『春ぽてと あま旨塩味/かろやかサワークリーム味』は、春のような軽やか食感!

サクホロ食感の期間限定ポテチ

 

2016年に発売を開始した「春ぽてと」シリーズから『春ぽてと あま旨塩味/かろやかサワークリーム味』が登場! 一見ザクザクしてそうに見えるVカットタイプのポテトチップスだが、予想に反してサクッと軽い食感らしい。確認してみよう。

 

厚切りなのにかろやか食感!? 深切りVカットの人気シリーズ

お菓子を選ぶときに「期間限定」という言葉に弱いなんて人も多いはずだが、カルビーの“季節厚切りシリーズ”は既にご存知だろうか。季節ごとにじゃがいもの品種やカットのタイプを変えることで、春夏秋冬その時期にしか味わえない食感やテイストが楽しめる、正真正銘その期間でしか作れないポテトチップスを味わえることで人気のシリーズだ。

 

そんな“季節厚切りシリーズ”に新たに加わったのが『春ぽてと あま旨塩味/かろやかサワークリーム味』(各65g・実勢価格 税込約138円・2020年2月24日発売)。深切りのV字カット“サクッ咲くカット”による食感がたまらない「春ぽてと」シリーズで、秋に収穫してから大切に貯蔵してきた北海道産じゃがいもを使用しているのもポイント。さっそくその食感と味わいを確かめていこう。

 

春ぽてと あま旨塩味

口に出して言うとちょっと噛みそうな「あま旨塩味」

春らしいピンクのパッケージが目印のこちらは、あま旨しお味。もちろん今回も、深いギザギザのV字カットで、すでに甘じょっぱい香りが鼻を刺激する。

厚さは約1~2mm

ポテチの食べる部分によって厚みが違ったり表面の高低差がある分、ホロッとした軽い食感が楽しめる。深みがあるのはポテチの表面だけでなく、“あま旨塩”なテイストも。ただしょっぱい、ただ甘いというわけでなく、その二つが合わさったコクのある甘じょっぱさがクセになってついつい手がのびてしまう。

個人的には「甘じょっぱい」テイストのものは途中からくどく感じてしまうことが多いのだが、原材料に書かれていたこんぶエキスパウダーもきっとこの旨みとコクに一役買っているのだと思う。

サクっとしつつ、厚切りなのにホロホロとした儚さも感じられる食感は、まさに春さながら。V字の山の部分から食べるとザクザク感を、谷の方から食べるとサクホロっとした繊細な食感を楽しむことができた。

 

かろやかサワークリーム味

新芽のようなさわやかなグリーンのパッケージ

2018年に発売された「まろふわサワクリ味」が好評だったため、今回その期待に応える形で、再び発売される運びとなったサワークリーム味。

「春ぽてと」に限らず、カルビーのポテトチップスは生のじゃがいもをそのまま切って揚げているので、大きさや形もさまざまなものが入っているが、記者的にはこの無造作感が感じられる方がその都度違う食感に出会えるので好みである。

厚みは約1~2mmで、通常のポテトチップスと比べるとやはり厚みがあって食べごたえがある。これでいてホロッとした軽い口当たりなので、無限に食べられるような気持ちに……。

もちろん食感だけでなく、オニオン、パセリ、隠し味に入っているレモン果汁の酸味が合わさったクセになる味わいと北海道産のじゃがいもの旨みもたまらない。全体的に甘めなテイストなので、世代問わず食べやすく仕上がっていると思った。

どちらも春の到来を感じさせてくれるさわやかな味わいで、ポテチフリークにはぜひ試してみてほしい一品。期間限定で2020年6月上旬に終売予定なので、気になる人はお早めに。

 

あわせて読みたい:揚げないで焼いちゃいました!『ベイクドレイズ サワークリーム&オニオン / のりしお』のザクザク食感に打ちのめされた!

あわせて読みたい:【リニューアル】『湖池屋プライドポテト』が威信を賭けた改良へ〜神のり塩/芋まるごと 食塩不使用/衝撃のコンソメ

あわせて読みたい:ながら食べ非推奨!? じっくり1枚ずつ向き合って食べたい『The ポテトチップス 匠のうすしお味』

あわせて読みたい:ハワイ州観光局公認の味!『ポテトチップス FEEL ALOHA ココナッツ&ソルト/マンゴー&バター』

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

高橋 明日香

お菓子とネコ大好きライター。編集プロダクションにて、紙・webともに 編集者兼ライターを経験。北海道出身。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック