レアワイン使用。ただものではないレーズンチョコ『紀ノ国屋 貴腐ワイン漬けレーズンチョコ ビター/ホワイト』

いつもより気取って食べたい!

 

レーズンをチョコでくるんだレーズンチョコは定番おやつであり、おつまみであるが、そのレーズンを高級ワインの代名詞・貴腐ワインに漬け込んでしまったワンランク上のお菓子がこの『紀ノ国屋 貴腐ワイン漬けレーズンチョコ ビター/ホワイト』。さて、どのくらいおいしいのだろうか。

 

見た目は石ころみたいだけれど、口に含むとアロマたちのぼる至福の味わいが!

関東の高級スーパーとしておなじみの紀ノ国屋。高級食材が数多く揃うスーパーマーケットで、故・梅宮辰夫も愛した名門中の名門である。1953年にルーツとなる店舗を創業した東京・青山にある「紀ノ国屋インターナショナル」はスーパー好きにとっては聖地のような存在だ。

そして同店チェーンで手に入るのが、白地に濃いグリーンが基調のプライベートブランド商品。決して廉価版というイメージではなく、紀ノ国屋ならではのこだわりにあふれた名品が揃っている。

 

 

その中で今回紹介したいのが、株式会社紀ノ國屋(東京都新宿区)『紀ノ国屋 貴腐ワイン漬けレーズンチョコ ビター/ホワイト』(70g・実勢価格 税込540円・発売中)だ。100歩譲ってワイン漬けレーズンはいいとして、貴腐ワインとは恐れ入る。

ちなみに「貴腐(きふ)ワイン」とは、その希少性から「ワインの帝王・帝王のワイン」と呼ばれているもの。使用している貴腐ブドウが名前の由来で、完熟したブドウに貴腐菌が付着することで、果皮のロウ質が壊されて、果汁水分が蒸発、木になったままで干しぶどうのようになるという。そのぶどうを使って作られるのが貴腐ワインだ。

 

 

しかもここで採用されているのは、世界三大貴腐ワイン産地の一つ、フランス・ソーテルヌ地区産の貴腐ワイン。そこにオーストラリア産のサンマスカットレーズンをつけ込んだ後、チョコレートで包んだのが『紀ノ国屋 貴腐ワイン漬けレーズンチョコ ビター/ホワイト』である。

 

 

ちょっとばかし背筋を伸ばして食べてみたいと思う。

 

 

『貴腐ワイン漬けレーズンチョコ ビター』

アルコール度数0.18%/1袋あたりエネルギーは293kcal、糖質(炭水化物)47.1g

開封すると、酔っ払いそうな香りが立ち上る。取り出すと、小さな穴がプスプスあいた、茶色い石ころのような形が楽しい。舐めるとやはりチョコの味がする。

口の中に放り込んで、噛むと、その中からレーズンが登場。これがしっとりぬらぬら濡れたレーズンなのである。そして立ち上る高級アロマ。これが貴腐ワイン漬けされたレーズンなのか。

レーズンが甘いからだろう、ビターと言われてもけっこう甘い。そしてクセが強い。これは上質な食べ物に違いないと一口で感じさせてくれた。

 

 

『貴腐ワイン漬けレーズンチョコ ホワイト』

アルコール度数0.21%/1袋あたりエネルギーは279kcal、糖質(炭水化物)49.2g

ビターよりさらに酔っ払いそうな香りがした。なるほど、少しだけこちらの方がアルコール分が高いようだ。

白くて大きい砂利のようなビジュアル。舐めると甘くて美味しいホワイトチョコの味がして、ホワイトチョコファンとしては非常にうれしい。

そして噛むとさらに豊潤な香りが染み出してきて、二度美味しい!

どちらも通常のレーズンチョコだと思って食べたら確実にびっくりする芳醇アロマ。せっかくなのでワインと合わせてみる。これは最高。贅沢。どちらもおいしい。

入手は紀ノ国屋各店舗、紀ノ国屋オンラインショップなどで可能だ。

 

あわせて読みたい:【4種食べ比べ】パケは微妙だが中身は美味しいと評判の『レーズンラッシュ/ストロベリーラッシュ/アーモンドラッシュミルク/アーモンドラッシュカカオ70』に驚く!

あわせて読みたい:スーパー「ライフ」限定の金色の贅沢ポテチ!『ライフプレミアム ポテトチップストリュフ塩味』を実食!

あわせて読みたい:甘栗・大人向け・酒のつまみにもなる!? 新提案『大人のマロン燻製風味 / 大人のマロンラム酒風味』

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

清水 りょういち

清水 りょういち

食レポからタバコ・コーヒーなどの体に悪い系、果てはIT、経済分野までフォローする新しもの好きライター。「わかりにくいをわかりやすく」がモットー。元「月刊歌謡曲/ゲッカヨ」編集長

この記者の記事一覧

photo by 清水葉子

トラックバック