新型コロナウイルス対策として大注目! 自然のチカラでコロナに打ち勝つ『プロポリス300』 についていろいろ調べてみてわかったこと

 

日々猛威を奮っている新型コロナウイルス。緊急事態宣言により外出自粛が続く中、この新しいウイルスと戦っていくにはどうすればよいか、特定警戒都道府県の住人であり、基礎疾患を持っている記者にとって、きっと少しづつ外出自粛が緩和されても「With コロナ」としてコロナとの共存を考えないとならないことを見据え、いろいろ考える日々が続いている。新型コロナウイルスにかからないために、万が一かかっても乗り越えるために、いま注目しているのが、ミツバチからの恵み『プロポリス300』 3密の集団生活のプロであるミツバチが、私たちの健康を守ってくれるかもしれない、その理由とは。

 

3密のプロ、ミツバチに力をもらおう

『プロポリス300』(250mg・希望小売価格 税込8,218円・発売中)は、様々なメディアでその名を聞く株式会社山田養蜂場(岡山県苫田郡)が発売する商品のひとつ。

 

自然豊かな岡山県でミツバチと共に暮らし、ミツバチの特性や有用性を研究しながら商品開発を進めている山田養蜂場のミツバチ産品。ローヤルゼリー、プロポリス、蜂蜜などわたしたちの健康維持に大きな力を貸してくれるものばかりだ。

広くない空間で集団生活を行うミツバチは、いま、新型コロナウイルス対策で叫ばれている「3密」状態で日々を暮らしている。

もともとプロポリスはミツバチたちが狭い巣の中で何万匹も暮らすため、病気にならないよう、巣を清潔に保つために作り出している天然物質。ハーブの新芽や樹脂から生み出されているという。

そんな3密のプロであるミツバチが健康に役立てているプロポリス。その恩恵を『プロポリス300』の小さな粒から手軽に摂れるなら、人間が試してみる価値は十分にあると思うのだ。

 

そもそも新型コロナウイルスは風邪の一種だし『プロポリス300』は冬時期に流行るインフルエンザの効果も期待できるから、習慣化することは健康への大きな第一歩となってくれるはず。

 

ウイルスに負けない体づくりを1日3粒で手軽に!

『プロポリス300』は1日3粒、水と一緒に飲むだけ。匂いもなく、楕円状で粒が小さいので、飲みやすい。

表面がつるつるしているソフトカプセルだから、喉への引っ掛かる感じももちろんない。毎日のことだから、習慣にするには飲みやすさは大事なポイントだ。

山田養蜂場の『プロポリス300』はブラジル産バッカリス由来のプロポリスのみを使用している。

ブラジル南部ミナス・ジェライス州に生息するバッカリス(ドゥラクンクリフォリア)を起源とする植物からミツバチが生み出すバッカリス由来プロポリスは、抗菌・抗酸化・抗炎症・抗腫瘍活性の機能が高く、アルテビリンCなどの桂皮酸誘導体やフラボノイドを豊富に含んでいるため、抗ウイルスへの働きが高いと研究で証明されている。

瓶入りなので取り出しやすい

簡単にいえば、プロポリスには免疫力アップだけでなく、侵入してきたウイルスを撃退する力(抗ウイルス作用)や感染したときに起こる体のだるさや風邪の治りを早める力(症状緩和作用)が高いということ。

栄養成分表示

『プロポリス300』は医療体制がひっ迫し、万が一感染してしまったときに重症化させないことが最重要課題となっているいま、習慣的に摂取することで新型コロナウイルス予防対策として大きな助っ人となってくれるはず。

『プロポリス300』は健康補助食品の安全性のしるし「認定健康食品(JHFA)マーク」を取得しているのも安心だ。

新型コロナウイルス対策の基本、手洗いとうがいにプラスして、一日3粒の『プロポリス300』の新習慣。プロポリスを味方につけて、ウイルスに負けない体づくりを目指して、新型コロナウイルスに打ち勝とう!

 

『プロポリス300』は山田養蜂場のオンラインショップで購入できる。

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

森脇 陽子

森脇 陽子

子どもの頃からずっと新しいものが大好き。いろいろ趣味を楽しみながら、仕事、子育て、家事に奔走するワーキングマザー。埼玉県在住。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック