『白い恋人』のチョコから生まれたISHIYAの『恋するチョコレート』。今年のバレンタインはルビー色!

 

『白い恋人』に挟まっているチョコレートをベースにしたISHIYAの『恋するチョコレート』から、バレンタイン向け商品が期間限定で発売中。ラインアップは『ミルフィーユ』『ザ・ハート』『フェイバリットセレクト』の3種類。気になるその味を早速おためししてみた!

 

独り占めしたくなるほど絶品の『ミルフィーユ』

ISHIYAが手掛ける「メイド・イン・北海道」の『恋するチョコレート』。今年のバレンタインのテーマはズバリ「ルビー色」。今注目のピンク色のチョコ「ルビーチョコレート」を使ったラインナップとなっている。

写真の商品はミルフィーユ 6個入(アソート)

最初に紹介したいイチオシは、『白い恋人』のチョコレートをアレンジしたフィリングにパイ生地を重ね、チョコレートでコーティングした『ミルフィーユ』(ルビー3個入・税込540円/アソート6個入・税込1,080円/アソート12個入・税込2,160円・発売中)

なかでも今年注目したいのが、“第4のチョコレート”として話題を呼んでいる「ルビーチョコレート」でコーティングした「ルビー」フレーバーだ。

ザクっとした食感のパイに挟まれているのは、「白い恋人」のミルクチョコレートをベースにしたフィリング。チョコレートの甘さとルビーチョコレート特有のフルーティーな酸味がたまらない逸品。

おためしする前は「『ミルフィーユ』はチョコのうちに入るのか!?」と半信半疑だった記者。だが、一口食べてその先入観は見事に覆された。

 

コーティングしてあるチョコの層が厚いため、一口かじったときの食感はチョコレートそのもの。そこにザクっとした香ばしいパイ生地で「おや?」と思わせ、次の瞬間、再びチョコレートの甘さが口いっぱいに広がってくる。まさに至福のひと時とはこのこと。思わずニンマリしてしまう。

コーヒーや紅茶を入れて、一口ずつじっくり味わいたくなる美味しさだ。

 

なかでも今年新発売になった「ルビー」は絶品で、フルーティーな甘さがクセになる。1本ずつ個別包装されているので、オフィスで配るチョコにもピッタリだ。

 

トロ~リあふれるソースがポイント! 見た目も可愛い『ザ・ハート』

続いておためししたのは、丸いパッケージとカラフルなハート型が可愛らしい『ザ・ハート』(7個入・税込1,080円/14個入・税込2,160円・発売中)

「ルビー」「ミルク」「ホワイト」の3色のチョコレートの中に、それぞれのチョコレートに合わせたソースが入った一品だ。

左からミルク、ルビー、ホワイト

ちなみに「ルビー」には「カシスソース」、「ミルク」には「キャラメルソース」、「ホワイト」には「ゆずソース」という組み合わせ。甘党の方には「ミルク」がオススメだが、個人的には大人な味わいの「ルビー」×「カシスソース」と、甘酸っぱい「ホワイト」×「ゆずソース」の意外性がグッときた。

 

これぞ、バレンタインチョコの王道『フェイバリットセレクト』

そして最後におためししたのが4種のチョコレートを一口サイズで手軽に楽しめる『フェイバリットセレクト』(9個入・税込648円/12個入・税込864円/20個入・税込1,296円/40個入・税込2,592円)

カカオの風味をシンプルに味わえる「スイート」と、『白い恋人』の美味しさを引き継ぐ「ホワイト」、さわやかな甘酸っぱさが特徴の「いちご風味」、甘さの中にほのかな苦みが広がる「抹茶風味」の4種類。色とりどりで形もアーモンド形、円形、ハート型、正方形など、バリエーション豊かで見た目も美しい。

ホッとひと息つきたいときについ手を伸ばしたくなる絶妙なサイズ感だが、口に入れてチョコレートがゆっくり溶けるのを味わうのもオススメだ。

ISHIYAの『恋するチョコレート』バレンタインコレクションは、北海道地区のほか、関東地区ではISHIYA GINZA、関西地区ではISHIYA SHINSAIBASHIなどで2月14日まで販売中。

その他、北海道内・外で開催中のバレンタイン催事でも取り扱っている。

詳細はこちら

 

オンラインショップでも2月14日まで購入できるので、気になる方はお早めに!

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

渡邊 玲子

渡邊 玲子

好奇心旺盛で新しもの好き。得意ジャンルはエンタメ、ファッション、美味しいもの。東京都在住。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック