レンジ調理で煮込み時間不要⁈『野菜と食べる 厚揚げ煮 根菜ときのこ』は カロリー控えめな和風おかず!

 

毎日の献立づくり、たまにはラクしておいしいものを食べてみたい! アサヒコ「おか豆(ず)」Meal Kit野菜と食べる 厚揚げ煮 根菜ときのこ』は、じっくり煮込んだような味わいが楽しめる和風総菜。 レンジ専用容器にカットされた厚揚げ、5種類の具入り和風たれをかけて電子レンジで調理するだけ! 日々進化を遂げる時短総菜、栄養価の高い和食なら健康志向の人にも喜ばれそうだ。

 

Asahicoの「おか豆(ず)」Meal Kitシリーズ!

「おか豆(ず)」Meal Kitシリーズの『野菜と食べる 厚揚げ煮 根菜ときのこ』

40年以上豆腐製造を手掛ける株式会社アサヒコ(埼玉県)は、大豆製品など商品開発する食品メーカー。メイン商品の豆腐や揚げでは、常に消費者ニーズに寄り添った独自技術の納品を追及し続け、常に消費者ニーズを追求し続けているのが同社である。

煮込み時間も心配無用

“もっと美味しく、健康的に! 大豆製品を生かした「おか豆(ず)」Meal Kit”シリーズは簡単便利な総菜シリーズ。絹ごし豆腐の約2倍の高たんぱく質豆腐のヘルシーおかずや本場韓国の味を再現したスンドゥブチゲ、電子レンジを使用した煮物料理など、どれも健康的なメニューばかり。

料理方法も簡単な嬉しい時短メニュー

今回紹介する『野菜と食べる 厚揚げ煮 根菜ときのこ』(2〜3人前/厚揚げ10切れ/5種類の具入り和風たれ45g/電子レンジ対応トレー付・希望小売価格 税抜218円・賞味期限14日・発売中)は、面倒な下ごしらえや調味も不要、電子レンジ調理で簡単に煮物の味わいがたのしめるのが特徴。

厚揚げには丸大豆(遺伝子組換えでない)・植物油・にがりなど、和風たれにはれんこん・人参・ごぼう・しいたけ・きくらげ・醤油・昆布エキスなどの原材料を使用。栄養成分は100gあたり139kcal(厚揚げ(水除く)+たれ)、要冷蔵で10℃以下で保存。

 

『野菜と食べる 厚揚げ煮 根菜ときのこ』を実食!

作り方は簡単! まずは開封してみよう。

中身は厚揚げ・具入りたれ・レンジ専用容器の3点。

切り口は厚揚げ部分に

まずは真空パックされた厚揚げの水をきる。液体は厚揚げのうまみ成分でもあるようだ、ギュッと絞りすぎないように。

厚揚げは10個入り

厚揚げのサイズは約2㎝×4㎝、厚みは約1.5㎝とひと口サイズ。そのまま食べてみると大豆が濃厚! 厚揚げ特有の油っこさも感じないほどあっさりとしている。

やや濃いめの和風たれをまんべんなくかける

水分を切った厚揚げをレンジ専用容器へ並べ、具入り和風たれを全体にかける。

ラップをかけて電子レンジで約1分20秒(500w)にセット! レンジの機種により加熱時間が異なる場合もある。和風タレは小袋のままレンジにかけないように注意しよう。

これで完成! 専用容器が高温になるのでやけどには気をつけて。

厚揚げの上に具入り和風たれがトロっと絡まり、昆布や魚介エキスの香りが食欲をそそる。

とろみ好きにはたまらない!

和風たれには刻んだれんこん・人参・ごぼう・しいたけ・きくらげがたっぷり、昆布や魚介エキスの深いうま味と少し甘めの味わい…濃厚で弾力のある厚揚のバランスは最高! この味付けなら子どもも食べやすそうだ。

5種類の食感も楽しめる

記者の大好きなれんこんはシャキっと音がするほど食感も完璧! 少し時間をおいて再び食べてみたが、風味も変わらずそのまま! 厚揚げも脂っぽくならないのでお弁当にも合いそうだ。

このサイズ感が食べやすくて最高

最近、厚揚げの煮物が食べたかった記者…スーパーに行くたびに厚揚げを買いたい! でも、食べきれない・日持ちもしない・もったいないの3拍子でモヤモヤ感にあふれていたが、厚揚げ煮はサイズや容量も最適で大満足! これなら 冷蔵庫保存のフードストックや子どものお手伝いにもおすすめ。

毎日の食生活に「おか豆(ず)」Meal Kit『野菜と食べる 厚揚げ煮 根菜ときのこ』を取り入れてココロもカラダも健康に、すこやかな毎日を過ごしてみて!

 

購入は関東のスーパーや量販店で。

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

おためし新商品ナビ編集部

おためし新商品ナビ編集部

2013年4月オープン。商品を実際に使ってみて、写真も撮り下ろすことを基本としています。情報提供はrelease@(アットマーク)shin-shouhin.com まで。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック