【マスク用ストラップ】マスクの置き場所に困ってない?『MASQ(マスキュ)』ならマスクあるある問題を一挙に解決!

 

日常的にマスクを着用するようになってからというもの、取り扱いに困っていないだろうか。外食時の置き場所だったり耳が痛くなったりなど、細かいところでストレスを感じてしまう。そこで、これらの悩みを解決してくれるというサンリーブのマスク用ストラップ『MASQ(マスキュ)』である。

 

男女兼用のファッションデザイン。場所を選ばず使いやすい

突然だが記者はかなり困っている。新しい生活様式の提言によってマスクを日常的に着用するようになってから、外食する際にマスクをどこに置けば良いのかと考えてしまうのだ。マスクに菌が付着しているかもと考えると無闇にテーブルには置けないし、かと言って鞄やポケットに入れるのも衛生的になんだかモヤモヤする。

写真はスタンダードタイプのクリップ

困りごとはまだまだあって、長時間付けていると耳が痛くなるし眼鏡との相性は最悪。有線イヤホンともケンカしがちだ。そのあげく、外したマスクをお店に忘れてくるなんてことも既に何度も経験した。

マスク×眼鏡×有線イヤホンの同時使用にまいっている人も多いはず

どうにか解決する方法はないものかと悩んでいたときに見つけたのが株式会社サンリーブ(福井県鯖江市)の『MASQ(マスキュ)』(1個入り・希望小売価格 税抜700〜800円・発売中)。眼鏡フレームの開発・製造を行うアイウェアメーカーが考案したマスク用のストラップだ。

同社が取り扱っている眼鏡ストラップを改良したもので、先端のフック(またはクリップ)でマスクの紐とワンタッチで連結して使用するというもの。さらにストラップのコード長さを調整できるので個人に合わせたカスタマイズが可能だ。

これを使えば、飲食の際に首にかけられるので置き場所に困らないし、衛生的にも気にならないというわけ。もちろん忘れて帰ったり落とす心配もないから安心だ。ストラップをキュッと短くすれば、耳にかけずにマスクを装着できるので耳の痛みを回避することもできる。シンプルながら、様々な可能性を感じる商品だ。“キュッと”は商品名「マスキュ」の由来でもあるそうだ。

 

実際に着けて1日生活してみた

マスクにストラップを付けることでどれほど快適になるのか、実際にマスクに取り付けて生活をしてみた。マスクの紐への連結は特に問題なし。一般的に出回っているパーツなのでストレスなく取り付け完了。

耳にかけても普段と着け心地は変わらない。フック(クリップ)が耳に当たって痛いのでは? と心配だったがうまく避けてくれる。『MASQ』の重さもとても軽いので長時間つけていても負担には感じなかった。

落下防止にも活躍

飲食時にはマスクの紐を耳から外すだけ。ストラップを調整すれば邪魔にもならないし想像以上に快適だ。置き場所に困らないだけで気楽になれるとは思わなかった。

ラーメンや蕎麦などは汁が飛び散らないよう、ぐるっと後ろにまわそう

ストラップの長さはちょうどいい使いやすさに設計されており、実際に使っていても過不足を感じることのないジャストサイズ。

就寝時にマスクをつけたい人にもおすすめ

耳にかけたくない時は短くすればOK。耳の下に通して後頭部付近でストラップをキュッと絞ればよいだけだ。当然耳への圧迫感がないので長時間つけていても痛みは全くなし。眼鏡やイヤホンに引っかからないのでストレスフリー。アイテムひとつでこんなにも快適になるとは思わなかった。

スタンダードタイプ

 

ラインナップは「スタンダード」と「フィールド」の2タイプ。スタンダードタイプは、オフィスや学校、自宅など場所を選ばず男女共に普段使いしやすいシンプルデザイン。

 

 

 

 

フィールドタイプは、アウトドアを感じさせる各パーツがトレンドのアウトドアスタイルにもマッチするデザインとなっている(全8色)。フィールドタイプはフック仕様、スタンダートタイプはクリップ仕様で展開中。

 

楽天市場、Yahoo!ショッピングほかで販売中だ。

 

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

森脇 学

森脇 学

20代男性。工学系出身ライター。食品・工学・アニメ・漫画と幅広い知識を活かして執筆中。関東住まい。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック