普段のドリンクというよりも、やはりいざというときの助け舟として、冷蔵庫に常備しておくと安心なドリンクだと思う。

 

入手は薬局・ドラッグストア、一部スーパーなどで可能だ。

 

 

あわせて読みたい:【熱中症対策】夏の塩分補給特集〜リセットうめグミ/アイスボックス塩タブレット/三ツ矢塩ライチタブレット/スポーツドリンク 0kcal/イオンウォーター

あわせて読みたい:【熱中症対策特集】おいしくて飲みやすく、塩分をしっかり摂れる『美味しいフルーツ味の熱中症対策ウォーター』大集合!

あわせて読みたい:【なめて助かる熱中症対策】酷暑向けキャンディー&タブレット2018年おすすめ3『梅と塩』『応塩飴』『inタブレット塩分プラス』

あわせて読みたい:“熱中症対策に適した経口補水液はまずい”という今までの常識を覆す『アクエリアス 経口補水液』が待望の登場!

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

清水 りょういち

清水 りょういち

食レポからタバコ・コーヒーなどの体に悪い系、果てはIT、経済分野までフォローする新しもの好きライター。「わかりにくいをわかりやすく」がモットー。元「月刊歌謡曲/ゲッカヨ」編集長

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック