【ダイエット・エナドリ】無糖強炭酸ジンジャーエール!? 『サントリー天然水SPARKLE ジンジャー&カフェイン』で辛活!【カロリーゼロ】

辛さで一気に目を覚ますエナドリ感!

 

もうひと頑張りしたい時、コーヒーはもう十分だけど、カフェインでスキッとしたい。そう思ったことは無いだろうか。そんな時に嬉しい、無糖なのに飲みごたえと強刺激が楽しめる炭酸水がサントリーから新発売。『サントリー天然水SPARKLE ジンジャー&カフェイン』は、辛味と独自スパイスで、頑張る人を応援してくれる“嗜好性無糖炭酸水”だ。

 

午後のもうひと頑張り!を後押ししてくれる“嗜好性無糖炭酸水”

健康志向の高まる中、無糖炭酸水は人気上昇中。記者もただ単に水を購入するのなら、無糖炭酸水の方が良い。しかし無糖炭酸水だけでは疲れてくると物足りない、もっと味があるものが飲みたい、と思ったことは無いだろうか。

 

そんなニーズから、2018年に発売した「サントリー 南アルプス クラフトスパークリング 無糖ジンジャー」は、高知県産ジンジャーを使用し“もうひと頑張りしたい時”に気合が入ると人気の無糖炭酸水。今回、高知県産ジンジャーとコーヒー由来カフェイン使用し、更に嗜好性を高めた『サントリー天然水SPARKLE ジンジャー&カフェイン』(500mlPET・希望小売価格 税抜150円・2020年6月9日発売)が登場した。

 

高知県産ジンジャーならではの辛味と独自スパイス、強炭酸による爽快な刺激で、無糖なのに飲みごたえのある味に仕上がっている。もちろんカロリーはゼロ。カフェインは75mgと、ブラックコーヒー1杯相当を含んでいる。気分をスッキリさせるためにカフェインを摂取したいが、口の中がもったりするので、もう飲みたく無いという時にちょうど良い。これなら午後からの踏ん張り時にぴったりだ。

 

辛い?苦い?スッキリするのに嗜好性『サントリー天然水SPARKLE ジンジャー&カフェイン』

ゴールドを基調としたパッケージの後ろから、『サントリー天然水SPARKLE ジンジャー&カフェイン』が透けている。全体的にゴールドでまとまっていて、強い日差しのような印象だ。

 

キャップをひねると、プシュっと小気味良い音と、ジンジャーエールの濃い香り。そのまま一口飲むと、ジュワッと炭酸が口いっぱいに弾ける。バチバチというよりは、ブワッと広がるような強炭酸。香りはややジンジャーエールの甘さがあるのに、味は全くの無糖で甘味は無い。むしろ辛めだ。ほんのり苦味があり、香りになって抜ける。

 

原材料を見るとモルトエキス。苦味のような風味に納得

 

しかし、嫌な辛さや苦味では無い。漢字で生姜と書く方が適しているような、ドライでスパイシーな味。無糖なので当然だが、舌に甘味が残らないので、飲んでもスキッとしている。これなら口の中がべたっとせずに済む。

 

グラスに注ぐと、細かい金の気泡とジンジャーエールの香りがたつ。香りだけでもリフレッシュできそう!

 

グラスを使用しなくても、ボトルキャップを開けるたびに良い香りが持続する。ペットボトルのままデスクに置きっ放しで、常温になるとやや風味を強く感じるが、スッキリ感は変わらない。仕事のお供に置いていても、問題なく飲める。シャキッとカフェインで目が覚める、とまではいかないがリフレッシュできそうだ。

 

夕方の作業等でコーヒーが重くなってきたら、『サントリー天然水SPARKLE ジンジャー&カフェイン』に切り替えてみてはいかがだろう。

 

購入は全国のスーパー・コンビニなどから可能。

 

あわせて読みたい: 「キリンレモン」なのに無糖!? 『キリンレモン スパークリング 無糖』はどんな味?【糖質ゼロ/0kcal】

あわせて読みたい:【#甘くないレモン】ゼロカロリー無糖果汁入り炭酸『キレートレモン無糖スパークリング』を飲んでみた!

あわせて読みたい:無糖ゼロカロリー、でも甘い!『モンスター ウルトラパラダイス』で乗り切れ猛暑【ダイエット】

あわせて読みたい:【ノンアル】ビールテイスト『キリン グリーンズフリー』はソーバーキュリアス時代の飲み方改革を目指す!

 

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

玉恵

造形デザイン・カメラマンを経てライターに転身。ライター歴7年。好奇心旺盛でとにかく食いしん坊。北海道のド田舎出身。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック