素材を活かしたフルーツゼリー『国産果実の果樹園倶楽部』で、とっておきのデザートタイム!

 

まだまだ油断ができない日々が続いている今、おうち時間の楽しみといえばやっぱり“おやつ”。『国産果実の果樹園倶楽部』は、国産果実だけを使ったみずみずしいフルーツゼリー。葡萄に白桃にさくらんぼ…彩り豊かなデザートで、至福のひとときを堪能しよう!

 

大きめカットの国産果実入り!ラインナップは全7種

株式会社メリーチョコレートカムパニー『国産果実の果樹園倶楽部』(8個入・税別2,000円・発売中)は、国産の果実だけを使ったフルーツゼリー。大きくカットした果実をゼリーに閉じ込めた、贅沢なデザートだ。

果実のラインナップは、パイナップル、葡萄、伊予柑、白桃、さくらんぼ、洋梨、林檎の全7種。

箱を開けると、それぞれジュエリーのように美しく、“どれから食べよう?”とワクワクする。

 

素材を活かす自然な甘さ!お酒不使用でお子様&ご高齢の方にも

目をキラキラさせる子どもの隣で、記者は「伊予柑」から試食。スプーンで口に運ぶと、フルーツの香りと自然な甘さが広がり、ゼリーのなめらかな舌触りが快い。

そして果肉! 伊予柑が一房まるごと入っており、伊予柑特有の酸味の中にちょっぴりの苦味と粒々食感など、素材がそのまま味わえる。フルーツのシロップ漬けにありがちな“甘ったるさ”がなく、ゼリーの優しい甘さとマッチする爽やかさだ。

「洋梨」を選んだ子どもも、「おっきい洋梨が入ってるよ!」と興奮気味にペロリ。あやうく完食される前に味見してみると、こちらも洋梨ならではのシャキッとした食感と甘さ。

 

甘すぎるゼリーを毎日のおやつにするのは少し抵抗があるが、『国産果実の果樹園倶楽部』は安心して与えられることがとても嬉しい。

その後、数日にわたって全7種類のゼリーを堪能した我が家。ジューシーで大粒の「葡萄」、厚みがあって歯ごたえもクセになる「パイナップル」、想像を超えるビッグサイズの果実が入った「白桃」、果肉本来の甘さが感じられる「さくらんぼ」、小さめカットで一口ごとに果実の食感が楽しめる「林檎」。

 

どのゼリーも、なめらかな口当たりと果実の味を存分に楽しむことができ、「フフフッ」と込み上げる幸福感。また、ふだんフルーツを食べる機会の少ない家庭でも手軽に味わえるのも『国産果実の果樹園倶楽部』の魅力だと感じた。

さらに『国産果実の果樹園倶楽部』はお酒を使用していないので、子どもはもちろんご高齢の方もおいしく味わうことができる。

 

それぞれ素材の特長を活かしたフルーツゼリーは、高品質ながらもホッとする味わいで、おやつや食後のデザートにぴったりだ。

 

常温保存OK!いつでも癒やしのデザートタイムを

『国産果実の果樹園倶楽部』は常温保存でき、日持ちも長いので、常備しておくおやつにも最適。食べる量だけ冷やせばいいので、冷蔵庫の場所をとり続けることもない。

ここだけの話、ズボラな記者にとっては“皮を剥く”ことなく、フタを開けるだけでみずみずしい果物が食べられるというのも、ありがたき幸せ…!

目まぐるしい日々の中、ホッと心を癒やしてくれるちょっと贅沢なフルーツゼリー。自身のデザートとしてはもちろん、なかなか会うことができなかった大切な人への贈り物にもおすすめだ。

 

購入は、公式オンラインショップで。

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

中村あさか

中村あさか

小学生と幼稚園の息子を持つ30代。埼玉県の戸建て住まい。編集&ライター歴7年。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック