【セブン―イレブン限定】1箱に2色のパンダ入りのレアお菓子『さくさくぱんだ ミルク&ミックスベリー』

見つけられたらすごい、レア商品

 

日本でパンダが見れるのは上野動物公園、アドベンチャーワールド、王子動物園のたった3か所だけ。だが、もっとレアなパンダがいるのはご存じだろうか。それこそがセブン―イレブン限定発売『さくさくぱんだ ミルク&ミックスベリー』である。世にも奇妙な赤と白のパンダの生態調査を始めてみよう。

 

ミルクチョコレート味とミックスベリー味の2つが入ったレアなアソートタイプ

「さくさくぱんだ」はカバヤ食品(岡山市北区)が製造・販売するチョコレート菓子。1996年に発売されて以降、20年以上に渡り愛され続けているヒット商品だ。最大の特徴は実に70種類の表情をするパンダたち。表情豊かな可愛い顔に癒される人も多い。

パンダの表情を作っているのは2層のチョコレート。ビスケット生地の上にチョコレートを重ねて笑顔や困り顔などの感情を描いている。ビスケット生地とチョコレートの商品はあるが、2種類のチョコレートを使っている物はそう多くはない。これだけでもかなり珍しい商品だ。

レギュラー商品はミルク&ビターの「さくさくぱんだ」のみ。その他の味は全て限定発売されており、今回セブン―イレブンで発見した『さくさくぱんだ ミルク&ミックスベリー』(各20g・実勢価格 税込198円・セブン―イレブン限定発売)もその1つ。

袋にも様々な表情のパンダが描かれている

普段ならチャック付きの袋に入っているだが、春を感じる薄いピンクの箱のデザインなのは珍しい。さらに、「さくさくぱんだ」ではレアな2色のパンダが入ったアソートタイプなのも驚きだ。入っているのはミルクチョコレート味とミックスベリー味の2種類。箱の中に1袋ずつ(20gずつ)入っている。

1袋(20g)あたりのエネルギーは113kcal、糖質は約11.4g

ふんわりと優しい香りのミルクはホワイトチョコレートを使用。成分を少し変えることで若干色が変わっており、目と耳を色づけているようだ。裏面にはビスケット生地がくっついており、「さくさくぱんだ」の由来にもあるサクサク食感を楽しめるようになっている。

裏面はちょっと怖い

味は評判通りミルクのコクを感じる味わい。かなりしっかりとした味でビスケットに負けない強さを感じる。まったりと舌の上に広がる美味しさなので、1つずつゆっくりと味わえるのが嬉しい。後に残る余韻をコーヒーや紅茶で流し込む、というのもいいだろう。

1袋(20g)あたりのエネルギーは113kcal、糖質は約11.6g

ミックスベリーは酸味のあるスーッとした香り。最近話題のルビーチョコとはまた違う濃厚さを感じる。こちらもミックスベリーチョコレートの成分を変えることで2色を表現。

ヒョイと口に入れてサクサク食感を楽しむと、ほんのりとやさしい酸味が口中に広がる。甘酸っぱいといえばその通りなのだが、甘さが控えめのため酸味を感じやすくなっている。カフェオレやココアなどと一緒に楽しみたい味だ。

セブン-イレブン限定発売の『さくさくぱんだ ミルク&ミックスベリー』。それだけでもレアなのだが、扱っている店舗数が少ないとのこと。希少パンダを手に入れたい人はお早めに。

 

あわせて読みたい:【バレンタイン2020】新種の紅白パンダ発見!赤いルビーカカオを使った『さくさくぱんだルビーチョコ』がかわいすぎて癒される!

あわせて読みたい:『わたしのさくさくぱんだ』ナイショの隠し味入り、すっきり大人味のキャラメル香るチョコビスケット!

 

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

森脇 学

森脇 学

20代男性。工学系出身ライター。食品・工学・アニメ・漫画と幅広い知識を活かして執筆中。関東住まい。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック