“いつでも新鮮シリーズ”に620mlの大容量ボトルが新登場!『いつでも新鮮® 特選しょうゆ まろやか発酵』で、香り引き立ち、味わい深まる

食卓で新鮮なしょうゆが味わえる!

 

開栓後も常温で鮮度を保つ密封ボトル入りの「いつでも新鮮®」シリーズから、620mlの大容量『いつでも新鮮® 特選しょうゆ まろやか発酵』が新発売。しょうゆなんてどれも同じ……と思っている人にこそ使ってもらいたい、このしょうゆ。いつもの料理がコク深く仕上がる、とっておきのしょうゆだ。

 

“鮮度・使いやすさ・環境”に配慮した、密封 eco ボトル

キッコーマン食品株式会社(東京都港区)の「いつでも新鮮®シリーズ」は、発売10 周年を迎える人気シリーズ。少子高齢化や核家族化、また食生活の変化によって、1 世帯あたりのしょうゆの使用量は少しずつ減少。しょうゆを使い切るペースが落ち、必然的に鮮度も落ちてしまう…。

そんな中、「いつでも新鮮なしょうゆをめしあがっていただきたい」との思いから開発されたのが、密封ボトルを採用した「いつでも新鮮®シリーズ」だ。

これまで200ml、330ml、450ml の3サイズで展開してきた本シリーズに、大容量 620ml の『いつでも新鮮® 特選しょうゆ まろやか発酵』(希望小売価格 税抜360円・発売中)が仲間入り!

 

「密封ボトルのしょうゆは量が少ない」「従来のペットボトルのしょうゆは注ぐ量が調整できない」という双方の悩みを解決。量をたくさん使う方にもおすすめのしょうゆだ。

密封ボトルの魅力は、なんといっても鮮度キープの期間。

中身に空気が入らないボトル設計で、開栓後、実に120日も常温保存で鮮度を保つことができるというから驚くばかり。

 

ボトルを押している間だけしょうゆが注がれるので、1滴から欲しい分まで、調整も可能。出し過ぎの心配がなく、味付けの失敗やロスを減らすことができるのもメリットだ。

しかも『いつでも新鮮® 特選しょうゆ まろやか発酵』は“密封 eco ボトル”入り。大容量ながら中央部分がスリムになった持ちやすい形状が特徴。

さらにはリサイクルできるPET素材を採用。“鮮度・使いやすさ・環境”に配慮した、こだわりが詰まったボトルなのだ。

 

独自の発酵技術“まろやか発酵製法”のヒミツとは?

しょうゆを味わう前から、すでに良いことずくめの『いつでも新鮮® 特選しょうゆ まろやか発酵』だが、肝心な味はどうだろう。

特長は、独自の発酵技術“まろやか発酵製法”を用いていること。

一般的な製造過程では、まず大豆・小麦と麹菌で「しょうゆ麹」をつくり、食塩水を合わせて「もろみ」にし、“乳酸発酵”と“アルコール発酵”を経て熟成。その後、「もろみ」を搾って火入れをするとしょうゆとなる。

 

一方“まろやか発酵製法”は、アルコール発酵する前に「もろみ」を搾り、油分を取り除いた液体の状態でアルコール発酵。これによって、香り成分を豊富に生み出し、後味まで旨みが続くしょうゆになるという。

ラベルをはがして注ぎ口を見てみると少し大きめの注ぎ口で、調理にも使いやすそうだ。

そのままボトルを押してみると、きれいな色のしょうゆがお皿へ。

ボトルを強く押せばピューッと、優しく押せば一滴ずつしょうゆを出すことができ、パッケージにある“一滴から欲しい分まで調整自在”のコピー通りだと嬉しくなった。

そのまま味わってみると、塩味がやわらかなのに、コク深く、旨みが後味まで続く。そして“香りを楽しむ上品なしょうゆ”である。

 

料理の腕が勝手に上がる!? いつものメニューが香り豊かに

もちろん、そのままでもおいしい『いつでも新鮮® 特選しょうゆ まろやか発酵』だが、実は加熱に強いのも特長。生姜焼きや煮物など、いつものメニューが香り高くまろやかでコク深く仕上がるのだ。

公式サイトには、『いつでも新鮮® 特選しょうゆ まろやか発酵』を使ったおすすめレシピも掲載。

たとえば「鶏のジューシーてりやき」は、焼いた鶏もも肉をしょうゆ、みりん、砂糖で煮絡めた定番メニュー。そして、そんな定番メニューこそ、使用する調味料で差がつくもの。

 

しょうゆにこだわりがある人はもちろん、しょうゆの味をあまり気にしていなかったという人も、香りが豊かになることで、いつもの料理にコクが生まれることを体感してみてほしい。

ちなみに記者は、これまでチャーハンなどのレシピにある「鍋肌にそってしょうゆを入れる」という工程が苦手だったのだが、このボトルなら簡単! いっそう香りが立ち、チャーハンがワンランクアップしたことが嬉しかった。

 

使うだけで「料理の腕が上がったかも!?」と自信が持てる『いつでも新鮮® 特選しょうゆ まろやか発酵』。購入は、全国のスーパーなどで。

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

中村あさか

中村あさか

小学生と幼稚園の息子を持つ30代。埼玉県の戸建て住まい。編集&ライター歴7年。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック