マヨネーズを混ぜても美味しい!『もろキュウ花も 73g』で、夏のさっぱりおつまみの出来上がり!

 

もろキュウのために作られたブンセン『もろキュウ花も 73g』は、生姜と柚子の香りが心地よいもろみみそ。同社の醤油製造技術を生かして旨味を最大限引き出しているのだ。冷やしたキュウリにつけて食べればお酒のおつまみにもぴったり! その味わい、確かめてみよう。

 

生姜と柚子をブレンド! 清涼感があってどんどん食べれちゃう

夏に旬を迎えるキュウリ。今では通年で手に入るためありがたみが薄いが、実は成分に含まれるカリウムや水分の効果で身体を冷やすといわれる夏にぴったりの野菜だ。エアコンのない時代にはキュウリを食べて暑さをしのいでいたとも言われている。

とはいえ、ただ冷やしたキュウリをボリボリと食べるのは味気ないだろう。

そんな時はブンセン株式会社(兵庫県たつの市)から発売されている『もろキュウ花も』(73g・発売中)をつけてもろキュウにして食べてみるのはいかがだろうか。

『もろキュウ花も』は、同社の醤油製造技術を生かした、もろキュウのためのもろみみそ。焙煎大麦と大豆を長期発酵・熟成させて引き出された旨味と独特の香りがキュウリと相性ばっちりなのだ。

むろんそれだけではない。さらにさっぱりとした風味にするために生姜と柚子をブレンドしたオリジナル配合となっている。

一般的なもろみみそでもしょっぱさと旨みが美味しいが、さらに一段上の味わいを引き出してくれるというわけ。

 

キュウリの食感を邪魔しないほどよくつぶれた大麦や大豆がよく馴染む味。

しょっぱさは控えめで、その分生姜と柚子のキュッとした酸味がスーッと清涼感として感じられるのは『もろキュウ花も』ならでは。

 

水分、食感、そして爽やかな香り。まさに今の季節にぴったりの逸品。お酒のおつまみにも合うこと間違いなしだ。

また、『もろキュウ花も』は適量を直接出せる特殊なパックなので、開封するだけですぐに使えるのも魅力的なポイント。スプーンを使ってお皿に移す必要がないから洗い物も増えない。これは地味ながら大変ありがたい。

チャックやふたがないけど使い切りなの? と、勘のいい人は心配するだろう。

このパッケージには再封できる「とめゾウ」という機能が付いているので安心してほしい。開け口を差し込んで再封するので、ある意味チャックよりも手軽に封ができる。とはいえ、密封ではないので早めに食べてほしい。

 

ちょい足しアレンジで味変&もろキュウ以外の食べ方も!

 

途中で味変をしたい人はマヨネーズと混ぜてみてほしい。

『もろキュウ花も』とマヨネーズを混ぜればまろやかで酸味のある味わいに

生姜や柚子の香りは感じにくくなるが、まろやかさと旨みが倍増して濃厚な味わいが楽しめるはずだ。

 

 

 

もろみみそはその高すぎる知名度からか、もろキュウ以外の食べ方がほとんど知られていない。余った『もろキュウ花も』をどうやって処理しようとお困りの方はぜひあったかいご飯や豆腐にかけて食べてみてほしい。お茶漬けにしてもOKだ。

 

お近くのスーパーまたは、公式オンラインショップ「ブンセン卓配便」などで販売中。

 

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

森脇 学

森脇 学

20代男性。工学系出身ライター。食品・工学・アニメ・漫画と幅広い知識を活かして執筆中。関東住まい。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック