眼鏡なのに耳にかけないVR時代のメガネ! 寝転がったままかけられる『Short Temple Airframe』がリニューアル

耳にかけない、だからいい!

 

眼鏡ユーザーに朗報だ。このたび寝転がっても痛くならない不思議なメガネがジンズより登場。それが『Short Temple Airframe(ショートテンプル エアフレーム)』だ。耳にかけない新発想だから、ヘッドフォンやVRヘッドマウントディスプレイも併用することができる。さっそく眼鏡ユーザーの記者がその使い心地を試してみた。

 

新しくなったのは使いやすさとデザイン

外ではコンタクトレンズを着ける人も、家の中では眼鏡派という人も多いだろう。いつでもどこでもかけたり外したりできるのはコンタクトレンズにはない大きなメリットだ。だが、眼鏡ユーザーにとってどうしても困ることがある。それが「耳にかける」という装着方法だ。

重さ8gの軽量Airframe

耳にかけると寝転がった時に眼鏡が歪んでしまうし、さらにヘッドホンやマスクなど別の耳にかけるアイテムと競合して耳の後ろの辺りが痛くなったりズレたりと弊害が多い。特にこの時期ともなれば、眼鏡、マスク、イヤホン、帽子と耳周りにかけるものが多くなり取り外すのも大変だ。記者もよく眼鏡とマスクが絡まってイライラしている。

眼鏡だから仕方ない、無理だとあきらめていたこの問題だが、大手眼鏡企業の株式会社ジンズ(東京都千代田区)がついに解決してくれた。それが『Short Temple Airframe(ショートテンプル エアフレーム)』(2タイプ×4カラー・度付きレンズ代込み・参考小売価格 税抜 8,000円・2019年11月21日発売)だ。実は2016年に発売されていたのだが、このたび使いやすさとデザインがリニューアルした。

 

耳にかけないから痛くならない。ヘッドフォンとの相性も抜群

問題を解決した『Short Temple Airframe』は一体どのような構造となっているのだろうか。その答えは耳にかけるテンプル(つるの部分)が通常よりも短くなっていることにある。実はこれ、耳ではなく顔の横(こめかみのあたり)でホールドするように作られているのだ。

触ってみるとわかると思うが、ここは少しへこんでいるので寝転がっても痛くならないというわけ。ヘッドフォンを着けてもイヤーパッドとテンプルが干渉しないので痛みも当然無しだ。

近年話題のVRヘッドマウントディスプレイも痛みなく長時間使い続けられる。眼鏡ユーザーの救世主のような商品といえる。

今回のリニューアルでは、このテンプルが通常の眼鏡と同じように折りたためるようになった。携帯性が向上し、自宅だけでなく出先でも使用できるようになったのは大変ありがたい。

 

重さ8gの軽量Airframe。圧迫感はないのにズレにくい。

しかし、どうして耳にかけていないのに安定しているのか、と疑問に思う人もいるだろう。その理由は2つある。1つはその重さ。驚くことなかれ、本商品の重さはわずが約8g(フレームのみ)の超軽量Airframeとなっていて、一般的な眼鏡の約3分の1に相当する。この軽さだからこそ耳にかけなくても十分な安定感を得られるのだ。

もう1つは先端と鼻パッドについたラバー素材。顔を挟むだけでなくきちんと引っかかるのでズレにくく安定しているというわけだ。

頬骨の少し盛り上がっているところの上辺りにかけるイメージ

実際にかけてみたが、正直かけているのをふと忘れてしまうくらいの存在感。長時間眼鏡をかけていると疲れる人もこれなら負担を軽減できるはず。

先端にはズレにくいラバー素材が使われている

実は今回のリニューアルでテンプルの構造が変更となっている。普段なら寝転がると枕にあたってズレてしまうが、顔の頬骨ラインに沿ってカーブしておりよりフィット感がましているのだ。

正直、眼鏡をかけたまま寝転がった時に顔が動かせる、というのがこんなにも快適だとは思わなかった。本を読むのにも眼鏡が手放せない人には最高の知らせだろう。なお、頭を振ったり歩き回ったりする程度ならほとんどズレなかった。

 

ラウンドとスクエアの2タイプとなってリニューアル

これまではオーバル形状のみのだったが、今回のリニューアルを機にラウンドとスクエアの2タイプでリニューアルした。また、カラーは各4種類用意されており、計8パターンの登場となっている。

ラウンドタイプ

こういった特殊な眼鏡はデザインやカラーバリエーションが少ないのがデメリットだが、これならおしゃれも楽しめそうだ。

スクエアタイプ

 

より快適な眼鏡ライフを送るNEWアイテムに!

眼鏡は我々視力が低下した人にとっての救世主。その活用範囲が『Short Temple Airframe』によって広げられるなら、こんなにもありがたいことはない。初めは違和感を覚えるだろうが、数日使えばほとんど気にならなくなるので安心してほしい。

眼鏡ケース付き

リラックスタイムをより満喫したい人におすすめの『Short Temple Airframe』は、全国のJINS店舗、JINSオンラインショップで発売中。

 

 

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

森脇 学

森脇 学

20代男性。工学系出身ライター。食品・工学・アニメ・漫画と幅広い知識を活かして執筆中。関東住まい。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎/Official images

トラックバック