【自販機限定】だしと醤油の香りが食欲をそそる!『プリングルズ「関東だし醤油ラーメン味」』は心安らぐ美味しさ

海外でもソウルフードと認知が高まっているラーメンが新フレーバーとなって登場!

 

筒状の缶に入った成型ポテトチップスの代表ブランド「プリングルズ」より、オリジナル自動販売機限定フレーバー『プリングルズ「関東だし醤油ラーメン味」』が新登場! ふたを開けると立ち上る香りはまさに本物ラーメンそのもの。くぅ~、これは食欲をそそる!

 

プリングルズのオリジナル自動販売機に待望の限定フレーバーが登場!

大きなひげがトレードマークのMr.Pが目印の「プリングルズ」は、世界140か国以上で愛されている成型ポテトチップス。

日本では1994年から販売されており、定番の「サワークリーム&オニオン」や「うましお味」など様々なフレーバーが発売されている。

スーパーマーケットやコンビニなど、全国の販売店で購入できる「プリングルズ」だが、実はショッピングモールや映画館などに設置されたオリジナル自動販売機でも購入できることをご存じだろうか。

世界初のプリングルズ専用自販機

ただの自動販売機ではなく、1回200円でルーレットの出目によって53gのショート缶タイプが1~3個獲得できる遊び要素が加わっている。

ちなみに同サイズの「プリングルズ」は120~130円ほどで売られていて2個以上出ればお買い得。これはトライするしかない!

これまでは定番のフレーバーを取り扱っていたのだが、この度日本ケロッグ合同会社(東京都千代田区)から自動販売機限定フレーバー『プリングルズ「関東だし醤油ラーメン味」』(53g/個・200円/回※1缶~最大3缶・2020年7月27日発売)が新登場する。

 

濃厚な魚介のだしの香りと醤油の香りが食欲をそそる!

ラーメン系フレーバーは、2018年10月以来の約2年ぶりの発売。今回は関東ならではの醤油ラーメンの味わいをベースとしているようだが、果たしてどのように仕上がっているのだろうか。

パッケージはチップと醤油ラーメンをメインに、ラーメン屋を思わせるのれんをぐるりとデザイン。背景には東京のランドマークがシルエットで並んでいる。

1個あたりのエネルギーは282kcal、糖質は約50.8g

ワクワクする気持ちを感じながらいざ開封、そしてひと嗅ぎ。

期待を上回る濃厚な魚介のだしの香りと醤油の香りが広がっていく。香りだけでわかるその力強さは、関東だしならではの印象。これは確かに食欲をそそる。

パリッと軽快な音を鳴らすと、香りから受ける印象とは違う安心する味わい。

確かに魚介だしや醤油の味がするのだが、そこにポテトの甘味が加わったことでホッとさせてくれる。後から鼻を通るだしの香りも格別だ。

スナック菓子ならもっと濃厚で塩分の効いた味にしても良いのでは、とも思うが関東のラーメンらしい味という意味ではぴったり。ホッと一息つきたいとき、出汁の優しい味わいを楽しみたい人におすすめだ。

「プリングルズ」オリジナル自動販売機はショッピングモール、アミューズメントパーク映画館、百貨店など全国1,000箇所以上で展開中。

 

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

森脇 学

森脇 学

20代男性。工学系出身ライター。食品・工学・アニメ・漫画と幅広い知識を活かして執筆中。関東住まい。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック