手軽に本格的な豚丼が出来る! 『にんにくや豚丼のたれ』が発売

 

老舗の醤油・つゆメーカーアサムラサキから『にんにくや豚丼のたれ』が新発売。焼いた豚肉に絡めるだけで簡単に豚丼が作れる優れもの。 豚の背油とにんにくのうま味がバランスよく効いており、焼いた豚肉に絡めるだけで簡単に豚丼が作れるという。早速おためししてみた!

 

モンドセレクション常連の食品メーカーが手掛ける新商品

発売元の株式会社アサムラサキ(本社所在地:広島県福山市)は、食品品評会「モンドセレクション2015」において『かき醤油』『白だしかき醤油』『ごまだれ柚子胡椒』など、全6品が最高金賞を受賞した実績を持つ食品メーカー。なかでも『かき醤油』と『白だしかき醤油』は、2018年まで10年連続で最高金賞を受賞するほど高い評価を獲得している。

そんな同社が手掛ける『にんにくや豚丼のたれ』(220ml・希望小売価格 税抜380円・2020年2月20日発売)とあっては、おのずと期待値も上がってくる。

ボトルの裏には「おいしい豚丼の作り方」が掲載されているので、普段あまり料理をしない人でもとっつきやすい印象がある。よく振ってからキャップを開けると、商品名に「にんにくや」と掲げるだけあって、にんにくの香りが立ち込める。

お皿にあけて試しにひとなめしてみたところ、にんにくの味がガツンと口の中いっぱいに広がった。

フライパンで焼いた豚肉に絡めるだけ!

まずはフライパンに油を引き、軽く豚肉を炒める。豚丼のなかには厚めの豚肉で作るものもあるが、今回はパッケージのビジュアルを再現するために、薄い豚バラ肉を使用することに。

一人前の分量の目安としては、豚肉100グラムに対して『豚丼のたれ』を大さじ2杯程度。

お肉に絡めていくと、ジュージューという心地よい音とともに、にんにくの良い香りが漂ってくる。

これは食欲をそそられる!

「たれ」に絡めた豚肉を盛り付ければ「豚丼」が完成!

『豚丼のたれ』をよく絡めたら器に白ご飯をよそい、焼き立ての豚肉を上に乗せ、フライパンに余った肉汁も流し込もう。

お好みで長ネギを加えて生卵を落とせば、ボトルのパッケージそのままの「豚丼」が出来上がり!

それほど高くないお肉でも、美味しくいただけるのもありがたい。

焼いて上からかけて絡めただけなのに、お肉にたれがしっかり浸み込んでいる。とてもこんな手軽に作ったとは思えぬほど、本格的な豚丼の味わいに驚いた。

パッケージに「背脂入り」と書いてある通り、かなりコッテリとした味ではあるが、長時間漬け込んだかのような柔らかさが感じられる。

豚丼以外にも、「焼きそば」や「もやし炒め」、「野菜炒め」などの1品料理の味付けにも応用できるので、手早くガッツリした味が食べたいときにピッタリだ。これもきっと、アサムラサキ社のヒット商品になるに違いない。

 

『にんにくや 豚丼のたれ』気になる人はぜひお試しを!

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

渡邊 玲子

渡邊 玲子

好奇心旺盛で新しもの好き。得意ジャンルはエンタメ、ファッション、美味しいもの。東京都在住。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック