ローソン『マチカフェ チーズティー』を味わった!【新感覚スイーツドリンク】

このうれしいお土産感!

 

Instagram方面を中心に新感覚のおいしさがブームを呼んでいるチーズティー。つまりチーズ紅茶。そんな流行を取り入れた『マチカフェ チーズティー』がローソン・カウンターにも登場したので、注文してみた。

 

紅茶にチーズを入れてどうなるの!? もちろん入れるのは固形でなくて、フワフワのフォームです!

ローソンの淹れたてコーヒーブランド「マチカフェ」。いわゆるMACHI café 導入の店舗(13,400店:2020年5月末時点)で作るタイプのコンビニカウンターコーヒーである。もちろんコーヒーだけではなく、紅茶もある。

今回紹介するローソン『マチカフェ チーズティー』(1杯・標準価格 税込350円・2020年6月16日発売)はそうした、カウンターで注文して楽しむタイプのバリエーションアイスティーだ。

 

どうりでチルド商品の棚を探しても見つからないはずだ。

 

小洒落た都会のお土産感あふれる紙バッグに入れられた専用チーズフォームと氷の入ったアイスティー、タピオカミルクティー用の太いストローのセットになっている『マチカフェ チーズティー』。さっそくテイクホームして飲んでみたので、その味をレポートしたい。

片方は普通のアイスティー。もちろんそのまま飲んでもおいしい無糖で色の濃いタイプ。一瞬アイスコーヒーと間違えられたかと焦ったが、飲んだら紅茶だ。


もう一つがカウンターの奥の冷蔵庫から出てきた「チーズティー用チーズフォーム」。これを開封前に10〜15秒強くふって、フォーム状態にする模様。あとはフタをめくって、先ほどのアイスティーにゆっくりと注ぎ込む。


そのままの状態だと、まさに水と油。一切混じり合わない二層構造になり、美しい。念のためフワフワのチーズフォームのみをストローで吸い込んだら、甘くておいしいチーズ風味の柔らかめクリーミー。


では混ぜながら飲んでいく。軽く混ぜる程度だと、味に変化が少ない。きちんとグルグル溶かすように混ぜると、アイスティーが合体して、世にもマイルドな紅茶味のチーズミルクという仕上がりに。


不思議とおいしい。ただフォームが薄まった分、甘みは控えめ。甘党な人は店頭でガムシロップをもらっておいた方がいいかも。それでもロイヤルミルクティーのチーズ方向に舵を切ったこの味わいは、独特、新感覚。カロリー247kcal。

まだ飲んだことのないチーズ好きの皆さんはぜひためしてみたい!

全国のMACHI café 導入のローソン店舗で入手可能。

 

あわせて読みたい:『ローソン・今週の新商品』祝3周年!GODIVA監修の新作チョコスイーツ2種類が新登場

あわせて読みたい:【リモ飲みおつまみ】パッケージ賛否両論で話題! ローソンPBおつまみ3選『北海道産つまみ鱈/おつまみチキン 炭火焼鳥味/やわらかあたりめ』【食べ比べ】

あわせて読みたい:【ローソン】コンビニもウーバーイーツする時代へ〜ランキングデータから見えてきた傾向とは?【おたナビ市場分析】

あわせて読みたい:売れ筋ランキング「ローソン チルド弁当編 TOP5」

 

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

清水 りょういち

清水 りょういち

食レポからタバコ・コーヒーなどの体に悪い系、果てはIT、経済分野までフォローする新しもの好きライター。「わかりにくいをわかりやすく」がモットー。元「月刊歌謡曲/ゲッカヨ」編集長

この記者の記事一覧

photo by 清水葉子

トラックバック