【糖質制限ダイエット】お花見気分ビールテイスト『淡麗グリーンラベル 桜デザイン缶』が期間限定で登場!

春を先どるデザインと爽やかな味わい

 

糖質やカロリーを気にしてビールを避ける人も居るだろう。近年健康志向が高まる中、キリンビールの「淡麗グリーンラベル」は糖質オフの定番として君臨している。同ブランドは、昨年の2月に美味しさを追求し、フルリニューアルしたばかりだ。今回は期間限定の春パッケージ『淡麗グリーンラベル 桜デザイン缶』となって登場。華やかな限定パッケージを要チェックだ!

 

人気の桜をあしらったデザインで新登場!『淡麗グリーンラベル 桜デザイン缶』

「淡麗グリーンラベル」は、糖質70%オフというヘルシーさながら、ビールに近い味わいと飲みやすさが特徴の発泡酒。爽やかなグリーンのパッケージで、2002年の発売から19年間に亘り、親しまれているロングセラー商品だ。昨年2月下旬には、機能性発泡酒ながら美味しさも追求して、中身をフルリニューアルさせた。

 

あわせて読みたい:
『淡麗グリーンラベル』さらに旨い を追求した糖質70%オフ発泡酒が3年ぶりのフルリニューアルしたので飲み比べ!

 

実は記者、若かりし頃ビールや発泡酒を飲み始めの時、糖質オフというヘルシーさに惹かれ、晩酌に「淡麗グリーンラベル」を飲んでいた。軽い口当たりで飲みやすかった覚えがある。今回は久しぶりの再会。

 

春を先取りするパッケージで登場したキリンビール『淡麗グリーンラベル 桜デザイン缶』(1缶350ml・実勢価格 税込170円・2020年2月12日発売)は、ピンクの桜があしらわれた可愛らしいデザイン。フルリニューアルした美味しさは、変わらずに装いだけを新たにしている。

 

桜の花をあしらったパッケージは、その華やかさから人気も高く、各メーカーからも多数発売されている。同社でも2017年に「⼀番搾り 春そよぐデザイン パッケージ」、2018年には「一番搾り 花見デザインパッケージ」を、昨年2019年には「一番搾り 春デザインパッケージ」と春の桜をイメージした“桜デザイン”を毎年発売している。

今回の『淡麗グリーンラベル 桜デザイン缶』は、「淡麗グリーンラベル」のブランドとしては初めてのパッケージだ。

 

春のような軽さで飲みやすい『淡麗グリーンラベル 桜デザイン缶』

もちろんデザインがかわいいだけでは留まらない。糖質は多く見積もって1本3.85g、カロリーも98kcalとライトだ。ダイエット中の飲みたい気持ちにも答えてくれる。

グラスに注ぐと、しっかりとした泡が立った。グラスに鼻を近付けると、注ぎたては、微かに軽くホップの香りがする。

しっかりとした泡立ち

 

グラスに注いだ薄い黄金色の発泡酒と、ややメタリックなグリーンとピンクが、目にも華やかで飲んでいて気分も良い。言うなれば、グリーンとピンクは桜もちのカラー。目で見て綺麗な色合いは、晩酌も楽しくなるものだ。
一口飲んでみる。スッキリとした飲み口で、苦味が軽く飲みやすい。以前飲んでいた時の印象は、もっとライトで薄かった気がする。発泡酒が出たての頃は、後味に人工的な苦味を感じたものだが『淡麗グリーンラベル 桜デザイン缶』は、舌に苦味が残りにくかった。ビールに近い味わいが、爽やかな風味として喉の奥を苦味が通り抜ける。
 
アルコール度数も4.5%と軽いので、お酒が弱い人でも飲みやすい。カロリーも糖質も、口当たりも軽いので、ダイエット中の人やビールを飲み始めの人にオススメだ。
『淡麗グリーンラベル 桜デザイン缶』は500mlサイズ(実勢価格 税込234円)もあり。全国のスーパー、コンビニなどで2月12日より購入可能だ。

あわせて読みたい:うまくて意外!売れ行き好調の内臓脂肪も減らす『からだを想うオールフリー』を飲んでみた!

あわせて読みたい:しっかり酔えて太りにくい、史上初の糖類ゼロでアルコール度数7%を実現したビール類『頂〈極上ZERO〉』!

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

玉恵

玉恵

造形デザイン・カメラマンを経てライターに転身。ライター歴7年。好奇心旺盛でとにかく食いしん坊。北海道のド田舎出身。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック