夏に食べたい簡単和スイーツ! サクラ印『黒みつ』で豆乳パンナコッタを作ろう!

サクラ印ならでは!はちみつ・オリゴ糖入りの黒みつで和スイーツを楽しもう!

 

はちみつ・オリゴ糖入りのサクラ印『黒みつ』は、美味しいだけでなく使いやすい容器も特徴。お菓子作りや、料理にも使える便利な甘味料だ。今回は、ひんやりスイーツが食べたくなる季節にぴったりの、おうち時間に簡単に作れる『黒みつ』を使った「豆乳のパンナコッタ」を作ってみよう!

 

沖縄産の黒糖、はちみつ&オリゴ糖入り

株式会社加藤美蜂園本舗(東京都台東区)はサクラ印のハチミツでおなじみの会社。そのサクラ印から発売されている 『黒みつ』(200g・オープン価格※実売 税込348円・発売中)は、沖縄産の黒糖をベースに、はちみつも入っている黒みつ。

コロンとしているボトルは、手にフィットしやすく、安定感があり持ちやすい。

和なイメージのある『黒みつ』だが、ホットケーキやアイスクリーム、珈琲やヨーグルト、そして料理にと幅広く使える甘味料でもある。

イソマルトオリゴ糖は、特定保健用食品

オリゴ糖も入っており、食物由来のイソマルトオリゴ糖を使用している。でんぷんを原料とする糖質で、ビフィズス菌を増やして腸内環境を整える働きがある。砂糖よりもエネルギーが低いので、カロリーが気になる時の甘味料としてもおすすすめだ。

注ぎ口も工夫されていて、ミツ切れの良い容器になっている。ピタっとミツが切れるから、キャップ周りがべたつくことがなく作業しやすいのがいいところ。

また、とろみのある黒みつが一度にたくさん出ることはなく、量の加減もしやすい。

黒砂糖の他に、はちみつも加わったサクラ印の『黒みつ』は奥深いコクとまろやかさが美味しい。シロップ状なので混ぜやすく、お菓子作りだけでなく料理にも活用しやすい。

 

すぐに作れる!簡単和スイーツ「豆乳のパンナコッタ」を作ろう

パンナコッタはイタリア発祥の洋菓子。イタリア語で「調理したクリーム」という意味。生クリームを使って作るのが一般的だが、今回は豆乳であっさり風味に作ってみよう。

 

用意した材料

  • ゼラチン 5g
  • 豆乳 200ml
  • きび砂糖 30g

ゼラチンを50mlのお湯に加えて、ふやかしておく。

豆乳にきび砂糖を加えて、温めながら溶かしていく。豆乳は調整豆乳を使用。

甘みにはきび砂糖を使っているが、三温糖やてんさい糖などお好みの砂糖を使ってみて。豆乳が温まり、砂糖が溶ければOK。沸騰させないように温めよう。

ふやかしたゼラチンを加えて、火を止めよう。

器に注いで、冷蔵庫で2~3時間冷やし固める。

最後にサクラ印『黒みつ』をかけて、出来上がり!

豆乳の柔らかい味わいに、『黒みつ』のコクをプラス。

とろりとなめらかな食感に、とろりとした『黒みつ』の優しい味わい。上品な甘さが美味しい和スイーツだ。

食後のデザートやおもてなしにもぴったり。

きな粉やバニラアイスクリームをトッピングすれば、さらにスイーツ感が増すはず。

『黒みつ』は開封したら冷蔵庫で保存。冷蔵庫に入れても、固まったりせずにとろみのあるままいつでもサッと使える。アイスクリームやかき氷のシロップとして『黒みつ』をかけるのもおすすめだ。

全国のスーパーやドラックストアなどで販売中。

 

あわせて読みたい: サクラ印『黒みつ』を使って簡単お菓子作り! 黒みつきなこバナナ揚げ春巻きを作ろう!

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

蘭 よう子

蘭 よう子

商品開発やレシピ開発に携わる。ライター歴14年。カメラマンも兼任。アートワークや料理が得意。文具やアート、デザインの分野にてインストラクター経験もある。千葉県出身。

この記者の記事一覧

photo by 蘭よう子

トラックバック