コンパクトで軽量! ペットボトルもラクラク入る『保冷ボトルホルダー付きサコッシュ maneuver』は普段使いにも、行楽にも最適なサイズ感がうれしい

 

気温が徐々に高まってきて、もうすぐ行楽シーズンが到来。お花見やピクニックなど、行きたい場所はたくさんあるだろう。『保冷ボトルホルダー付きサコッシュ maneuver』は、そんな春夏のお出かけにぜひ携帯したいサコッシュだ。今回は実際の使用感をレビューし、おすすめポイントを紹介したい。

 

温かいシーズンにピッタリの『保冷ボトルホルダー付きサコッシュ maneuver』

サコッシュはフランス語で「かばん・袋」を意味し、元々自転車レースで使用されていたそう。レーサーがドリンクや補給食を入れていたことから、軽量かつ平たく作られていることが多い。

株式会社シービージャパン(本社:東京都足立区)より発売された『保冷ボトルホルダー付きサコッシュ maneuver』(全2色・195gW220×D45×H260mm・希望小売価格 税抜2,000円・2020年2月発売)は、名前の通り、ペットボトルなどを入れられる保冷ホルダー付きのコンパクトなサコッシュだ。

 

荷物の取り出しにも優れていることから、サコッシュはレジャー時のサブバックにもぴったり。春シーズンからすぐにでも使用したいサコッシュだが、『保冷ボトルホルダー付きサコッシュ』は一体どんな使い心地なのだろうか。

 

ペットボトルもピッタリ収納!保冷機能も付いているので夏まで大活躍の予感

では実際に、『保冷ボトルホルダー付きサコッシュ maneuver』を使用してみよう。カラーはベージュとカーキの2色展開。アウトドアテイストなデザインは、カジュアルなファッションに合わせられるオシャレ感もしっかりある。

ウェットスーツ素材で出来ており、保冷性・伸縮性・強度までばっちり!

大きさはコンパクトに思えるが、500mlのペットボトルがぴったり収納できるサイズ。マチもあるのでたくさん荷物を入れられそうだ。

紐の長さは7mmと太めで柔らかく感じられた。肩に食い込むような感じもなく、肩がけしやすい。長さも調節可能なので、子どもから大人まで、幅広い年代の人が使用できそうだ。

表側にはメッシュポケット付なので、よく使用するスマートフォンやイヤホンはこちらに収納すると出し入れしやすそう。

裏側ポケットには、ミラーやリップ、ハンカチなどを入れても良さそうだ。

中を見てみると、保冷機能付きのペットボトルホルダーが。暖かくなるこれからの季節にうれしい。

出かけ先で飲み物を買ったはいいものの、入れるところがなくて結局ずっと手持ち…ということもなくなりそうだ。

ペットボトルを入れると、膨らみが気になるかと思いきやさほど気にならず、物を入れてもコンパクトに使用可能。長財布も入れることができた。また未使用時にはホルダーを畳むことも可能なので、シチュエーションに合わせて使い分けができる。

 

犬のお散歩など、ちょっとしたお出かけにも最適のサイズ感が嬉しい

『保冷ボトルホルダー付きサコッシュ maneuver』は、コンパクトかつ軽量なのでレジャー時にはぜひ持ち歩きたいバッグだと感じた。

こんなにいれてもまだ余裕があった

また、記者は犬を飼っているので、お散歩時にかなり重宝している。かさばらないサイズ感なので、犬を抱き上げていても邪魔にならないのが嬉しい。

『保冷ボトルホルダー付きサコッシュ maneuver』は、アマゾン等ネットショップで購入できる。

 

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

おためし新商品ナビ編集部

おためし新商品ナビ編集部

2013年4月オープン。商品を実際に使ってみて、写真も撮り下ろすことを基本としています。情報提供はrelease@(アットマーク)shin-shouhin.com まで。

この記者の記事一覧

トラックバック