季節限定で新発売! 『リケンのノンオイル 青じそまろやかごま』でサラダ麺を作ってみた!

暑くても食べられるさっぱりノンオイルドレッシング

 

ダイエットや健康を考えて、ドレッシングはノンオイルにしている人は多いはず。でも、ちょっと物足りない…と感じている人に新発売の『リケンのノンオイル 青じそまろやかごま』はいかがだろう。国産100%の大葉を使用した爽やかなしその香りと、まろやかなごまが特徴のノンオイルドレッシングだ。サラダだけではなく、冷たい麺にも合う季節限定の新商品を試してみた!

 

ノンオイルドレシングのロングセラー「リケンのノンオイル 青じそ」がベース!

販売する理研ビタミン株式会社(東京都千代田区)は、”天然物の有効利用を図る”をモットーに、様々な家庭用食品や業務用食品を提供している食品メーカー。

スーパーなどで、一度は見かけたことがあるかもしれない。「リケンのノンオイル 青じそ」をはじめ、様々なノンオイルドレッシングや、「ふえるわかめちゃん®️」シリーズなどを手がけている。

『リケンのノンオイル 青じそまろやかごま』(190ml PET・参考小売価格 税別220円・2020年2月18日発売)は、ロングセラーの「リケンのノンオイル 青じそ」をベースに、ごま入りでまろやかな味わいに仕上げたノンオイルドレッシング。

野菜サラダはもちろん「豚しゃぶとトマトのサラダ」など、お肉にかけてもサッパリと食べられる。さらに、そうめんや冷麦など、夏を代表する麺にも良く合うようになっている。

パッケージには、美味しそうなサラダ麺の写真。オススメなことが一目でわかる。

それなら本当に合うかどうか、実際に作って確かめてみよう!

 

『リケンのノンオイル 青じそまろやかごま』でサラダ麺を作ってみた!

レシピは「青じそ香るさっぱりサラダ麺」。パッケージ通りに、レタストやマト、わかめ、サラダチキンなどを用意。

せっかくなので、わかめは「ふえるわかめちゃん®️ 三陸わかめ」(1袋16g・参考価格 税抜330円)。余談だが、実は記者「ふえるわかめちゃん®️」シリーズのユーザーだ。使い勝手が良いので、記者の食卓には頻繁に登場する。特に放り込むだけで戻す必要がない、味噌汁やスープに使用することが多いので、水戻ししてからサラダに使用するのは久しぶり。

まずは器に取ってみると…意外にもサラサラとしている。

ごまと聞くと、よくあるもったりとして、濃厚なマヨネーズタイプのドレッシングが思い浮かぶ。しかし、『リケンのノンオイル 青じそまろやかごま』は、サラッとしていて、色も明るい茶色系。前に記載した通り、「リケンのノンオイル 青じそ」がベースとなり、それにごまを加えてまろやかに仕上げている、ということだろう。

かけるとさらっと馴染む

そうめんを茹で、野菜をトッピング。最後に『リケンのノンオイル 青じそまろやかごま』をかければ出来上がり!

さっそく食べてみると、サラダ麺なので水っぽく薄くなるかと思っていたが、しっかりとした青じその風味。あっさりとしているのに、ごまのコクがある。

ノンオイルドレッシングがさらりとしているので、麺全体に絡みやすい。見た目にはそれ程絡んでいるようには見えないが、食べてみると、しっかりとした醤油ベースだ。ごまが酢の酸味を抑えて、マイルドになっているので食べやすい!

 

夏バテしそうな暑さで食欲が無い日でも、さらっと食べられそう。何より、ノンオイルなので15g(大さじ約1杯)当たり21kcalというローカロリーが嬉しい。ダイエット中でも、夜遅くでも、罪悪感無しでかけられる。

ちなみに「ふえるわかめちゃん®️」とカニカマを『リケンのノンオイル 青じそまろやかごま』で和えてみたが、青じそベースの酸味とごまの甘味がマッチ。酢の物が苦手な人も、このノンオイルドレッシングで和えれば食べられそう!

公式ページでは様々なレシピが公開されているので、お気に入りのレシピを探してみては?

 

『リケンのノンオイル 青じそまろやかごま』は、全国のスーパーなど量販店で販売中。2020年2月18日〜2020年8月下旬まで、季節限定で出荷予定。なくなり次第終了なので、気になる人は早めにチェックしてみて!

 

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

玉恵

玉恵

造形デザイン・カメラマンを経てライターに転身。ライター歴7年。好奇心旺盛でとにかく食いしん坊。北海道のド田舎出身。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック