【コンビニパン】ローソンはパンがうまい!? 新作『マチノパン 焦がしバターのクイニーアマン/くるみカマン』を食べたところ…

パンといえばローソンと言われる日も近い!?

 

ローソンがマチカフェの延長線上的に誕生させた”マチノパン”シリーズも今年の3月で一周年。コンビニとは思えないベーカリークォリティーの本格味で評判だ。そんな中登場した『マチノパン 焦がしバターのクイニーアマン/くるみカマン』を、期待に胸をふくらませながら食べてみた。

 

フランスのバター菓子・クイニーアマンのおいしさは焦がしたバターにあるわけで! 『マチノパン 焦がしバターのクイニーアマン』

まずはローソン『マチノパン 焦がしバターのクイニーアマン』(1包装・希望小売価格 税込150円・2020年2月25日発売)から食べてみたい。

見た目はフランスの伝統菓子・クイニーアマンにかなり近い。いい色で焦げ目がついた表面で覆われたデニッシュで、甘いパン好き、菓子パンフリークのハートを撃ち抜くルックスだ。

バターを折り込み何層にも重なったデニッシュ生地の表面は、練乳なども入ってさながらキャラメルのような味わいでテカテカ。しっとりした所とカリッとした食感のところが共存しているぶん、お楽しみは2倍。焦がしたバターとお砂糖の甘み、そこに加わる小麦粉及び小麦全粒粉の素朴な甘みが抜群のハーモニーを醸し出して、幸せな気分にさせてくれる。

公園のベンチで食べたら鳩が大集合してくる系のポロポロかけらこぼしに気をつけて食べよう。

1袋につき334kcal、糖質(炭水化物)29g。主な原材料は、小麦粉、バター、小麦全粒粉、卵などとシンプル

 

 

食事パンとしても大活躍しそうな甘さ控えめチーズ&くるみ感MAXのおいしさ『マチノパン くるみカマン』

そして『マチノパン くるみカマン』(1包装・希望小売価格 税込150円・2020年2月18日発売)は、カマンというパンの種類があるわけでなく、くるみとカマンベールチーズの意味である。くるみを呼んでいるわけでもないので、念のため。

さて、これは上部にくるみダイスがびっしりしきつめられているのが贅沢感あり。パクリと食べると、カマンベール入りチーズクリームがたっぷり入っていて、コクがあっておいしい。

甘そうで甘くない!

カマンベールの旨味、クリーミーなマイルドさがデニッシュの上でくるみと仲良くダンスを踊っているかのような、そんな楽しさがある。

 

 

甘さはかなり控えめ、いくらでも食べられる食事パンといった趣きだ。

1袋当たり、289kcal、糖質(炭水化物)21.4g

入手は全国のローソン(※一部地域を除く)で可能だ。

 

 

あわせて読みたい:【ダイエット】低カロリー/低糖質菓子パン『NL 大麦のショコラホイップパン』はほろ苦感が大人!【糖質制限】

あわせて読みたい:【もちもちコンビニスイーツ】4種をもちっと食べ比べ! モチクルン×2種/マシュマロ食感!生チョコクリーム大福/ウチカフェ タピオカいちごミルク果肉入り

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

清水 りょういち

清水 りょういち

食レポからタバコ・コーヒーなどの体に悪い系、果てはIT、経済分野までフォローする新しもの好きライター。「わかりにくいをわかりやすく」がモットー。元「月刊歌謡曲/ゲッカヨ」編集長

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック