【夏マスク】ニオイを防ぐ天然抗菌『竹タオルマスク』はふんわり優しいつけ心地【タオルマスク】

夏にうれしいタオル系マスク

 

新型コロナウィルスが猛威を奮い、マスクの需要が衰えない。これからは、洗 って繰り返し使えるマスクが必需品になりそうだ。布製品のスペシャリストから、抗菌・消臭・速乾に優れた『竹タオルマスク』が発売中だ。竹繊維でできていて、天然の抗菌作用がある洗えるマスクの使い心地をリサーチしてみたい。

 

柔らかタオル素材で気持ちいい『竹タオルマスク』は蒸れても不快感ナシ!

株式会社ロマン(大阪府)は、ハンカチーフ・ミニタオルなど繊維製品などを主に扱い、創業46年を迎える刺繍・布帛製造メーカー。国内外の繊維に精通し、海外ブランドのハンカチを手がけた実績もある布のスペシャリストだ。

 

同社が発売する『竹タオルマスク』(約W21cm×H13.5cm布製・JR東日本のエキナカコンビニ NEWDAYS(ニューデイズ)にて実勢価格 税込880円・発売中)は、竹繊維のタオルを使用した布マスク。抗菌、消臭、速乾に優れ、洗濯して複数回使用できる。竹の特徴である天然の抗菌作用で、ニオわず清潔を保つことが可能だ。

 

表はタオル生地で、バンブーレーヨン68%綿32%の素材。

 

軽く優しい手触り

触るとふんわりとして柔らかく、気持ちが良い。

 

裏生地はガーゼで綿100%。肌の弱い人でも安心して使える素材だ。

 

パッケージには”ふつうサイズ”と記載があるが、耳にかけると顎全体をすっぽりと覆い隠すサイズで、顎や頬の隙間はない。ガーゼの優しい付け心地。しかし、記者は小顔と言われるタイプではないので、ぴったり覆われたが、小柄な女性にはやや大きそう。男性でも使えるサイズ感だ。

 

鼻の部分が立体的になっているので、当たっても締め付けられている感じは無い。

 

眼鏡をかけていると、吐く息で下のレンズ部分だけ一瞬曇る。鼻の脇には少々隙間が出来ているようだ。

 

マスクには付きものの蒸れだが、『竹タオルマスク』も息を吐くたびに若干蒸れる。しかしタオル素材なので、湿気がじっとりと皮膚に纏わり付く感じはない。使い捨てマスクは、湿気が溜まり不織布が皮膚にぺったり張り付くことがあるが、『竹タオルマスク』は蒸発が早いのか不快感がない。ニオイが気になることもなく、帰宅時まで過ごすことができた。

 

耳のゴムは細いタイプだったが、柔らかく、ゆったりサイズで数時間使用しても痛くならない。締め付けない優しい付け心地なので、年配の方にも良さそうだ。

 

分厚さは無いが、ミニタオル位のボリュームはある。今の時期涼しいかと言われたら微妙なところだ。しかし、タオルとガーゼの素材なので、汗を掻いても吸収されるのは利点。マスクを外した後の肌が、べったりと湿気ることが無いのが良い。

 

使用後は中性洗剤で手洗いし、陰干しして乾かせば、繰り返し使える。きちんと水を切れば、一晩で乾いていた。洗っても手触りが目立って変化していない。何度も何度も洗えばゴワつくかもしれないが、数回洗っても手触りは柔らかかった。

 

マスク需要の高さから、様々なマスクが販売されている。使いやすさ、デザイン、機能…マスク旅人になることも多いだろう。『竹タオルマスク』はその白さからも、見た目の印象が清潔だ。接客など身なりに気をつけなくてはならない人にもオススメだ。

 

購入はNEWDAYS他、楽天市場などのオンラインショップなどからも可能。

 

あわせて読みたい: 【衣類用冷感スプレー】手持ちマスクを冷感マスクに!? 『熱中対策 シャツクール 冷感ストロング/フローラルソープ』【夏マスク】

あわせて読みたい: 【マスクにも】自分もマスクもいい香りに!『ノーズミント ロールオン 衝撃ミントの香り/シトラスミントの香り』でコロコロスースー

あわせて読みたい: 頭を冴えさせたい受験生及び、年がら年中鼻づまり民の味方! マスクにも使えるクールなミントスティック『ノーズミント(NOSEMINT)3色カラーセット ドンキホーテ限定』!

あわせて読みたい: 息苦しくないマスクの決定版『PITTA MASK(ピッタ・マスク)』が、ブラックマスクの上を行くネイビー、カーキ及び、ガーリーなピンクアソートなどおしゃれカラーを追加!

あわせて読みたい: ミントとベリーの香りでシャキッと爽快! 女性向け小さめサイズ『エアスペース フリスクマスク ベリーミント 3枚入り』!

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

玉恵

玉恵

造形デザイン・カメラマンを経てライターに転身。ライター歴7年。好奇心旺盛でとにかく食いしん坊。北海道のド田舎出身。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック