【日本限定】絶対欲しい! 大人可愛いディズニープリンセスデザインのiPhone11対応ケース『IPHORIA <Disney Princess> Perfume Collection』

©Disney  ディズニー好き女子必見!最新iPhoneケースをチェック

 

ドイツベルリンのハイエンドテックアクセサリーブランド 「IPHORIA(アイフォリア)」より、このたびiPhone11対応のスマホケース『IPHORIA <Disney Princess> Perfume Collection』が日本限定で新登場! ディズニープリンセスをモチーフにしたパフュームボトル×フラワーがデザインされた超絶カワイイiPhoneケースから目が離せない!

 

スマホケースもファッションだ! ドイツ発ブランド「IPHORIA(アイフォリア)」のプリンセスデザインiPhoneケース

ドイツ・ベルリンに拠点をおくデザイナー、Milena Jaeckel(ミレーナ・ジャッケル)氏によって2012年に誕生したハイエンドテックブランド「IPHORIA(アイフォリア)」。服やメイクのようにスマホケースもファッションとして楽しんでほしい! そんな想いで生み出されたオシャレなデザインが世界中の女性を虜にしている。数々の有名ファッション誌でも取り上げられ、モデルやセレブにも愛用されていることで注目を集めているブランドだ。

そんなアイフォリアからこのたび日本限定で発売されるのが『IPHORIA <Disney Princess> Perfume Collection』(全5種・希望小売価格 税抜 5,800円・2020年2月14日発売)だ。昨年発売されて大人気だったミッキー&ミニーの「IPHORIA EPISODE COLLECTION」に続く第2弾コレクションで、ディズニーキャラクターのなかでも特に人気の高い5人のプリンセスをモチーフにしている。

2010年公開の「塔の上のラプンツェル」よりラプンツェル。

1991年公開の「美女と野獣」よりベル。

1950年公開の「シンデレラ」よりシンデレラ。

1989年公開の「リトル・マーメイド」よりアリエル。

1992年公開の「アラジン」よりジャスミン。

女性なら誰もが憧れたことのあるディズニープリンセス。そんなプリンセスたちとアイフォリアのアイコニックであるパフュームボトルデザインを掛け合わせた、うっとりするほどエレガントで美しいデザイン。高級感がただよい大人でも持てる絶妙なテイストだ。

 

どれにするか迷っちゃう! 持っているだけで気分が上がり、女子の注目の的!

さっそくiPhone11に装着してみよう。付け方は、iPhoneを枠に合うよう指で押してしっかりはめ込めば簡単に装着完了!

手触りはつるんとしていて丈夫そうだが、カチカチに硬い素材ではなく適度に柔軟性もあるので、取り外しも楽にできた。

液晶の周りは黒一色のシンプルな見た目。

美女と野獣のベルは、象徴的なイエローのドレスが美しい。ピンクのパフュームボトルと散りばめられた赤いバラの花も優美でとってもエレガント!

実際手に持ってみても文句なく可愛い! 華やかなピンクが目を引き、可憐で女性らしいデザインが好きな方にぴったりだ。

リトル・マーメイドのアリエルは、象徴的なブルーのドレスに合わせてデザインされたミント色の背景がとっても爽やかな印象。

可愛らしすぎるのはちょっと苦手…でもプリンセスは大好き! という大人女子のツボを刺激する、絶妙なテイストに脱帽!

 

日本限定でこんなに可愛いアイテムを作ってくれてありがとう!

『IPHORIA <Disney Princess> Perfume Collection』を付けたスマホを友人に見せてみると…「そのケースめちゃくちゃカワイイ! 」と大好評。ディズニープリンセスが大好き&スマホケースで周りとちょっと差を付けたい! そんな方にこれ以上のアイテムはないだろう。まだケース展開の少ないiPhone11対応というのも嬉しいポイント。

さらに、これらの 5 つのデザインがセットになったディスプレイボックス”マジックトランク”が、限定10セットのシリアルナンバー入りで登場するという。

 

2月14日より全国のauショップ、au Online Shopで限定発売されるのでお見逃しなく!

※auユーザー以外も購入可能

 

au Online Shopはこちら

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

Mugi

Mugi

3歳・1歳の2人の男の子を育てる在宅ライター。食・インテリア・コスメ・子育て系のコラムをはじめ執筆ジャンルは多岐にわたる。得意なことは料理と着付け。大阪府出身。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック