コロンビア『Japan Craft Products』シリーズは「紙」の力で日本の気候に適応! そのサラリとした着心地をジャケットで“おためし”してみた!

 

高品質な総合アウトドア・スポーツウェアブランド『Columbia』(以下、コロンビア)から、日本の蒸し暑い季節を快適に過ごすための新しいシリーズが登場した。その名も『Japan Craft Products』シリーズ。古来からの日本の知恵である「紙」の力を活用したファブリックを使用したウェアだが、今回は、その中からスプリングサマージャケットの「ツキャノンアイル ジャケット」を、さっそく“おためし”してみた。

 

軽い! そして肌に直接着たい感触

襖や障子に使われる和紙が、部屋の湿度を吸うことで室内の快適さを維持する感覚。これは日本人だけが持つDNAなのだろうと思う。その感覚をウェアのファブリックに活かすという発想は、とても興味深いものがある。

今回、一切の予断なしで初めてこのジャケットを手にしたときに、その軽さと同時に、何とも言えないナチュラルな生地の肌触りに驚かされた。柔らかいのにコシがある。素肌に直接着てみたくなるような感覚。それが『Japan Craft Products』シリーズの、紙の力を活用したファブリックなのだ。

クリーニングタグを見ると、「綿53% 分類外繊維(紙)47%」と書いてある。確かに、生地の約半分に紙が使用されているということがわかる。

とはいえ、家庭用洗濯機で洗うこともできるし、自然乾燥、低温のアイロンがけもOKだ。紙だからといって、「水で洗えない?」といった心配は無用である。

今回、生地に採用されたWA.CLOTH® HYBRID(ワクロス・ハイブリッドは、天然のフィラメントファイバー、紙糸から作られた、体と環境に優しい繊維。これからの季節にうれしい、優れた吸収湿度性と独特の肌離れ性がベトつきやムレを軽減してくれる機能があるという。

また、糸の中に隙間があることにより夏は涼しく冬は暖かく、軽量なのも特徴だ。さらに、自然の抗菌防臭性や紫外線吸収力もあり、 季節や条件を問わず快適に過ごすことができる繊維となっている。

※WA.CLOTH®は三井物産アイ・ファッションの登録商標です。

©WA.CLOTH

上の写真を見てもらえばわかるように、ファブリックに紙を使うということは、紙糸と綿繊維を紙縒りにした繊維を作って、それで生地を作るということのようだ。

綿も紙も、もともとは植物繊維を主原料にしていることを考えれば違和感はないし、それらを撚って糸を作れば、強度も心配ないように思える。

実際、このジャケットを少々乱暴に扱ったり、生地を引っ張って見ても、通常の布地と何も変わらない。

袖に水をかけてみたり、消臭スプレーなどをふりかけても、何も問題はない。実際に水をかけてみても、普通の布と同じく、濡れても破れるといった心配はなかった。

 

「紙」感覚の着心地が気持ちいい!

さっそく羽織ってみると、最初に感じるのは、袖を通したあと、肩から腕周りがとても楽な裁断がなされていること。ゆったりとした立体裁断で、見た目よりも動きやすい作りになっているのである。

また、このジャケットはフードが付いているいわゆるフーディータイプだが、後頭部にフードを調節するベルクロがあり、これが結構重宝する。また袖口もベルクロにより調整ができるようになっている。

コロンビアのジャケット全般に言えることだが、左右のポケットは大型で非常に使いやすく、また内部はメッシュになっていて通気性が確保されている。

この紙素材のジャケットなら、メッシュポケットは必需品だろう。なお、右側のポケット内部には小物を分けて入れられるようにスマートフォンくらいの大きさのポケットがついていて便利。また、ジャケット内側には大型のメッシュの内ポケットもあり、収納力は十分すぎるほどである。

 

さらに、このジャケットは、なんとUVカット機能まで備えている(上動画参照)。紫外線を98%する、コロンビア独自のオムニシェイドUPF50を搭載。日増しに日差しが強くなるこれからの季節には、この紫外線カット機能は有り難い。

さて、こうして原稿を書いている間も、記者はこのジャケットを着続けていたのだが、実に快適な着心地に、着ていたことを忘れてしまいそうなのである。

 

ノースリーブのシャツの上にジャケットを羽織っていたのだが、袖の部分がサラサラで、本当に湿度を調整してくれていることを実感できる。しかも軽くて薄いのに、意外と暖かい。

日本の気候に対応するための、日本の伝統的な知恵を使った新しいファブリックの登場は素敵な出来事である。

シリーズには、今回ご紹介の『ツキャノンアイル ジャケット』の他、半袖シャツ、半袖Tシャツ、パンツ、ショートパンツ、ハットなどのバリエーションが揃っている。

価格は以下の通りだ。

・ツキャノンアイル ジャケット(希望小売価格 税込14,300円)

・ツキャノンアイル ショートスリーブシャツ(希望小売価格 10,890円)

・ツキャノンアイル ショートスリーブTシャツ 7590円(希望小売価格 7,500円)

・ツキャノンアイル パンツ 1万2100円

・ツキャノンアイル ショーツ 1万890円

・ツキャノンアイル ブーニー(ハット)(希望小売価格 6,160円)

これからうっとうしい梅雨のシーズン。そして蒸し暑い夏に突入する日本ではあるが、この『Japan Craft Products』シリーズのジャケットがあれば、快適に気分よく過ごせそうな予感がある。

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

渡辺 穣

渡辺 穣

50代男性。月刊誌のデスク・編集長等を経て著作家。主に経済系の著書多数。ファイナンシャルプランナー。一橋大学法学部卒。八ヶ岳山麓に移住して20年。趣味で家庭教師も行う。山と海と焚き火を愛する。

この記者の記事一覧

トラックバック